PDF문서2021년 출판사업 - 가긴 어딜가 헌병이 총들고 지키는데(구 위원회 구술기록집) 일본어판.pdf

닫기

background image
/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

逃げるって?

憲兵が銃を持って

監視しているのに

発 刊 登 録 番 号
11-B553448-000053-01

日帝強制動員被害者支援財団 翻訳叢書 12  口述記録集

日帝強占下強制動員被害真相糾明委員会|編

日帝強制動員被害者支援財団·日本語翻訳協力委員会|訳

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

日帝強制動員被害者支援財団 翻訳叢書 12  口述記録集

逃げるって?
憲兵が銃を持って監視しているのに

 

初版 1刷 印刷

初版 1刷 発行

韓国語版編著
韓国語版発行

日本語版発行人
日本語版発行所

翻訳

最終監修

発刊登録番号 

デザイン・編集 

2001年 12月 20日
2021年 12月 20日

日帝強占下強制動員被害真相糾明委員会

2006年 10月 31日

金容德

日帝強制動員被害者支援財団
ソウル特別市鐘路区鐘路ギル42利馬ビル6階
http://www.fomo.or.kr

日本語翻訳協力委員会

翻訳にあたり、訂正、追記した個所がある。訳注は〔  〕で示した。

玄明喆 (韓日関係史学会 前会長)

11-B553448-000053-01

Design21

本書の全部または一部を無断で複写複製(コピー)することは、
著作権法上での例外を除き、禁じられています。

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

目次

発刊の辞(日本語版)······························································································································004
発刊の辞(韓国語版)······························································································································006
解題······························································································································································008

山口県 / 017

金甲得 (キム・カプトク)· 炭鉱が海の底に入り込んでいるんだ·[沖之山炭鉱]··············019
金東業 (キム・ドンオプ)· 天命で生き延びたんだ·[本山鉱山]···············································037
朴丁出 (パク・チョンチュル)· 捕まって行くのに何ができる![炭鉱]·································053

兵庫県 / 073

閔丙珠 (ミン・ビョンジュ)· ちいさな握り飯ふたつしかくれない·[久保田鉄工]············075
崔炳淵 (チェ・ビョンヨン)· 引率は高等係刑事がした·[川崎重工業造船所]···················091

神奈川県 [日本鋼管鶴見製鉄所] / 117

朴來鉉 (パク・レヒョン)· 死ねといわれれば死ぬマネまでしなければならない··········119

岩手県 [日鉄鉱業釜石鉱山] / 143

明由鎮 (ミョンユジン)· 頭にいまも爆撃の傷が·[日鉄鉱業釜石鉱山]·······························145
宋栄彬 (ソンヨンビン)· 私は年が若く、坑の中に入らなかった·········································161

新潟県 [電気化学工業青海工場] / 185

金東烈 (キムドンヨル)· ポンポン船に乗って帰る途中、
·····································海の幽霊になるところだった!·······················································187
金伯換 (キムペッカン)· わしらはみな死ぬ、そう思っていたよ·········································219
金鳳来 (キムポンネ)· 急に火の玉が落ちて来て·······································································241
金青松 (キムチョンソン)· 監獄の罪人のように扱われた······················································255
朴基成 (パクキソン)· 船がないから闇船で帰ってきた··························································281

北海道 [北海道炭礦汽船夕張炭鉱]·/ 297

朴龍源 (パクヨンウォン)· 零細民で、配給を断つというので仕方なく行った············299

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

逃げるって?憲兵が銃を持って監視しているのに

004 

財団法人日帝強制動員被害者支援財団は、今

年も計4冊の強制動員関連の本を翻訳·発刊しま
す。 この出版事業は2019年からはじめ、今年で
3年めとなりますが、日本の「強制動員真相糾明
ネットワーク-日本語版翻訳協力委員会」と韓国
の関連分野の研究者の方々の絶え間ない努力と

ご支援、そしてご協力によって生み出された成

果だと言えます。

今年2021年に発刊されるのは計4冊です。まず、生存者24人の口述記録

集(韓国語)があります。さらに、財団が2019年に発行した佐渡鉱山関連報
告書の日本語版、旧委員会(日帝強占下強制動員被害真相糾明委員会·対日
抗争期強制動員被害調査及び国外強制動員犠牲者等支援委員会)が発行し
た強制動員被害調査報告書と口述記録集の日本語版があります。 一昨年
から財団と協力してきた日本の「日本語版翻訳協力委員会」の関係者の方
々による翻訳作業の後、国内学界の研究者の方々の監修を受けて、貴重な
原稿が用意されました。 日本と韓国で長年活動してこられた研究者の方々

と活動家、翻訳家の方々の献身的な努力に、心より感謝申し上げます。

特に強制動員の真相を明らかにするにあたって、口述記録集は文献資料

の隙間を埋める大切な「基礎」資料です。今回収録する被害者10人の証言
を通じて、強制動員前後の状況と現地での生活を詳しく知ることができる

と思います。現在、動員被害生存者の数は2,000人余りに減っています。そ

発刊の辞(日本語版)

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

005 

れゆえ、生存者の口述採録は緊急の課題であり、このためにできるだけ早
い時期に多くの成果を得て記録として残さなければなりません。

「日本地域の炭鉱鉱山における朝鮮人強制動員の実態-三菱鉱業(株)佐

渡鉱山を中心に-」(2019年、財団発行)の翻訳書は、日本政府が佐渡鉱
山を世界遺産に登録しようとする時点で、日本の研究者に韓国人被害者
に関する研究成果を日本語で提供できるという意義があると思います。ま
た、旧委員会報告書のひとつである「靖国神社「韓国人」合祀経緯・合祀
者名簿の真相調査」は、父の靖国神社合祀の取消しを提訴した韓国人遺族
の要請によって調査が開始され、まとめられた報告書です。

旧委員会解体後に中断していた事業が、財団を通じてこのような形で事

業が持続され、また強制動員分野での国内外の研究にお役に立てられるこ

とを嬉しく思っております。今後も、財団は強制動員分野における様々な

研究報告書の作成や学術資料・教育資料の編纂などに努めます。強制動
員に関する研究成果が韓国と日本を超えて国際的に広がるよう、財団の事
業への多くのご関心とご支援をお願いします。

発刊事業に尽力された関係者の方々のご尽力に、特に感謝の意を表しま

す。ありがとうございました。

2021年12月20日

財団法人 日帝強制動員被害者支援財団

理事長  金 容 德 

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

逃げるって?憲兵が銃を持って監視しているのに

006 

2004年11月に発足し、2006年11月10日で2周年を迎える「日帝強占下

強制動員被害真相究明委員会」は、強制動員被害の真相を究明し、歴史の
真実を明らかにするため、様々な活動を行っています。 今回、委員会発足
2周年を迎え、『強制動員口述記録集3 – ポンポン船に乗って帰る途中、海
の幽霊になるところだったよ』と『強制動員口述記録集4 逃げるって?憲
兵が銃を持って監視しているのに』を発行することになりました。

当委員会は去年から今年の6月まで、2回にわたり22万件に達する被害

申告の受付を締め切り、5件の真相調査を終了し、関連資料収集および資

料集を発行するなど、具体的な成果を上げています。 特に昨年末には、

『強制動員口述記録集1-タンコだって?』を発行し、8月15日には『強制動

員口述記録集2-黒い大陸に連れて行かれた朝鮮人たち』を出しました。 こ
の二つの口述記録集は委員会の被害申告調査と真相調査の中で最も大き
な割合を占める生存者への調査の成果をまとめたものです。 『タンコだっ
て?』は、2005年の1年間にわたる労務動員生存者調査の成果を基に作成
された政府レベルの最初の口述記録集であることに大きな意義がありま
す。 『黒い大陸に連れて行かれた朝鮮人たち』は、サハリン強制動員の口
述記録と強制動員被害当事者の記録である『山中半月記』をはじめ、新聞
記事の目録、年表、解題など、様々な情報を提供する総合的な性格の口述
記録集として企画されました。

今回発行することになった『強制動員口述記録集3 - ポンポン船に乗って

発刊の辞(韓国語版)

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

007 

帰る途中、海の幽霊になるところだったよ』と 『強制動員口述記録集4 - 逃
げるって?憲兵が銃を持って監視しているのに』は、去年と今年の二回にわ
たって行った忠清道地域における生存者調査の成果をまとめたものであり、
強制動員口述記録集の忠清道編です。 この本では口述内容の書き直しなど
を最小限に抑え、より充実した口述記録集になるようにしました。忠清道出
身の生存者たちの豊富で多様な口述内容を含むものとするため、九州とそ
の他の地域に分けて2冊を出しました。このような韓国内の地域別特性を盛

り込んだ口述記録集が今後も発刊されることを期待しています。

この本が発刊されるまで多くの人の努力がありました。 二回にわたり忠

清道地域を訪問し、お年寄りの皆様の貴重なお言葉を採録し、編集作業に
携わった調査1課職員の仕事は、大変なものでした。また、委員会の調査
作業をご支援くださった地方実務委員会の担当者および支援部署の職員
の皆様にも、感謝申し上げます。 しかし、何よりもこの本を完成させた最
大の功労者は、24人の口述者の皆様です。大切な記憶を進んで口述し、貴
重な個人資料を提供していただいたことから、この本が誕生しました。 委
員会の調査活動に積極的にご協力いただき、口述記録集の発行を承諾し
てくださった口述者の皆様に心より感謝申し上げます。

最後に、当委員会の真相究明作業へのご協力とご支援をお願いいたしま

す。また、今後発行される口述記録集をはじめ、各種発行物や調査活動に
激励とご協力をお願いいたします。

2006年10月31日

日帝強占下強制動員被害真相究明委員会

委員長

 全 基 浩

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

逃げるって?憲兵が銃を持って監視しているのに

008 

1.「逃げるって?憲兵が銃を持って監視しているのに」の構成

『強制動員口述記録集4 逃げるって?憲兵が銃を持って監視している

のに』(以下、「逃げるって?」と略記)は、 忠淸道地域で労務者として強
制動員された人たちの記憶を収めた2冊目の本である。以前発刊された2
巻の強制動員口述記録集(第1集 タンコだって? 第2集 黒い大陸へ連れ
去られた朝鮮人たち)と同様、被害当事者の声を通して強制動員の歴史を
復元する助けとするために作成した。労務者として動員された忠清道地域
出身者24名の話を1巻に収めことは無理であり、2巻で構成した。

「逃げるって?」には、24件の口述記録のうち、山口県、兵庫県、神奈川

県、岩手県、新潟県、北海道の各地に動員された14件の話が収められてい

る。これを忠清道の市郡別に見れば、つぎのとおりである。

表1  口述者別市郡分布現況

本籍地

口述者

忠北 清原

閔丙珠

忠北 槐山

朴來鉉

忠南 瑞山

金東烈、金甲得、金東業、金伯換、金鳳来、金青松、朴基成、

朴龍源、朴丁出、崔炳淵

忠南 扶余

宋栄彬

忠南 泰安

明由鎮

<表1>の口述者本籍地分布をみれば、大田広域市を含む忠清道管内29

解題

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

009 

市郡区のなかの5地域に該当する。彼らの動員先である日本の地域別分布
をみれば、日本の5つの県と1道にまたがっている。気候が温暖な山口や兵
庫、神奈川もあるが、雪が多く寒い岩手、新潟、北海道もみられる。

口述者14名の作業現場をみると、鉱山(炭鉱を含む)が6ヵ所、電気化

学工場など工場が6ヵ所、製鉄所が1ヵ所、造船所が1ヵ所である。とくに
地域的には、山口、岩手は鉱業であり、新潟も鉱業関連の工場である。同
一の業種とみることができる。これは、動員が企業別、職場別、国内地域
別に集団的に行われたことを意味する1)。

表2 日本の地域別口述者現況

地域別

口述者

山口県

金甲得(炭鉱)、金東業(炭鉱)、朴丁出(炭鉱)

兵庫県

閔丙珠(工場〔鉄工所〕)、 崔炳淵(造船所)

神奈川県

朴來鉉(製鉄所)

岩手県

明由鎮(鉱山)、宋栄彬(製鉄所〔鉱山〕)

新潟県

金東烈、金伯換、金鳳来、金青松、朴基成(電気化学工場)

北海道

朴龍源(炭鉱)

1) 調査1課が口述記録集4集発刊のために準備した口述者15名のなかで、北海道に動員さ

れた口述者は2名であった。しかし、最終編集過程で崔◯◯おじいさんの内容を除外せ
ざるを得なかった。崔◯◯おじいさん(86歳)は1921年忠南唐津郡合徳面で生まれ、
1942年8月頃、北海道にある住友鉱業㈱鴻之舞鉱業所に動員された。ここで労務者の
生活をしたが、1943年4月頃、秋田県の〔藤田組〕花岡鉱業所へ配置転換され、解放後
に帰国した。崔◯◯おじいさんは日本内で作業場の配置転換を経験し、その状況を詳
細に口述し、口述資料利用も許可してくれた。しかし、本を編集しながら口述者たちに
もう一度掲載の可否を確認する過程で、息子さんが拒否の意志を明らかにした。こうし
た内容が本になって世間に知られるのを望まないという理由だった。口述者本人と通
話して許諾を得ようとしたが、それすら許されなかった。崔◯◯おじいさんは動員地域
も2ヵ所で、口述内容も豊富であったため、多くの国民が内容を共有できるよう願った
が達成できなかった。とても残念である。

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

逃げるって?憲兵が銃を持って監視しているのに

010 

表3 動員地域別の作業場状況

  

地域別

           動員作業場状況

鉱山(炭鉱) 飛行場 土木工事場 軍工事場 その他 小計

山口県

29

4

6

39

11

89

兵庫県

17

2

15

72

31

137

神奈川県

0

5

15

89

29

138

岩手県

11

0

1

3

6

21

新潟県

13

0

8

15

19

53

北海道

134

9

25

19

52

239

<資料>『戦時朝鮮人強制労働調査資料集 連行先一覧・全国地図・死亡者名簿』か
ら作成

これらの作業場分布状況と日本の地域別作業場状況の関連性はどうなの

か。竹内康人の調査に基づき、口述者たちの動員地域別作業場状況を調べ
た<表3>と比較すれば、関連性はみられない。口述調査自体が中央委員会
に申告した生存者に限定されているからである。最も代表的な例が北海道
だ。北海道は日本三大炭田地域(北海道、九州、茨城・福島)の一つであ

り、作業場の数にしても鉱山(炭鉱)が圧倒的多数を占めている地域だ。
しかし「逃げるって?」では、口述者はただ1名だけである。とすれば、数

多くの北海道の鉱山には、忠清道地域民が動員されなかったという結論に
なるが、そうではない。

口述者たちの日本の動員地域分布状況を通して、忠清道地域民の動員

状況や特性を把握するのはできない。けれども、口述者個人の経験を通し
て認識の幅を拡大し、多様な歴史像をつくりだしていくことはできる。で
は、14件の話の内容をみてみよう。

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

011 

2.「逃げるって?憲兵が銃を持って監視しているのに」の内容
         および性格

金甲得おじいさん(81歳)は1926年に忠清南道瑞山郡遠北面で生まれ、

1943年12月の夜、寝ているときに連れて行かれ、日本の山口県にある宇部

沖之山炭鉱に動員された。炭鉱で一番辛かったのは、仕事がきついことよ

り、腹が減ることだった。うっかり体をこわして働きに出られなければ、働

いている人にくらべ、量が少ない休日メシになったという。炭鉱は収容所
のような垣で囲まれており、人々の出入りを統制し、外出も自由にできな
かった。解放になってひと月後、仙崎港から帰国することができた。

1914年に忠清南道瑞山郡遠北面で生まれた金東業おじいさん(93歳)

は、1943年11月に日本の山口県の本山炭鉱に動員された。夜寝ている時に
面長と労務係がやってきて、日本に行けばお金をすごく稼げるという懐柔
や脅迫で徴用を勧めたという。おじいさんが動員されてから1年後、弟は
樺太(現在のサハリン)へ徴用で行ったが、結局、行方不明になってしま
ったと悔しさをにじませた。おじいさんは炭鉱での生活について「行って
死なずに生き延びたタンコ〔炭鉱〕」、「まさに天命で生き延びたんだ」と
回想する。

1927年に忠清南道瑞山郡遠北面で生まれた朴丁出おじいさん(80歳)

は、面の労務担当者に1943年7月頃、「労務に行くから家に居れ」と通告
され、翌日に山口県の炭鉱に動員された。炭鉱で働いてもらったわずかな
月給は、ひもじい腹を満たすため「トコロテン」を買って食べるのにみな
使ってしまった。炭鉱の入口が崩れ、炭鉱内に数時間閉じ込められた記憶
に、いまもぞっとする。炭鉱の名前は憶えていないが、山口県は「恨みの
場所」だと60年たった今も記憶はなまなましい。

閔丙珠おじいさん(94歳)は、1913年に忠清北道清原郡北一面で生ま

れ、33歳になった1945年12月12日に兵庫県にある久保田〔鉄工所〕の工

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

逃げるって?憲兵が銃を持って監視しているのに

012 

場に動員された。当時、15歳になる娘がいたが、娘を結婚させてから徴用
に行くため、支署長に頼みこまなければならなかった。おじいさんは一家
の家長として生計のために工場で働き、別途に靴の修繕、メリヤス商など
をして金をかせぎ、家に送金した。

1923年に忠清南道瑞山郡近興面で生まれた崔炳淵おじいさん(84歳)

は、1944年10月ごろ81名を引率する小隊長として、兵庫県の川崎造船所
に動員された。造船所で食事の量がきちんと提供されないとして5,000名
余の朝鮮人たちが団体で抗議し、まともに食事がもらえるようにした。い
つも空襲があったが、幸い朝鮮人の宿舎に被害はなかった。

朴來鉉おじいさん(80歳)は1927年に忠清北道槐山郡槐山面で生ま

れ、1943年4月ごろ神奈川県の日本鋼管株式会社鶴見製鉄所に動員され
た。国民学校を卒業し、鉱山事務所で使い走りの仕事をしていたとき、日
本人警察官が徴用に行けと言った。鉄板を延ばす仕事をしたおじいさん
は、休みの日には同僚たちと横浜駅に近い桜木町駅の映画館に行くことが
できたほど、他の人たちに比べ余裕のある生活だった。しかし、槐山から
一緒に行った友人が肺結核で死ぬ姿を見なければならないという、人知れ
ぬ痛みも経験した。解放の年の4月、労務者たちに徴兵令状がきて労務者
の数が少なくなると、会社側では残った人びとを朝鮮に送り返した。

明由鎮おじいさん(83歳)は1924年に忠清南道瑞山郡泰安面で生ま

れ、1942年4月28日、岩手県の日本製鉄株式会社〔日鉄鉱業(株)〕の釜
石鉱山に動員された。幼くして父母に死に別れ、他人の家で傭われ仕事を

している時に、バス停留所にとまったバスに「人々が白い服を着、手ぬぐ

いを巻いてバスに乗り込む」光景を見て、自分もそこに割り込んで日本に
来ることになった。初めは石灰山で働いたが、「賢くすばやい」からと鉄鉄
道の仕事へ移り働いた。解放近く、釜石製鉄所の空襲でおじいさんがいた
宿舎も焼け落ち、動員された朝鮮人が死亡した。

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

013 

1929年に忠清南道扶余郡忠化面で生まれた宋栄彬おじいさん(78歳)

は、1945年1月に岩手県の日本製鉄株式会社〔日鉄鉱業(株)〕の釜石鉱
山に動員された。1年前にすでに兄が「お前はそんな歳でないので、行っ
ちゃだめだ。おれが行く」といって、私の代わりに北海道へ徴用に行った

という事情があった。募集担当者は徴用状もなしに、「部屋でカマスを編

んでいるときに、何もいわずにお前が行け!」といって日本へ連れて行っ
た。おじいさんは若すぎるからといって、「穴の中の仕事はしないで油を
運ぶ」仕事をした。解放になったがすぐには帰れず、畑を耕し、日本人た
ちが何か植えて食べられるようにしてから、11月に帰ることができた。

金東烈おじいさん(80歳)は、1927年に忠清南道瑞山郡遠北面で生ま

れた。父に来た徴用のかわりに行くといったが、17歳で年齢が満たない

と送り返された。1944年1月、区長を訪ねて「父が行けば生活できないの

で、代わりに私が行きます」といって、行った先が新潟県西頸城郡にある
電気化学工業株式会社であった。原石を溶かす溶鉱炉労働者として働い
たが、とても熱くて30分ごとに交替しなければならなかった。食事前には
いつも「食事前の感謝」を三度復唱しなければならなかった。おじいさん
は自分が経験した苦痛について「国がない悲しみ」、「時代がそうだった
から」と話された。

金伯換おじいさん(88歳)は1919年に忠清南道瑞山郡浮石面で生ま

れ、1945年に新潟県の電気化学工業青海工場に動員された。最初にした
のは工場の屋根の雪おろしだった。おじいさんがした仕事は、空襲で機械
が破損するのを防ぐために、機械と機械の間にコンクリートの壁をつくる

ことだった。仕事がきつくて脱出を試みる人が捕まって、見せしめに鞭で

打たれた。それを見てからは一生懸命に働かざるをえなかった。月給はも

らったこともなかったが、「いつかここにも爆弾が落ちてみんな死んでしま
う」と思い込み、お金をもらって故郷へ帰るなど考えもしなかった。空襲と

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

逃げるって?憲兵が銃を持って監視しているのに

014 

空襲による死傷者の発生が若い朝鮮青年の意欲を失わせたのだ。

1926年に忠清南道瑞山郡地谷面で生まれた金鳳来おじいさん(81歳)

は、1943年に面書記によって新潟県の電気化学工業株式会社青海工場に
動員された。工場は山に行ってカーバイドの原料を調達する外勤と、工場
内でカーバイドを生産する内勤に分かれていたが、おじいさんは内勤の仕
事をした。日本語ができたため班長として働いたが、主な仕事は出退勤点
検と、点呼準備などであった。解放後、貯金通帳と退職金をもらい密航船
に乗って釜山に到着、汽車に乗って家に帰る途中、惜しくもカバンをなく

してしまい、何ももたずに帰ることになった。

1920年に忠清南道瑞山郡南面で生まれた金青松おじいさん(87歳)

は、1944年9月頃に新潟県の電気化学工業青海工場に動員された。「監獄
暮らしの罪人。連れて行かれ、罪人のような境遇」で、食事もしだいに量
が少なくなった。おじいさんがした仕事は、原石の山で掘り出した石を鉱
石運搬車にのせて運ぶことだった。米軍の捕虜たちが、もう少し我慢すれ
ば解放になると耳打ちしてから、何日もたたないうちに解放を迎えた。

朴基成おじいさん(89歳)は1918年に忠清南道瑞山郡浮石面で生ま

れ、28歳になった1945年1月、「年のいった」労働者として新潟県の鉱山

(名称不明)に動員された。おじいさんは石灰山で石を掘って手押し車で

運ぶ仕事をしたが、一緒に動員された人の中で体の弱い人は工場で働い
た。解放になって船に乗るため下関へ行ったが船便がなく、密航船に乗っ
て蔚山経由で帰国できた。おじいさんは会社の名前は憶えていないが、作
業の内容や地域の特徴により、電気化学工業青海工場であると推測され

る。

朴龍源おじいさん(79歳)は1928年に忠清南道瑞山市礼川洞で生ま

れ、1944年7月ごろ北海道の北海道炭礦汽船㈱夕張鉱業所に動員された。
徴用されないよう何度か逃亡を図ったが、行かなければ食糧を配給しない

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

015 

というから、しかたなく行った。月給としてもらったお金は、毎月家にきち

んと送った。炭鉱の中に入る時にもらう弁当は、お腹がすいているので昼
になる前に食べるのが普通であった。炭鉱内で仕事をしたので「解放にな
った!解放になった!」という声を聞いて外へ飛び出し、解放になったのを
知った。

「逃げるって?」は、「ポンポン船」に比べ、作業場により重点がおかれ

ている。地域的には新潟と山口は同種の作業場である。口述調査自体が中
央の委員会に申告した対象者に限定されたため、彼らの分布状況からは特
性を知ることはできない。それでも、こうした事例を通して同種の作業場
についての多様な記憶を確認する契機になるだろう。また、集団動員の代
表的な事例としても注目される。

3.強制動員の研究の深まりと認識の広がりのために

「ポンポン船」と「逃げるって?」は、忠清道という口述者の本籍地別

に編集した口述記録集である。この間、日本で出た強制動員関連の証言集
は、日本の地域別に構成されており、韓国内で発刊されたものでも、韓国
の地域別に構成された証言集は、〔慶南の〕昌寧博物館で発行された『채
인돌

〔チェインドル〕』(2000年)が唯一である。

口述記録集を国内地域別に構成した理由は、送出過程をはじめ具体的な

動員実態と動員された地域の性格などが、地域ごとに特性があるためだ。

日本の侵略戦争のための人的動員は、日本政府の指示によって植民地朝鮮

の各地域で同一の水準と速度で一糸乱れず行われたのではなかった。朝鮮
総督府の支配政策の方向および行政体系の整備状況、人力受給政策の基
調、年度別送出の方針に伴い地域別、時期別に異なっていた。したがって
国内地域の特性を研究することは、強制動員の歴史を究明することに欠か
せない。そうした点で、忠清道地域編として構成された「ポンポン船」と

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

逃げるって?憲兵が銃を持って監視しているのに

016 

「逃げるって?」は新たな意味を持つ。

しかし、委員会が発刊する「ポンポン船」と「逃げるって?」の内容だけ

で、忠清道地域民たちの動員状況や強制動員の特性を把握することはでき
ない。口述調査自体が、中央の委員会に申告した対象者に限定されたため
だ。それゆえ彼らが動員された地域や、作業場の生活体験が一般的だとは
いえない。一般的結論を導き出すためには、「ポンポン船」と「逃げるっ
て?」に掲載された口述記録を中心に、関連した文献記録を重ね合わせる
作業や時代状況に対する理解を助ける研究が必要である。地域史研究者
たちは、ここに骨格をつくり、肉をつけなければならない。結局、研究者に

とって「ポンポン船」と「逃げるって?」は研究のための小さな契機となる

だけである。しかしこの小さな契機が、強制動員研究の水門を開ける役割
を果たすことができれば、その役割は決して小さいとはいえない。だから
これからも、委員会は地域別、主題別の口述記録の発刊を通して、小さな
糸口を見いだしていくであろう。

また、「ポンポン船」と「逃げるって?」は、「資料集」ではない。深層

インタビューをそのまま、「ありのままのこと」としてテキスト化した。口
述者の録音資料を文章化する過程で、読みやすいように文章を整えた。読
者の理解のために脚注をつけ、説明文を挿入した。このように元資料を加
工した理由は、「ポンポン船」と「逃げるって?」の発刊目的による。強制
動員された生存者たちの貴重な経験を幾人かの研究者が活用すること以
上に、より多くの人々に共有してもらうためである。侵略戦争の被害の経
験を多くの人が共有することは、被害者たちが戦争の苦痛から逃れる助け

となる。また、歴史の車輪を前に進める動力にもなる。

人類に苦痛を与える歴史は人間に実存的な懐疑を呼び起こすだろう。人

生最大の目標は幸福な生であり、自分の幸福な生を営むためには、守らな
ければならない徳目がある。人間は数千年間引き継いできた哲学と文学、

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

017 

歴史学などの人文学の伝統を通して得た実存性に対する確信を土台に幸
福を追求し、他の民族に対する道徳的優位を強調した。人間が道徳的優位
を引き続いて守り抜く方法の一つは、自由、平等、博愛などの徳目を、社
会の中に根付かせる努力である。これらの徳目を守ることで、人類は自己
の領域と自身の幸福を保証できる。これが社会の普遍的な価値であり支柱
である。しかし、この支柱は丈夫ではなかった。帝国主義時代になって、
侵略と支配が社会の主要な価値として浮上した時期があったからだ。強国
であれ弱小国であれ「強者の論理」を金科玉条と信じ、力を過大視した帝
国主義の時代は、二度にわたる世界大戦と冷戦体制という後遺症を残し
た。

結局人類は、共存する方式が何なのかを悟るために高い授業料を支払

ったのだ。数十年間の治癒過程を経て、表面上の傷は癒やされたが、内部
の傷は完治できていない。依然として「強者の論理」は、抑制しがたい誘

惑として残っている。最近、地球のあちこちで繰り広げられる紛争と戦争
がそれを教えてくれる。いかに多くのものが傷を治すために必要であるの
か、また別の傷を生じさせないためにはどうしなければならないかを考え
る機会にもなったのである。

痛みはまた別の痛みを生み出すだけである。普遍的な社会の価値と人間

性を守り抜くためには、人類に痛みを与える歴史のサイクルを断ち切り、
共存のための新たな歴史をつくりださなければならない。われわれはすで
に新たな歴史をつくるためには何をしなければならないのか、具体的な方
法を知っている。まだ実践していないだけである。

このように考えれば、日帝末期に植民地の民として日本の侵略戦争に動

員された経験者たちの生々しい口述は、これからの「新しい歴史づくり」
に役立つことができるだろう。それはわれわれのためらいを解き、実践力
を回復させるものになりえる。

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image
/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

山口県

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image
/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

山口県

021 

金甲得 (キム・カプトク)  男、81歳  

1926. 2. 1. 

忠清南道瑞山郡遠北面防葛里出生

1943. 12. 

山口県宇部沖之山炭鉱2) に動員される(22歳)

1945. 9.  

帰国

炭鉱が海の底に入り込んでいるんだ

日本には何歳の時にいかれましたか?
その時、22か23歳だった。あまり憶えていない。そうだったと思う。

解放されてから帰られたんですね?
8・15の光復になって。

2) 宇部沖之山炭鉱。1897年沖之山炭鉱創業。1905年海底坑道に着手。1928年宇部沖之山

炭鉱㈱設立。1942年他の3つの会社と併せて宇部興産㈱が設立された。1944年東見初
炭鉱と合併。その間、1937年落盤事故で6名が死亡、1939年ガス爆発で9名が死亡する
事故があった。1969年宇部鉱業廃坑。現在は合成ゴム、樹脂、建設資材、機械、金属な

どを生産する宇部興産㈱として運営されている。

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

逃げるって?憲兵が銃を持って監視しているのに

022 

何年いらっしゃいました?
約2年いました。

行くときの季節は?
冬でした。冬の夜寝ていて連れて行かれたのです。冬だから陰暦で10月の冬
至ごろになる。陽暦では12月になるかな。

徴用にいくまで家でどんな仕事をされていましたか?
家で、ですか? 農業をしていました。

徴用状が出たのですか?
令状も何の予告もありません。ただ連れて行かれたんです。面事務所の職員、
担当の職員がそうしたんです。

その職員の名前は何ですか?
憶えていません。昔のことだから。

どのようにして連れて行かれたんですか?

昼夜関係なく連れて行かれたけど…。夜の暗いうちでした。

どこへ連れて行ったんですか?

瑞山へ行って、旅館で一晩泊まった。

面事務所に集合させられなかったのですか?
集められなかった。瑞山へ行って、旅館に一晩泊まって、その次の日そこを出
発して汽車に乗って釜山まで行きました。汽車に乗ったんだが、洪城から乗っ
たのか、あまり憶えていない…。

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

山口県

023 

瑞山へはどうして行きましたか?
瑞山へはバス1台に乗って行きました。乗った所は泰安だったかな、とにかく1
台でした。瑞山に行ったり来たりするバス。私を「捕まえてこい」ということで
捕まって、職員と二人で行きました。

村からはひとり行かれたのですか?
ふたり行きました。ふたり一緒に行った所が収容所でした。

なぜ収容所に行かれたのですか?
収容所といっても、いわゆる収容所ではなく、何というか?労働者を連れて行
って飯を食べさせたり、宿泊させたりする所です。

村から一緒に行った人の名前はなんですか?
薪斗里の人ですが、名前は忘れました。姓は申、申氏。そうだ、姓は申氏で薪
斗里の人です。薪斗里は3区になるでしょう。3人。歳はたぶん私より1、2歳下
でしょう。1、2歳下のはずです。

瑞山まで3人で行ったのですか?
はい、薪斗里班は先に行ったが、私は行かないといって逃げて家に帰ったんで
す。夜、家に帰って、夕飯を食べて寝ている時に捕まった。刀を持って、職員
をつれて来た。職員と二人で来たんです。その人が私を連れて、瑞山、いや泰
安でバスに乗って、瑞山まで来たんです。

瑞山には申という人もいましたか?
はい、その人もいました。

瑞山には何人ほど集まったんですか?
瑞山郡内で集まったのは20人ほどになるでしょうか。よく憶えていない。遠東
面(遠東面はなく遠北面)からはふたり、薪斗里の申氏とふたりだけです。遠北

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

逃げるって?憲兵が銃を持って監視しているのに

024 

面からはふたりだけ行きました。 たくさんの人が来るには来たけど、みんな逃
げたんです。みんな逃げて、ふたりだけが捕まったんです。もう少し逃げてい
れば、家に帰らなければひょっとして捕まらなかったのに、家に帰って捕まっ
たんです。行った日は朝の早い時間だったと思う。

日本のどこへ行かれましたか?

釜山から船に乗り、下関3)です。下関へ行ってそこで汽車に乗り、山口県4)に行
きました。

瑞山行きの引率者は誰でした?
そこからは引き継ぎした人がいたんです。日本人ではありません。朝鮮人です。
その人が私たちを引率して釜山まで行ったんですが、どこまでか分かりません。
行くとまた別の人に引き継ぎして、一体どうなっていたのか、分からない。

山口県へ行く時の引率者は誰ですか?
日本人ですよ。

面の職員は行き先についての話をしてくれましたか?
そんな話はない。

引率者も話しませんでしたか?

日本人ですか。しませんよ。その人(引率者)も何処へ行くのか知らなかったよう

です。人間を捕まえるだけだった。日本のどこへ行くのかは知らなかったはず。
知っていたのか、知らなかったのか、いずれにせよ、説明してくれませんでした。

釜山から下関までどれくらいかかりましたか?
釜山から下関まで行くのに、船は速くないでしょ。ゆっくりなんです。飛行機が

3) 下関。山口県の港湾都市。関釜連絡船の出航、到着港。
4) 山口県。日本の南部の県。県庁所在地は山口市で関釜連絡船が出航、到着する下関がある。

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

山口県

025 

空をぐるぐる回って、船を護衛したんです。それで時間は8時間ぐらいだったか
な。釜山から下関までなら、それほど遠くはないでしょ。

船にはいつ乗られたのですか?
釜山で一晩泊まって、明け方に乗りました。夜明け頃です。到着した時はまだ
明るかった。日暮れ前、そうすると何時間になるかな。 

冬だったので寒くはありませんでしたか。
あそこ日本は、ここよりは寒くないから。

山口県に行ってどこで働かれましたか。
炭鉱だ。炭鉱夫、採炭夫です。

炭鉱の名前は何ですか?
チュンジサン〔沖之山〕炭鉱5)です。山口県の宇部市のチュンジサン〔沖之山〕

5) 沖之山炭鉱の韓国語読み

>>> 

沖之山炭鉱

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

逃げるって?憲兵が銃を持って監視しているのに

026 

炭鉱。

炭鉱では訓練や教育は受けられましたか?
教育はありません。

行ってすぐ働いたのですか?
はい。そこで指示を出す人がひとりいて、ついて行って、その人と働いた。そ
の人から仕事を教わりながら、石炭掘りを教わりながら、何日か通いました。

瑞山から一緒に行った人は、みんなその炭鉱に入ったのですか?
はい。一緒に行った人は皆そうです。同じ収容所へ入った。

宿舎はどうでしたか?
宿舎の部屋は畳が敷いてあって、ふとんもありました。でも床はとても冷たく
て、寒かった。壁もここのようなコンクリートの壁でなくイタ(板)張りの木造
の家です6)。屋根は瓦葺きです。

一つの部屋に何人が寝たんですか?
部屋は大きかった。一部屋に5、6人入りました。

そこでは爆撃がありましたか?
そこに入ってから爆撃もあって、家がふっ飛びました。家の前の庭に防空壕が
ありました。飛行機の音がすれば、みんな外に出て前の庭の中入りました。退
避壕に入ったとたん爆弾が落ちて家がふっ飛んだ。ひと足でも遅れていれば死
んでいました。そうして家がなくなり、風呂敷をかかえて放浪しました。それ
からは爆撃のため、夜も昼も出歩くことができなかった。

6) イタは日本語の板の意味。

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

山口県

027 

家が壊れたあと、炭鉱で仕事をしなかったですか?

しましたよ。家がふっ飛んだから別の家に移って。移った場所で解放になりま
した。光復になった時は、そこで働いていたんです。

庭の中で隠れたのは退避壕ですか?
退避壕です。

炭鉱と宿舎はどれくらい離れていましたか?
そう遠くなく、メーター数でどれくらいになるかな?約200m。200mだ。すぐ
近くにあった。

食事はどうしましたか?
食事は収容所の宿舎。そこに食事を出す食堂がありました。食堂で食べまし
た。ご飯は配給で、わずかな量を与えられるだけでした。お腹がすいて死ぬほ

>>> 

山口県・宇部市にある長生炭鉱の空気換気口(ピヤ)の2本。炭脈を追い海底に坑が進

んでいる(調査1課李秉熙調査官撮影)

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

逃げるって?憲兵が銃を持って監視しているのに

028 

どの苦しみでした。食事にお米のご飯が出ると思いますか?豆かすってあるじ
ゃないですか。そこに米粒がたまに入っていて、麦もたまに入っていて、そん

なのを食べました。お汁は何のお汁だったかな?みそ汁です。みそ汁にタンム
ジと赤い大根。タンムジって、たくわんとのことです。その二つだけです。最後
までそれを食べました。戦争が終わるまで。

昼食はどうされました?
昼食は炭鉱に入る日に飯を包んでくれました。トシラク、弁当です。炭鉱に入

って働き、時間がくれば食事するんです。

炭鉱では夜も働きますか?
採鉱場には夜も昼も交代で入ります。夜交代と昼交代があります。2交代か3交
代になります。

朝は何時に起きて仕事を始めますか?
朝起きて朝に入る時と、夕方日が暮れる前に入る時もあるという生活です。起床
時間は何時だったかわかりません。5時頃に起きて、食事をしたあと作業服に着
替えます。炭鉱の前に行くと建物がひとつあって、そこが神社だそうです。神社

にお辞儀をする。そこに参拝させるんです。そのあと電灯がついた安全帽をか
ぶり、坑道の切り羽へ入ります。ところで交代時間ですが、どれくらい働いてか
ら出てくるのか、昔のことなので憶えていません。そういう生活です。

月給はもらいましたか?

はい、お金はくれたけど多くはなく、わずかです。90円。月給は全部で90円です。

具合が悪くて休めばひどい目にあいましたか?
そうではありません。具合が悪くて働かない人は相手にされないだけです。
ただ働くのがいやで休んでいるとひどい目にあって、お金も少ししかもらえ
ない。そのうえ食事が問題だ。働く人のごはんと、働かない人のごはんのこと

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

山口県

029 

で、茶碗半分ほどの差がでる。そのような暮らしでした。「休み飯」7)と日本語
でいいます。休んでいる人のご飯を「休み飯」というんです。そう、半分です。
5歳くらいの子が食べてもお腹はふくれません。具合が悪く休む人(仕事ができ
ない)のご飯はそうなんです。どこか負傷して休む人もそうで、具合が悪く休む
人も、遊んで休む人も同じように少ない食事です。

日本語はよくできましたか?
日本語は当時学校に少しかよったから、少しは分かるけど、とても下手くそで

すよ。

炭鉱に日本人もいましたか?
一緒に働きました。

事故が起こったことはありますか?
ああ、坑道で事故が起きては人が運ばれて出てくる、そんなのをたくさん見ま

した。担架にのせられて出てくる。落盤事故でたくさん死んだり、発破してい

て誤発で死んだりした。

朝鮮人がたくさん死にましたか?
朝鮮人?誰かわからない。死んだ人は見なかった。

おじいさんの日本名は何といいますか?
その時は創氏の姓がクムチョン(金村)。クムチョン・カプトゥク。金村だった。

月給でもらったお金は家に送ったのですか?

どうしたかというと、日本で一緒に生活する人たちは、夜になると花札をした

んです。花札でお金がなくなるとお金をせがむんです。あげれば終わりです。

7)「休み」は欠勤や休息の意味。

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

逃げるって?憲兵が銃を持って監視しているのに

030 

それでどうしたかというと、もらった月給が自分の手に入らないように、日本
の人に預けたんです。そういう職員がいたんです。だから、私はお金を持って
いないからお金をくれという人はいないでしょ。でもお金を日本人に預けたの
に、その人は召集で軍人になって行ってしまったんです。召集で行ったので、
私はそのお金がもらえず、なくしてしまったと思ったんです。そしたら、その人
は軍に行く時、別の職員に引き継ぎをしていたのです。

正直な人ですね。
それで引き継ぎした人が私に、「私が引き継ぎしたから、私がお金を預かって

もいいか」と聞くんで、預かってくれといった。だから私は一銭も踏み倒され
ることも、失うこともなく。そうしたお金は400円だったかな、よくわかりませ
ん。憶えてないです。

解放になって貯めたお金を持ち帰られたんですか?
持って帰ったんです。どうなったのかというと、スリに遭いました。何十人が一
緒に帰ったので、その人たちと一緒に寝ている間にお金を盗まれたようです。服
のなかに、お金をぐるぐる巻きにして入れておきました。銅銭はポケットに入れ

て。そうして朝起きると、銅銭だけが取られていました。その人たちは私がお金
を持っていると思わなかったからね。そうしてお金は無事に持ち帰りました。

他の人たちは月給をもらって賭け事をしたんですか?
花札をしました。私はよく分からず、憶えようともしなかった。分からなかった
のでしなかった。

家に手紙は出しましたか?
手紙を出すのは時たまで、年に3,4回か4,5回ほどです。ひと月に1度ずつは出
せなかった。手紙を送って消息を知らせ、また、家の消息も聞いた。

日本人たちが殴るとかそんなことはなかったですか?

私は殴られなかったけど、逃亡して捕まりひどく殴られるのを見ました。逃亡

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

山口県

031 

して捕まった人が。

逃亡した人はいましたか?
そこから逃げた人はいました。

つらいから逃亡するのですね?
そうです。苦しさに耐えられず。

おじいさんが来た後、さらに来ましたか?
後から来た人は、あらたに連れてこられた人は見ていません。光復の日まで。
聞くと、当時の日本はうまくいってなかったでしょう。毎日爆撃があって、原子
爆弾が落ちたでしょ?

炭鉱はどのようになっていたのですか?
大まかにいうと、炭鉱は坑道が海の下に入り込んでいるんです。山口県の炭鉱
は海の底に入り込んでいる。海底の炭鉱は一つではなく、二ヵ所になるかな?

長生炭鉱というところは浸水して多くの人が死んだそうですね?
浸水すれば最悪だ。そうならなかったようだ。浸水すると石炭は採れなくなり
ます。そういうことにはならず、人も死にませんでした。もちろん別のところで
はそうですが。海の中に入り込んだ坑道の入り口は海の周辺でした。海底をた

くさん掘ると、陸水〔湧き水〕8)が出てくるんです。塩水ではなく。出てきた湧

き水を大きな機械で吸い出します。海の底に入って。

休みの日はなかったですか?
休みの日ですか?休みの日はなかったです。

8) 海水ではない水をいう

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

逃げるって?憲兵が銃を持って監視しているのに

032 

ずっと働いてばかりいたんですか?
そう、働いてばかり。日曜日も働いた。しんどい時はたまに少し休んだ。仕事し
ないで出てこない人はいました。収容所は垣でぐるりと囲まれて、人が通るの
は出入口だけ。入口の横に入ると事務室です。事務室で職員たちが警備をして
いるのでどこに出かけられますか。外出もままならない。一切できなかった。
市内にも自由に出られないから逃げられません。

炭鉱周辺の市内に行かれましたか?
お腹がすけば、何か買って食べたけど、食堂はありませんでした。市内を回っ
ても食堂はなかった。市内には一度行ったことがある。軍人になってからそこ
で訓練を受けたからです。

そこで徴兵令状が出たんですか?
はい。それで軍人になるんです。訓練を何ヶ月か受けて8.15の解放になりまし
た。炭鉱に働きながらも、訓練を受ける時間はあったんです。全部軍事訓練
だ。

解放になったのがどうしてわかりましたか。
解放になったとき、朝に市内へ、いや、市内ではなく、ちょっと出かけると日本
人たちが仕事もしないで、座って何かぶつぶつ言っている。聞いてみると、日
本が降伏したというんですよ。日本の天皇が降伏したというんです。「負けた
からお前たちはもう家に帰れる。家に帰れる。」というので、それでわかりまし
た。

お金を預けた人からお金を受け取られましたか?
帰るからお金をくれというと、何も言わずにくれました。

解放になってどれくらいして帰られたんですか?
解放になってからひと月ほどでした。船を待っていたので。

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

山口県

033 

密航船に乗られたんですか?
密航船ではなく乗せてくれる船があった。ちょうど二隻。船に乗ったのは仙崎9) 

という港です。その港で10日間、船に乗れないまま過ごしました。行ったり来

たりして。待っている人が多くて船の順番が回ってこない。10日の間に食べる
ものがなくなった。炭鉱を出るとき米3枡くれました。小さな升で3杯のほんの
少し。それで何日か食べてきたけど、もう米がなくなったんです。このままで
は飢え死にするでしょ。飢え死にはするまいと思って、そこにあった倉庫のひ

とつを壊して中に入ったのです。そこにあったのはトウキビ、キビ。搗精してな

いトウキビがあった。それを茹でて食べました。みそ汁にして。寝る場所がな

くて屋外で寝ました。地面に敷いて寝るものがなく、倉庫でカマスを盗みまし

た。カマスを盗んで警察署にひっぱられた。アイゴ!私が寝ている時に警察に
つかまったんです。カマスを盗んだからだと。ああ、「どうすればいい、寝る場
所もなく、食べるものもない」からしかたがない。それで釈放されました。その
人達にしてもどうしようもなかった。

船に乗る順番がきて帰ってこられたんですか?
はい、船がやってきて順番がきたので乗った。ただです。日本の船です。その
頃は鉄の船はさほど多くなく、みんな木造船でした。だからたくさん乗れませ
ん。船はそう大きくはなく、人が乗るからただ旅客船といった。それほど多く乗
れないけど、100名以上、200名くらい乗ったでしょう。お金を出さずに。密航
船ではなかった。そこを出発して到着地は釜山です。

釜山に来られてお腹がすいたでしょう?
お腹はすきました。いつも腹ぺこです。

仙崎港から釜山までどれほどかかりましたか?
行く時も時間はかかりましたが、それ以上かかったでしょう。

9) 山口県の港湾都市

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

逃げるって?憲兵が銃を持って監視しているのに

034 

釜山では何か食べられましたか?
食べ物をくれるところがありますか?空腹をがまんしました。そして汽車に乗

るんですが、汽車には無事乗ることができ、洪城まで帰りました。そこからは
バスに乗って泰安まで下った。

家に着いて家族たちは喜ばれましたか?
はい。死んだと思っていたのが生きて帰ってきたたから。死んだ息子が生きて
帰ってきたといって。当時、日本から生きて帰れるとは思いもよらなかった。

申という方も一緒に帰られましたか?
はい、ふたり一緒に帰った。申氏。その人とは行く時も一緒に行き。宿舎も同じ
で、同じ部屋で暮らした。とても昔のことだから忘れました。それでも最近でも
その人とは時々会うんですよ。生きています。生存者です。時々会います。

日本から持ってきたお金で土地を買われましたか?
ああ、土地を買うほどのお金はない。その頃は食料がなくてはと、食料を買っ
て食べるのにみんな使った。

炭鉱では石炭をどのように掘りましたか?
ツルハシで削って天井を柱で支え、それから発破10)です。発破で石炭を崩し
て、それをツルハシで掻き出して、掘り進むという作業だ。その何というか。
その前に土を運びだす斜車という車〔炭車〕があった。むかしはこれに積んで
歩いて入りました。まっすぐ入っていくのではないから、かなり時間がかかりま
す。降りるのに1時間かかる。それから平行に坑道を掘っていきます。

炭鉱で働く時、おなかがすくのは一番つらかったでしょうね?
はい。それが、仕事もつらかったが、仕事よりおなかがすくのが大変でした。

10) 導火線によってダイナマイトを爆発させること

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

山口県

035 

お金を出して食べる所もなかったのですね?
方法がありません。その時分、日本には食堂というものはなかったから。食料
がなくて食事をしようにもできない。食堂がなくて…。

その時の家族関係はどうだったのですか?
私は独身でした。

炭鉱の名前は日本語でどう発音しますか?

タンコ。そう、タンコです。炭鉱。オキネヤマ(沖之山)11)。オベシ(宇部市)12)。石

炭を掘る人のことはどこにも書かれてない。私の心の中に、それを記憶してい

るのです。

11) オキノヤマが正確な発音
12) ウベシが正確な発音

面談:金瀅烈調査2チーム長      1次録聴文作成:韓ヒョンサン     

編集、推敲、注釈:鄭恵瓊課長、李秉熙、権美賢調査官

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

2005年10月20日、忠清南道泰安郡遠北面事務所内に別途用意された面談場で実施し
た口述面談である。後述者は92歳の高齢でも、はっきりした記憶力で口述に応じた。
ある日寝ている時に面長と労務係(労務動員担当者)の金○○がやってきて、日本に
行けばたくさんお金が稼げると懐柔、脅迫して徴用に送ったという。弟は樺太(現在
のサハリン)へ徴用に行ったが、行方不明になったと言って、くやしさを滲ませた。当
時、面長にお金を渡せば徴用から逃れることもできたが、そんな能力もなく、お金が
ないという罪で徴用に行ったと悔しがった。

面談後記◆

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

山口県

037 

金東業 (キム・ドンオプ)  男、93歳  

1914. 11. 7. 

忠清南道瑞山郡遠北面東海里出身。

1943. 11.  

山口県の本山炭鉱13)に動員される(30歳)

1945. 9.  

帰国

天命で生き延びたんだ

ことし何歳になられましたか?

90を越えた。91かな?

徴用には何歳の時に行かれましたか?
30歳。30歳の時に行って、32歳で帰ってきた。日本のタンコ14)、日本の入り口
にあるサング15)〔山口〕県のタンコ。まちがいなく石炭を掘るタンコだ。行って

13) 宇部、本山炭鉱。1887年の本山炭鉱組合の設置後、事故で97名が死亡。本山の主要運搬坑

道は1917年に大日本炭鉱が設置、1941年に宇部鉱業㈱が完成させて使用。1963年閉鎖。

14) 炭鉱のこと
15) 韓国語でサングは山口。県庁は山口市にあり、山口県には関釜連絡船が出発し、到着す

る下関がある。

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

逃げるって?憲兵が銃を持って監視しているのに

038 

死なずに生き延びたタンコだ。そこで数百人死んだ。石炭を掘りに50名、数百
名が入っていき、そこから日本人も朝鮮人も出られずに死んだ。崩れて。私た
ちもやっと生きて帰ってきた。天命があったから生きて帰ってきた。30歳で行

って、32歳で帰った。

おじいさんは歳をとってから徴用に行かれたんですね?
歳が何だ。30歳ならなんともない。

普通20代で行くのでは?
だから強制で連れて行かれた。20歳になった人も15歳の人も行く。

何年度に行かれたのですか?
それはよく分からない。30歳に行ったから。夕方寝ていると労務(動員担当者)
の金◯◯というのが、村の里長と来て、出てこいと強制的に連れて行かれた。
行きたくて行ったのではない。

労務係はだれですか?
金◯◯だ。そこの労務ガタリ16)〔係〕(労務担当者)が金◯◯だ。お金がない人が
行って、お金のある人は行かなかった。なぜかというと、労務者が30名の割当
てだとすると70名ほど選ぶ。悪い奴らが。そして賄賂をした者は行かず。それ
をしない者がいくんだ。その時、寝ていて連れて行かれた。しかたなく。そうし
て働いて帰ってきたんだ。

夜、寝ていて連れて行かれたのですか?
いや、その日の夕方、私たちの家族が大勢で、それぞれ部屋で寝ていると、出
てこいというので出てみるといない。次の日の夜ちょうど12時になって、また
やって来たんだ。誰か昨日の夜にも来たのかと聞くと、里長が、日帝時代には

16) 係のこと

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

山口県

039 

区長さんだ 17)。区長さんと労務係の金◯◯が来たという。「行こう」というの
で、「どこへ行くというのか。わけを話せ。死にに行くとしても、話を聞いて
からじゃないか」というと、「行きさえすればいい」。「行くといったってわけ
を話してくれないと行けないじゃないか。家族にも会わなければならないじゃ
ないか」。夜にもかかわらず連れて行こうとするから、説明しろというと。「日
本へ行けばたくさんお金をもらえる。家族も多いから労務者として日本へ行こ
う。行くのは二日後だ」というんだ。「二日後に行こう」と。私が「二日間どこ
で過ごすんだ」と聞くと、行きさえすればいいと。そうして面に連れて行かれ
た。まったく!労務者として行けというから、「行かざるをえない」。それで行
った。釜山へ行って連絡船に乗った。何時間かかかって、到着した。日本だと
いった。初めて来た。そこで3日ほど休んで、炭鉱へ行って石炭を掘った。

日本へ行く前に結婚されましたか?

結婚はしていなかった。

なぜ結婚が遅れたのですか?
動員で遅くなったんだ。私には6人の兄弟姉妹がいる。それで私が連れて行か
れたが、1年ほどたってまた弟が行ったという。生きているのか死んだのか、今
も消息がわからない。死んだだろう。どこへ行ったのかまったく連絡もない。

弟さんは申告されたんですか?
申告したかどうか知らない。別の弟がしたのか。金ヨンドク。金ヨンドクが樺
太に行った弟だ。

17) 日帝時代は各村を一つの区にして、その区の長を区長と呼んだ。今の洞長、里長がそれ

に該当する。日帝時代の区長は、最末端の行政員として朝鮮総督府→道庁→郡庁→邑
面事務所、区長へと業務が伝達された。区長は村の事情をもっともよく知っているた
め、警察や会社職員たちと同行し、村の人たちを直接動員するのを手伝った。また、強
制動員対象者の選定は、区長の個人的判断で決定される場合があったため、しばしば
村の人々の恨みを買った。

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

逃げるって?憲兵が銃を持って監視しているのに

040 

樺太に行って帰ってこなかったんですか?
そう。帰ってこなかった。消息はわからない。

両親は二人ともいらしたんですか?
そうだ。二人ともいた。私たち6人兄弟姉妹と、父、母の8人家族が一緒に暮ら

していた。

おじいさんが長男ですか?
いや、長男ではなく次男だ。

お兄さんは徴用に行かれなかったんですか?
お兄さん?兄はずっと前に亡くなったけど、行かなかった。ひと家族から私と
弟のふたりも行っているのに、これ以上行ける?

面の職員が面に連れて行ったのですか?
いや、数百名を集めてから連れて行った。日本から連行しに二人が来た。まず
洪城に行った。洪城へ行ってパジ、チョゴリをみんな脱ぎ捨てた。そしてこん
な赤い脚絆をくれた。こうしてまったく日本の奴になった(外形が日本人に見
えるようにされた)。洪城へ行っても、労務タガリ18)〔係〕に後ろ盾(面倒を見
てくれる人)を使えば行かなくてもよかった。洪城で名簿に載せられたらおし
まいです。それで行かない人たちも多いというわけだ。お金のある人は。私た
ちのようにお金のない者が行くということだった。

洪城に日本人が連れに来たんですか?
洪城に来た。日本人が引率していくんだ。

何人ぐらい来ましたか?
ふたり。労務係の金◯◯は洪城まで来ただけ。洪城まで連れてきて、そこで日

18) 係のこと

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

山口県

041 

本人が引率を引き継ぎ、私たちに服をくれた。

釜山に行かれたのですか?
そうだ。汽車に乗って釜山に行って。釜山で一晩泊まって、そこから日本に行

った。簡単にいえば、そうやって行った。

創氏名はなんでしたか?
名前は何かといえば、日本の統治時代は金山だった。

募集係は日本の何処へ行くと話しましたか?

日本へ行くとはいわなかった。そこではそんなことはいわない。強制的に連れ

て行った。どうしようもない。そこから、しばらくして行った。

村から一緒に行った人で憶えている人はいますか?
一緒にいった人?村から行ったのは私ひとりだ。ひとりが行った。他から来た
人たちはフィンド里(薪斗里)19) の人たちだった。

名前は覚えていますか?
ああ、薪斗里の人で李カン◯という人、他は知らない。 

何人くらい行きましたか?瑞山から?
ああ、数百名行った。

その中で記憶にある人は、李ガン◯おじいさんのほかいませんか?
その人は後だったけど、徴用で行ったと言っていた。

身体検査はしましたか?
身体検査?しなかった。

19) フィンド里は薪斗里とみられる

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

逃げるって?憲兵が銃を持って監視しているのに

042 

訓練は?
訓練もなかった。

炭鉱の大きさはどれくらいでしたか?

ものすごかった。ほんとに石炭を掘る所だ。そこは。天井を掘り進むんだ。後
ろへガラガラと送ると、そこでわれわれが坑道で(石炭を)載せるんだ。載せる
と石炭が外へでる。そうして、そこで働いた。だから逃げようにも逃げられな
かった。

坑道はいくつありましたか?
坑?坑道。1方20)、2方、3方、4方、5方、9方、12方まで。入って、日本人と朝鮮
人が一緒に石炭を掘る。朝入って夜に出てこなければその人は死んだんだ。生
き延びた人は天命で生き残った。

20) 方は、働く順番を示す

>>> 

現在、市の指定文化財となった昔の本山炭砿の斜坑の入り口。

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

山口県

043 

瑞山から数百名が行ったんですね?
数百名だ。それが誰かは分からない。日本人も一緒に坑道に入ったから、誰な
のか分からない。

瑞山から行った人はみんな炭鉱に行ったんですか?
そう。炭鉱に行った。一度に数千人だ。10名や20名ではなく。

炭鉱でどんな仕事をしましたか?
切り羽で石炭を掘ったんだ。機械で掘ると我々がスコップで車(炭車)に載せる。そ

ういう仕事をした。機械で掘れば、石炭がドサッと崩れる。そしたら出入りする車

数台にそれを載せるんだ。そこには日本人監督がいて、休むこともできない。

何時から働きましたか?
朝?朝の9時から入った。夕方6時に終わる。

昼食はどこで食べましたか?
弁当や水筒を持って入る。持って入って坑内で食べる。石炭掘るから真っ黒け
だから、夕方に沐浴して出るんだ。

坑内では飯が黒くなるでしょうけど、どうして食べましたか?
弁当は包んであるから、中まで黒くならない。帽子を、光が出るカポ 21)〔キャッ

プ、カンテラ〕をかぶる。

カポというんですか?
そう、日本語でカポという。

ツルハシなんかを持つのですか?
そうだ。そこに行けばツルハシもあるし、シャベルもすべてある。入るときは

21) キャップランプ。炭鉱などで坑内帽に付いたランプをいう。

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

逃げるって?憲兵が銃を持って監視しているのに

044 

それらを持って入る。そしてカポ〔カンテラ〕をつけて、明るくする。カポがな
いと真っ暗で出てこられない。そして弁当と水の二つを持って入る。入ると頭
は道具を出してくれる。そこへ入ると大きな学校の運動場みたい。入ると錬匠

〔熟練者〕が道具を出してくれ、炭車みたいなのに乗って出るが、誤ってそこ

で死ぬ人も多い。

どうして死んだんですか?

炭車に人を乗せるとすると、10人、20人といっぱい乗せる。ぼやぼやした奴が
綱をつかみ損ねて落ちて死んだこともあった。私は死なずに生き延びた。

昼間だけ働いて夜は働かなかったのですか?
夜は働かない、日曜日も。日曜日は働かず、夜も働かない。9時に入れば6時に
出てくるんだ。

食事はどこでしましたか?
炭鉱で。会社側が食堂で出してくれた。ああ、食堂には数千名が集まるからも
のすごい。食堂に入ると日本の女たちが来て「今日は行くのか」と聞く。「ああ
行くよ」というとご飯をよそってくれる。体の具合で今日は行かないというと、

よそったご飯を元へ戻す。何でそうするのかと聞くと、「お前は今日休むから

食べられない」というんだ。奴らは悪辣だ。働きに行かない人、体の具合の悪
い人は無条件でご飯を半分に減らしてしまう。頭にきてご飯をくれというと、
お前は働かないからだめだというんだ。

ご飯はどうでしたか?

米の飯だ。おかずは簡単なものだ。キムチとほかの何かだ。ここみたいに汁がある
わけではない。キムチを載せて食べる。数百名が食べるから、たいした物はない。

仕事に行けと催促する人はいましたか?
仕事をさせる日本人はとても多かった。

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

山口県

045 

作業班長が働かせたのですか?
違う。仕事をさせる班長が別にいる。誰々が入れといっては、そこへ連れて行

く監督が別にいる。「1方は30名、2方は50名、3方は70名だ」というように。い

われるままの号数に入ると、監督が後からついてくる。入ると帳簿に全部載せ
る。日本の名前で載せる。創氏改名で、金山と日本の名前で書く。「カネヤマ」

と呼ばれると「はい、はい」と答える。金山、仕事に行くかと。行くといって仕

事に行く。行かない奴は赤い線を引いて。具合が悪く行けないとか。足が痛く
て行けないとか。間違いなく2年間いたから日本語はみんな分かる。飯を食い
に行っても日本語。仕事に行っても日本語。トイレに行く時も日本語。ここで
は金東業なのに金山という。呼びやすいから金山だと。一部屋に10人ずつ入れ

る。労務者を連れてきた人(引率者)が。当時の部屋は大きい。

夜はどこで寝られたんですか?
部屋で寝た。部屋はいい。畳部屋だから。ここのように火をくべることもない。
我々が行ったところは気候がよく、寒くない。だから気楽に帰ってきた。食べ
物はお腹がすくからキムチでもみんな食べた。食べ盛りの時だから、仕事から
帰ってくる時はどれほど腹が減るっているか。何かわからずに食べたことも。

日曜日の休日はなにをしましたか?
日曜日は当然休む。教室に朝鮮人数千名がぐるりと囲んで座って。多くの人が

座っていると他の人もそこに入ってくる。出て行くのはかまわない。出て行け
ないからだ。ここのように住民登録がある?何がある?そのうえ刑事たちに捕
まれば恥ずかしいから出て行けない。出て行けないようにしている。私たちは
丈夫な罪人だから。彼らが行けといえば行き、仕事しろといえばする。外で遊
びもした。

そこには朝鮮人は何名ぐらいいましたか?
何名かな?数百人いた。

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

逃げるって?憲兵が銃を持って監視しているのに

046 

日本人もいましたか?
日本人は別のところに住んでいた。日本人は自分たちだけで働き、朝鮮人は朝

鮮人だけで暮らしたから。在日の人は朝鮮人のための食堂を営んだ。

月給はいくらもらいましたか?
お金をいくらもらったかって。少しずつくれるから分からない。ひと月に少し
ずつくれる。何々を引いていくらかをくれた。外に出ればそれで食べ物を買っ
た。仮に2000ウォンくれるとすると、1000ウォンはやつらが差し引いた。日本
が労賃を出す、出さないなんて。お金を持ち帰ったかって?

貯金したといわれませんでしたか?
いや。貯金するお金なんてどこにもない。体の具合が悪く、頭に石炭が落ちて
けがして1日、2日休んだ。仕事を替わってやっていて。

頭をけがされたんですか?
天井から塊のようなのが頭に落ちれば、何もかも壊れるから、炭鉱ではとても
苦労した。シャベルを使っていて働いていて、落ちてくれば、けがするんだ。
今は治って大丈夫だ。

その時病院で治療を受けられましたか?
病院にも何度か通った。炭鉱の中ではなく外にある日本の病院へ。幹部がそこ
へけがした人を連れて行く。私も病院へ連れて行かれて入院した。

治療費は誰が出したんですか?
私たちが出さないで誰が出しますか。お金を出さないでどうしますか。それは
死ぬことだ。

一日にいくらお金をもらったんですか?
いくらもらったのか思い出せない。でも、いくらにもならなかった。その当時、

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

山口県

047 

朝鮮で鉄のやかんが200ウォンだった。昔のことだ。そうして帰ってきた。

そこは事故が多かったですか?
事故は多かった。そこで働いていて人が死んだ。坑道が崩れれば死ぬんだか

ら。石炭掘りに入って、そこに数十名。70名が働いているでしょう。石炭を掘
っていたり炭車に乗っていたりして崩れれば、どうすることもできず死ぬ。逃

れるすべはない。

埋まってですか?

もちろん。日本人でも朝鮮人でもどうすることもできない。

朝鮮人はたくさん死にましたか?
そう、たくさん死んだ。死んだ人を私たちが火葬したから。埋まったのを引っ
張り出して。引っ張り出されたのを受け取って、火葬する。火葬する場所に運
ぶけど、そこでどうするのかは知らない。燃やすか何かして火葬した。

火葬して家に送ってくれましたか?
送るもなにも。海に撒いたと聞いた。送るなんてことはしない。

家に手紙は送りましたか?
手紙?手紙も送らなかった。数ヶ月たって送ることができることを知ったが、
手紙も書かなかった。一緒に行って死んだ人も多い。むりやり強制的に連れて

こられた。行きたくて行った人はいないだろう。

ふろは毎日は入りましたか?
顔も体もまっ黒だから、毎日入らなければならない。湯船につかって洗わなけ
ればならない。でも湯船にもそのままでは入れない。まっ黒だから。それをま
ず洗う。洗ってから入らなければならない。湯船にそのまま入るかどうかを日

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

逃げるって?憲兵が銃を持って監視しているのに

048 

本の奴が監視しているから。

爆撃もありましたか? 飛行機?

日本が?爆弾を落としたのか自動車を落としたのかさえ分からない。朝食を食

べるとすぐ坑道に入るから分からない。飛行機が飛んで来たのかまったく分か

らない。朝食を食べて入り、夕方に出てくるから。

市内に出られたことはありますか?
市内?市内に出るひまなんてあるはずがない。毎日働くのに。私たちには日曜

日も自由はない。病院での日本人の患者たちは数十名だ。腕や足をけがした人
は繃帯している。その人たちも自由かってに出歩くことはできない。

おじいさんも頭をけがされたじゃないですか?
いいや。半日通ってなんともないから仕事に出た。割れたのではなく、こすっ
たんだ。半日通ってよくなったから、また仕事に行った。まったくバカだった。
仕事をすればお金をたくさんもらえると思って。1日も休まないでおこうと。

炭鉱に慰安所という所はありましたか?
炭鉱に?慰安所?炭鉱に?朝鮮人と日本人と女たちも一緒に仕事をしました。
仕事場に朝鮮人と日本人と一緒に行きました。

朝鮮人はどこから来た人たちですか?

どこから来たか知らない。みんな別の所から来た。

慶尚道、全羅道から来た人もいましたか?
ああ、そちらからが多かった。

どこから来たか聞いてみましたか?
聞かないはずがない。聞きましたよ。慶尚道から来た。全羅道から来た。仕事

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

山口県

049 

をしながら話をした。

その時日本語はよくできましたか?

日本語?その時は日本語で話したが、今はぜんぶ忘れてしまった。

小学校には行かれましたか?
学校には行っていない。漢文を教える先生がいた。

農業をしていて行かれたのですか?
農業していて?そうだ。その時は国に米がない。麦飯を食べていた。そんな時に
行った。私たちは20歳まで米の飯をよく食べていた。それ以後は難しくなった。

炭鉱に行ってからどれくらいで出てこられたのですか?
私? 2年間して帰ってきた。

解放になってから帰ってこられたのですか?
解放になったから帰ったんだ。

解放になったこと分かりましたか?
解放になったこと?わからないさ、そこでは。どうして分かる?そこを出て分かった。

日本人はどういうふうに家に帰れといったんですか。

採掘場から出ると解放になったと聞いた。朝鮮と日本が戦争して、朝鮮がそっ

くり奪われたでしょう。日本の奴らに。だから朝鮮に帰れというんだ。数百人が

その時帰った。

何に乗って帰られましたか。
何に乗ったかって?連絡船。連絡船に乗って釜山で降りた。釜山まで連れて行

ってくれた。

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

逃げるって?憲兵が銃を持って監視しているのに

050 

船は誰が用意してくれましたか?

日本人がしてくれた。釜山まで。並の大きさではない。これより広い。船はとて
も大きいからあまり揺れず、ポンポンという音もしない。行き先は知らなかっ
た。釜山まで8時間しかかからなかった。

瑞山から数百名が一緒に行ったと言われましたね?帰るとき一緒でしたか?
一緒に帰った。慶尚道の人は慶尚道で降りて、全羅道の人は全羅道で降りた。
みなそれぞれ降りた。私は遠北に住んでいるから遠北で降りた。

帰るときに日本人はお金をくれましたか?
お金をくれるという話はなかった。どれくらいになったのか。

炭鉱でお金を貰いましたか?
炭鉱で?炭鉱でお金をくれるのではなく、ひと月すれば月給が少しだけあっ
た。それをもらったんだが、全部をもらったのではない。封筒に入ったのをも

らった。さっきも話したように、2000ウォンのところを1000ウォン引いて1000

>>> 

関釜連絡船のひとつであった新羅丸の姿。1945年、沈没した。

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

山口県

051 

ウォンしかくれないのだ。

お金は貯まりましたか?

どうして貯まる。行けばいつ死ぬかわからない。だから日曜日になれば酒を飲

んだりタバコをすったりした。惜しげもなく。

お酒はどこで飲みましたか?
外へ出れば、お酒はたっぷりある。日曜日にはそこに行くことができる。炭鉱の
外へ出れば、朝鮮人が酒屋をしているところもあり、食堂もあって、みんなそ

こへ行った。日曜日になれば近場に出かけた。遠方には行けなかった。そちら
に行くのを、鉄条網を張って監視する所があるんだ。ここで軍隊が監視するよ
うに。だからそれ以上外へは出られない。その中で遊ぶ。

朝鮮人が商売をしたんですか?
朝鮮人が商売をした。どれくらいいたのかな。ここの人ではなく慶尚道。

おじいさんの弟はいつ徴用に行ったのですか?
何年度かに帰ってきたので、行ってからどれくらいになるかと聞くと、まる1年に
なると言っていた。しかも強制的に連れて行かれた。樺太という所へ。家族が多
いからか、労務へ行けと里長がむりやり連れて行ったのだ。一人っ子で、一人で
暮らしている家は行かない。家族がたくさんいる所だけ連れて行った。私が行っ
たけど、それでも家族はたくさんだから、私の弟を引っ張っていったのだ。

ここに帰ってきてどんな仕事をされましたか?

農作業しました。働いて暮らした。今は年取って働けないよ。

面談・校閲:高鳳勲調査官     1次録聴文作成:チョ・ミンジョン     

編集、推敲、注釈:鄭恵瓊課長、李秉熙、権美賢調査官

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

逃げるって?憲兵が銃を持って監視しているのに

052 

2005年10月20日、忠清南道泰安郡遠北面の事務所で口述聴取できる場所を3ヵ所用意

してくれ、別室で口述聴取を実施した。口述者の朴丁出は約束の時間より早く事務所

に来て、面談者を待っていた。別室といっても天井が全部つながっており、隣の部屋
で実施している口述面談の内容が全部聞こえてきた。騒音がひどく、集中して口述で
きる状況ではなかった。少し時間がたってから、互いに遮断された別室が提供され、
落ち着いて口述聴取をすることができた。口述者は自信のある語調で面談者の質問に
一つ一つ答えてくれた。

面談後記◆

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

山口県

053 

朴丁出 (パク・チョンチュル)  男、80歳  

1927. 4. 24.  忠清南道瑞山郡梨北面青山里で生まれる
1943. 7. 頃 

山口県の炭鉱22)に動員される(18歳)

1945. 解放後  帰国

捕まって行くのに何ができる!

徴用に行ったときどこに住んでいましたか?
ハプサン〔瑞山の訛り〕だから梨北面。瑞山郡だよ。青山里1区。

いま住んでいる所と同じですか?
そうです。ここ青山里は、大別して朴氏、李氏、全氏、三氏の姓から成ってい

た。〔それが〕分かれたんだ。

村から何人くらい一緒に行かれましたか?
行く時?行く時はここから二人行ったほかは憶えていない。二人行ったが逃亡

22) 日本の研究者竹内康人が作成した強制動員地一覧(山口県)には、29ヵ所の炭鉱が掲載さ

れており、被害者が動員された所を特定するのはむつかしい。被害者の証言をもとにしてみ
ると、海辺に近い炭鉱と推定される。

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

逃げるって?憲兵が銃を持って監視しているのに

054 

し、私ひとりが行った。

名前は思い出せますか?
名前は憶えている。虎里に住んでいたと聞いている。金ヨン◯氏。

虎里に住んでいた方でしたか?
いや。住んでいたのはここだった。ここに住んでいて、私と一緒に連れて行か
れたが、どうなったのかわからない。私ひとりが行った。どこでいなくなったの
か分からない。

徴用に行かれる前の家族の構成は?
その時は、おばあさん、おじいさん、お父さん、お母さん。それだけだった。

ご兄弟は?

兄弟は私と、姉ひとりだけだった。

お父様は当時どんなお仕事をされていましたか?
ただの船員の生活です。

おじいさんは何をしていて、徴用に行ったのですか?
私はただお金をもらって、食べて。ほんの少し。

お父さんのように船員生活はなさらなかったのですか?

しなかった。父が船員生活しているのに私ができますか?

学校には行かれましたか?
学校には行った。昔の普通学校だ。遠北学校。4年生。

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

山口県

055 

遠北普通学校ですか?
そうだ。その時は普通学校だ。

日本語は少し習われたでしょう?
その時は、日本語は教えなかった。後で日本語を教えるようになった。

徴用状は誰が持ってきたんですか?
面の担当者。

担当者は誰ですか?

たぶん、チョ◯◯だ。梨北面に住んでいたからよくわからない。労務係だった。

その人がおじいさんの家にきたんですか?
そうだ、やってきた。当日来て「労務に行くから、家におれ」と。明日行くから
前日に連絡しに来たといった。逃げようとするから連れて行くことが多い。金
持ちはみんな逃げて、行かない。取るに足りない人だけが行った。里長や班長
をしていた人たちは、誰も行かなかった。その人たちを悪くいう人は少ないで

しょ、当時は。

徴用状をもって来ましたか?
徴用状なんてない。話だけで連れて行かれた。

徴用に行かれたのは何歳ですか?

18歳の時。

何年度だったか、憶えていますか?
わからない。昔のことだから。

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

逃げるって?憲兵が銃を持って監視しているのに

056 

季節はいつでしたか?
暑い時ではない。田植え前だ。田植えしてから行ったはずだ。

春でしたでしょう?
そう、春だ。春になったばかりの3、4月頃だ。

急に徴用だといわれて、驚かれたでしょう?
驚いてもどうしようもないでしょ? 連れて行かれるのに。後ろ盾のない人は弱
い。後ろ盾のある人が腕力をふるう世の中だ。

募集担当者がきて、すぐに連れて行かれたのですか?
その日に行った。八峰面に行く渡し舟がある。舟に乗って八峰へ行ってから瑞
山へ。

八峰には人がたくさん集まっていましたか?
行くと人が集まっていました。自動車がなかったから歩いて行った。

金ヨン◯という方も一緒に渡られたんですか?
一緒に舟に乗って行った。

ふたりだけが行ったのですか?
そう、ふたりだけだった。

瑞山に到着した時、金ヨン◯という人は逃げてはいなかったのですか?
朝までいたのに知らぬ間にいなくなった。

瑞山のどこに集まりましたか?
瑞山のどこかの学校だったかな? 学校だったようだ。昔の普通学校。学校に集

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

山口県

057 

まって、村の人がひとり、ふたりと集まって運動場に行った。たくさん集まった
けど、百人にはならなかった。数十人ほどだ。

誰が引率しましたか?
郡の担当者がいた。日本人ではなく朝鮮人だ。

引率は朝鮮人がしたのですか?
そうだ。その時、釜山へ行けといわれたんだ。

瑞山から釜山へはどのように行ったのですか?
汽車だったと思う。車に乗っていったかどうかは憶えていない。ともかくそれを
気にする状態ではなかった。歩いてではなく、とにかく汽車に乗って行った。

郡から引率した人が釜山でも継続して引率したんですか?
いや、たぶん郡か道から来た人だと思う。道からか郡からか、知らないが人が
ひとり来て引率した。一晩泊まった。次の日からは身がすくむほどさらに厳しく
怒鳴られた。何処へ行くのか分からないのに、やたらにどついて行けという。
そうして船に乗ったんだ。

その時も引率者が同じ人でしたか?

どんな奴だったかわからない。朝鮮人なのか日本人なのかも。

引率者が厳格だとおっしゃいましたが?
幾つかに仕切られた部屋のようなところに入った。船では船員なのか誰なの
か、分からない。

船は大きかったんですね?
大きかったようだ。だから数百人が日本で降りた。小さいとそんなことできま
すか?波が高ければ10時間以上かかる。船もその当時はいくら大きいといって

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

逃げるって?憲兵が銃を持って監視しているのに

058 

も、今よりは小さかったから。

行く時、波は高かったですか?
波が高かったかどうかはわからないが、驚いたよ。船が大きく揺れたから。

船に乗ってからどれほどかかりましたか?
だいぶかかった。8時間以上かかった。10時間ほどかかった。
                     
家で着ていた服のまま日本まで行ったのですか?
そうだ。日本まで。荷物はない。あるはずがない。寝て、食べるものがどうして
ある? 行って指示どおり暮らせばいい。持って行こうとしても持っていくも
のがない。昔は食べ物がなかった。日本へ行く時も、そのあともそうだった。

日本のどこに到着しましたか?

下関23)といっていた、下関だと。

船に乗った人は下関でみんな降りたんですか?
下関で降りた。降りてそこから数人ずつに分かれたが、どこへ行くのかわから
ない。一度にみな同じところに押し込んだのではないから。どこにどれくらい
行ったのかわからない。

そこから汽車に乗って別のところに行かれたのですか?
そうだ。山口県。日本語でヤマグチケン、朝鮮語ではサングヒョンという。海の
近くだ。

汽車に乗って行く時、景色は見ましたか?
夜に乗ったから、見ることはできなかった。釜山を朝出発して8時間、下関であ

23) 下関。山口県の港湾都市。関釜連絡船が出発、到着する港。

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

山口県

059 

れこれしていると、夜だ。

夜に到着されて汽車に乗った人たちはみんな降りたんでしょ?
降りた。その炭鉱に行った人は全部降りた。

釜山から行った人たちはみんな同じところで降りたのではないですね?
一緒ではなかった。100人なら100人がみんな降りたのではない。10人なら10
人。100人なら100人、50人なら50人と引率者が何人かごとに、分けたんだ。

おじいさんが行かれたのは炭鉱ですね。その炭鉱で何人位降りましたか?
30~40人ほどだった。30人くらい。

その人たちはみんな泰安から行かれた人たちですか?

どこから来たのかはわからない。私は18歳だったからとても若く、班長だった

ならともかく、分かるはずがない。

>>> 

長崎県長崎市の海にある端島。三菱鉱業系列で軍艦のような形から軍艦島と呼ばれ

た。(調査1課李秉熙調査官撮影)

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

逃げるって?憲兵が銃を持って監視しているのに

060 

互いに話しもできなかったでしょうね?
そうだ。お互いどこから来たのか聞けなかった。連れられてきたのにどこから
来たのかだって。ただ連れて来られただけだ。

到着して炭鉱について紹介してくれました?炭鉱の紹介。
その日の夜、炭鉱に行った夜に食堂でご飯を食べた。食べてからその次の日は

1日何もしませんでした。3日目に装備を配るという。

3日目に装備を配るというのですね?
行ってみると、電灯の付いた頭にかぶるカンテラ24)とザル、ツルハシをひとつ
ずつ。ツルハシもここで使うようなものではなく、刃を取り替えて使う。そのふ
たつをくれた。そして、50尋25)ほど、そのまま入った。後になって分かったん
だが、先に入った人の話では、昇降機に乗って降りていくと、50尋になると言

っていた。降りていくとここでいう5里か10里くらいは天井に明かりがついてい
た。その後はカンテラに灯をつけた。数百の穴があるうちのどこに行くのか。

24) カンテラ。金属や陶器でできたやかんのような形の灯油壺に石油を入れて灯をつけて

持ち歩く灯り。ここでは安全帽についた灯り。

25) 長さの単位。1尋は8尺または10尺で、2.4mまたは3mに該当。

>>> 

ほかの被害者に寄贈していただいたカン

デラ(調査1課李秉熙調査官撮影)

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

山口県

061 

それで最初の日は入って見学しただけで出てきたが、行ってみると木で支えな
がら入って行き、石炭を掘ってそれを引っ張り出すようなことをしていた。

天井がどうなったんですか?
崩れた。支えが曲がって落ちたんです。

炭鉱のなかではどんな仕事をしましたか?
石炭を掘りました。

3日目から石炭を掘り始められたんですか?
そうです。3日目から交代で。昼交代で入れば、夜に出た。

昼は何時から仕事が始まりましたか?
何時からって?交代の時間まで入っていなければならない。朝入るのは8時か7
時です。交代の人が早く出てくると、私たちはさらに早く入らなければならない。

それでは7時頃に入ったんでしょうね?
そうだ。

出るのは何時でしたか?
何時になるかな?午後だよ。昼に出ると、午後に交代で入ったから。ともかく
出たり入ったりしていました。

出てきて夕食はされましたか?
そうです。中では食事はできないので、出てから食事をした。中では食事する
ひまがない。

昼食はどうしましたか?
昼食?昼食は飯と水を少しずつ包んでくれるので、それを食べて入る。休日の

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

逃げるって?憲兵が銃を持って監視しているのに

062 

時は月給、ほんのわずかに出た月給で食べて暮らした。トコロテン26)という、そ
れしか買えるものがない。カマボコのようなもの。買って食べられるものいっ
たらそれしかない。それがカマボコ、日本人はトコロテンといっている。

誰がそれを売っていましたか?
商売する人がいた。炭鉱ではなく外で。

外に出ることもできたようですね?
はい、そうです。休日のときは出歩きました。遠くには行けず、付近の村に行き
来した。

休日はあったんですか?
夜働けば昼休む。休むけど夜働いてくるので眠らないといけない。夜また働か
なければならないから。行くところもないし。日曜日もありません。

それでもちょっと出ることはあったんですね?
そうだ。腹がへるから食べ物を買いに行く。そこで売り切れていれば、別のと

ころへ行かなければならない。そこでも無ければ、また別の所へ。そうして買
って食べた。

寝る宿舎はありましたか?
その中では夜も昼も身動きがとれない。分かるでしょ、四方に鉄条網をはりめ

ぐらしているから。

寝るときに鉄条網を張りましたか?
いや。いつも張ってあった。

26) テングサを煮て、その煮詰めた汁を冷まして固めた透明な食品。

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

山口県

063 

なのに、どうして出られたんですか?
昼は、職員たちが出入りするから開いていて、夜にぴったり閉める。

出られるよう許可してくれたようですね?
さあ、働かないときは自由だから。出ることはできるけど、眠らなければならな
い。食べるためでなければ出ない。宿舎に牌くらいの大きさの板に、名前を書
いてぶら下げておく。片方は赤い色で書き、その裏は黒い文字で書く。ご飯を
もらって食べに行く時には、赤い文字を裏返しておく。それはご飯を食べて仕
事に出たというしるしだ。

それは宿舎にかかっているのですか?
いや、たぶん食堂の戸口でそうしていた。

食堂ではご飯は誰がつくるのですか?
できたものが出てきた。

言葉は何語をつかいましたか。
私たちですか?朝鮮語で話をした。朝鮮人はみんな坑道の中にいた。

石炭を掘る仕事を見せてくれたのは朝鮮人ですか?
朝鮮人でした。

宿舎にも朝鮮人はいましたか?
朝鮮人が立ち寄ったりしていたから、朝鮮人がいたはずです。

宿舎では何人が寝泊まりしたか?
大きいところと小さなところがあったから、よく分からない。それに人が交代
するから。朝交代で行って夕方に帰る人は、帰ってきてご飯を食べて寝る。部
屋は大きかった。

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

逃げるって?憲兵が銃を持って監視しているのに

064 

宿舎に責任者はいましたか?
監視、監督はあったはずだ。仕事に行ったのか行かなかったのか。回りながら
見張るやつもいたはずだ。

そんな人と話したことはありますか。
見回っているからありません。何で話をしますか。一度もしなかったです。

逃げて捕まった人がいたら、ひどい目に遭わす人もいますね?
捕まえたら閉じ込める。それが監督なのかどうかは分からない。どこかで捕ま
えて、鉄条網に囲まれた穴を掘っておいて、捕まえてそこに閉じ込める。閉じ
込めて、たまに少し食べ物を与える。

逃げた人を叩いて見せしめにするといったことはなかったですか。
ありません。見なかったから分かりません。働いている人の目につかないよう
にした。

炭鉱は海に近かったですか?山の中にありましたか?
私たちには山の中かどうか、分かるはずがない。

海の音が聞こえましたか?
波の音はした。だから海辺だったようだ。市内に入って、私たちが行っている
所は破壊された。

そこから海が見えなかったですか?
そう、そこからは海は見えなかった。外に出ることができれば、漁船も見えだろう。

散歩に出られたことはありますか?
あるよ。歩き回ったから、どこがどこだか分からない。

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

山口県

065 

炭鉱からどれくらい出てもいいですか?
遠くへ行かなければいい。海辺なのでその近くに行ってもいいのに。

仕事をして月給はもらわれましたか?
はい、月給はもらった。どれくらいもらったのか、憶えていない。トコロテンを
買って食べる程度だ。

月給は家に送られましたか?
本人が送ってくれといえば、送ってくれた。そう言わなければ、送ってくれな
い。送ったことはない。どこかへ行って使う。

送るほどのお金ではなかったのですか?
そうだ。ひと月に食べるものを買うくらいだ。

炭鉱で働いていて事故に会われたことありますか?
事故に会った記憶は、閉じ込められて何時間も出られなかったことだ。中に入

って石炭を掘ってそれをザルに入れ、引っぱっていく。機械で引っぱっていく
んだけど、その時、入口のところが崩れた。

幸い救出されたんですね?

1度や2度でない。終日、閉じ込められて必死だった。逃げるといったってどこ

へ?身動きできないまま連れてこられたんだから。

炭鉱に米国軍の捕虜もいましたか?
ああ、いたよ。

一緒に働いたこともありますか?
一緒には働かなかった。あの人たちはあの人たちだけで、朝鮮人は朝鮮人だけ
で働いた。

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

逃げるって?憲兵が銃を持って監視しているのに

066 

話しかけたことはありますか?
米国人に?米国人にどうして、言葉が通じないのに。行き来している時に会う
だけだ。

米軍の捕虜たちはたくさんいましたか?
多かったのか少なかったのか、わかりません。作業場が数十ヵ所だから、中に入ら

ないで事務室で人員を把握する人なら、どれくらいいたか知っているけど、私たち
は仕事しに行かなければならない。指導者は20人くらい引っ張り出して、そこから
多くて10人、15人が入る。19人まではかまわない。それだけしか入れません。

炭鉱で爆撃はありましたか?

日本で、ですか? 爆撃があったと聞いたかな?

いつまでいらっしゃいましたか?
解放の時までいた。22歳になって帰りました。解放になってから。

春は何回来ましたか?
何度も来た。まる4年過ごした。18歳で行って22歳になったから4年です。最初
にそう言ったしょう。18歳で行ったと。

解放になってからどうされましたか?
団体で帰すといっていたのに、そうはしなかった。だから逃げて、かってに帰

ったんだ。そう、じゃまする奴はいない。8.15の解放になったから。自由に1日
でも早く帰ると騒いでいる人もいたし、しばらくそこにいてから帰るという人も
いた。

解放になったとどうして分かりましたか?
何人かが聞いてきた。出入りする朝鮮人の一人が知ったから。解放になっても

日本人は3、4日は仕事をさせた。

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

山口県

067 

3、4日仕事をしてからやめたんですか?
働く人がいますか。10人で働く人。3人で働く人。2人ずつで働く人もいる。

炭鉱には日本人も多かったんですか?

日本人が多かったか、少なかったかは分からない。別々に働いたから。米軍た
ちも捕虜として行き来した。その場所はみんな違うから、どこに働きに行くの

か分からない。

おじいさんが働いた炭鉱は何という名前ですか?
何という炭鉱って?日本語でいうから分からなかった。朝鮮人は多かったの
で、朝鮮人の話によると、ここは山口県の炭鉱だと。

炭鉱の名前は?
分からない。もう憶えていない。そんな話をすることもないし、分からない。

>>> 

福岡県にある坑口。個人の庭にある。当局は危険だと坑口を塞いだが、家の主人は

湧き出す地下水を使うため、保存している。(調査1課李秉熙調査官撮影)

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

逃げるって?憲兵が銃を持って監視しているのに

068 

山口県というのは記憶されているんですか?
それは苦労した所だから。

炭鉱の名前は思い出せないんですね?
思い出せればいいけど、思い出せない。

働いていて、親しくしていた人はおられましたか?
いません。親しい友達はいません。同じ地方の人が一緒に行けば、互いに話を

して親しくなるけど。いません。みな他の地域の人たちだから。

先に来て働いていた人もいましたか?
いたはずだ。

おじいさんが来た後に来た人はいましたか?
その炭鉱に、ですか? どうして分かるというんだ? 夜昼問わず働きに出てい 
た、昼夜連れて行かれ、働いていたのに。

解放になって各自で帰国したんですか?
そうです。

どこに行かれましたか?
どこか分かりませんが、海辺だから行ってみました。そこで全羅道の船に出会
って、一緒に乗せてもらって帰りました。釜山で降りました。

どこから船に乗られたんですか?
どこか分からない。団体で帰ったから。日本で暮らした人が団体でまとまっ
て、ソウルならソウルというように団体で申請して帰るところがあった。それで
そうして帰ったんだ。

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

山口県

069 

船賃は出されましたか?
船賃は団体の人たちが出した。釜山に来てその人たちと一緒に大田まで行っ
て、その人たちはその駅で降りた。大田から天安へ行き、天安から洪城へ。洪
城から瑞山へ。その時は自動車があった。木炭車だった。そうして帰った。

4年間おられて家族と手紙のやりとりをしましたか?
当然、しました。生きていることは分かりました。

村でおじいさんのほかに徴用に行った人はいなかったんですね?
そうだ。その後からどれくらい行ったのかは知らないが、この村からは、私が
先発隊で行った。

ほかの人たちの話は聞いたことがありますか?
聞いたけどみんな忘れたよ。行って来ただの、帰ってきただののくり返しだか
ら、詳しい話もしなかった。

釜山から家に帰る時、汽車賃を出されましたか?
出さなかった。団体で一緒に帰ったから、出したのか出さなかったのかも分か

らない。ありがたいことに彼らのおかげで帰ることができた。

その全羅道の人たちも徴用で来た人たちですね?
いや。故郷を離れて日本に住んでいた人が、8.15の解放になったから故郷に帰
ろうと団体で帰ってきたんだ。帰る途中で出会ったありがたい人たちだ。私た
ちも帰らなければならないので一緒に行こうと、一人くらいは連れて帰れると
いって。

食事はどうされましたか?
船に乗って帰る時?食事もその人たちが出してくれた。家に帰る時だけ車代を
出したのかな。車代も出たのか出さなかったのかはっきりしない。日本に行っ

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

逃げるって?憲兵が銃を持って監視しているのに

070 

て帰ってきた人は、逃亡してきたのか、ただ帰ってきたのか分からない。

おじいさんの日本名は何ですか?
それは日本人がつけて呼んだのではなく、ここにいる時に日本の名前にしたの
です。日本の姓を、朝鮮人の名前をみな日本の名前にして、それで密陽朴氏だ

と木村(または牧山)になった。木村といった、木村。

日本語ではどう呼びますか?
その時はボクテイシュツ27)(朴丁出)と呼んだ。テイシュツ。木村と言ったかどう
かかは、よく思い出せない。

キムラ・テイシュツと呼ばれたことはありますか?
思い出せない。たぶんこちらで呼ばれていた名前のようだ。それ以外は分から
ない。木村と呼んだと思う。家では「密陽朴氏はそのように改名した」といっ
ていた。[山口県で連合軍捕虜が連行された炭鉱は沖ノ山、東見初、本山、大
浜、三陽無煙の5つである]

27) 朴丁出の日本語読み

面談・監督:許光茂調査3チーム長     1次録聴文作成:チョ・ミンジョン     

編集、推敲、注釈:鄭恵瓊課長、李秉熙、権美賢調査官

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image
/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image
/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

兵庫県

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

逃げるって?憲兵が銃を持って監視しているのに

074 

2005年10月7日、ソウル市恩平区水色洞の口述者の自宅で口述面談を実施した。どしゃ
ぶりの雨の中、事前の約束時間より30分早く、口述者の自宅に到着した。口述者はア
パートで息子さんとふたりで暮らしていた。
口述者はひとりで昼食中であったが、調査官らが入ると食事を中断し、申し訳なかっ
た。口述面談実施のため2名の調査官がさらに同行し、面談者は4名になった。面談
は、代表面談者である権美賢調査官が主となった。口述者は93歳だったが、年齢のわ

りにキリッとし、記憶力もよかった。口述者はほかの被害者に比べて歳がいった30代

で動員され、他の徴用者に比べ現地の状況に適応して過ごしたと見られる。口述内容
は主にその体験談であった。

面談後記◆

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

兵庫県

075 

閔丙珠 (ミン・ビョンジュ)  男、94歳  

1913. 9. 19. 

忠清北道清原郡北一面立上里で出生

1945. 2.12. 

兵庫県所在の久保田〔鉄工〕の工場28)に動員(33歳)

1945. 11.  

帰国

ちいさな握り飯ふたつしかくれない

おじいさんのお年はおいくつですか?
93。

日本には何歳で行かれましたか?

30,いや33歳。

28) 久保田鉄工尼崎工場または久保田鉄工武庫川工場と推定。1890年、大出鋳造所(鋳物製

造業)として創業し、1917年に兵庫県尼崎に工場を開設した。農業機械、建設機械など
をつくる会社として有名である。大出鋳造所が久保田鉄工所、さらに㈱久保田鉄工所が
久保田鉄工㈱となり、1990年に創業100周年を迎え、株式会社クボタに変わった。

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

逃げるって?憲兵が銃を持って監視しているのに

076 

それは何年だったか憶えていますか?
確かめなければ。道民証みせてくれる?身分証。

解放の何年前に行かれたのですか?
いや、その年だ。

徴用状は誰がもって来たんですか?
家にもって来た人が連れて行った。

誰ですか?

日本人と、朝鮮人がひとりだったが、朝鮮人はここに長く居た人だ。その人の

せいで私たちが行った。

忠清北道清原郡29) 北一面 30)からは何人行きましたか?
朝鮮から1,000名行った。忠清北道から。

その内で名前を憶えている人はいますか?
もうみんな死んだ。閔フン◯。名前もみんな忘れてしまったけど、チョ・スン◯

という人。その人は別の村から行った。ともかく昔のことだから憶えていない。

何月に行かれたのか憶えていますか?
何月に? 陰暦なら分かるが、陽暦は知らない。陰暦で12月の末日。

正月を前にして行かれたんですね?
そうだ。当時は容赦しない。それもやっとのこと許してもらった。私の娘はいま

29) 当時は行政区域が清州に属した。
30) 現在の内秀邑を指す。

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

兵庫県

077 

77歳だが、その時15歳になったので、嫁にやろうとして、行くのを延期しても

らった。そうでなければ、その前に行ったはずだ。

結婚して娘さんがいたということですね?

15歳になる娘がいた。結婚させるからちょっと延期してくれと、支署長に頼み

込んだ。支署長はけしからんやつだ。その時は私たちによくしてくれたが、他
の人にはひどいことをしたから、殴り殺された。解放になってから殺された。
支署長が。

支署長は多くの人を徴用に送ったようですね?

もちろん。徴用にたくさん送ったこと以上にひどいことをした。人が性悪にな
り、食料なんかもやたら持っていって、朝鮮人が食べられなくしたんだ31)。私
が行く時、嫁にこう言った。巡警がいくらひどいといっても、私の夫が日本の報
国隊に命を惜しまず行ったのだから、すこしは助けてくれなければならないと

言えと。幼児をおぶって行かせたんだ。嫁は私の言葉どおりしたから、私たち
にはよくしてくれた。配給も十分もらった。夫が日本の報国隊に行って、家族
が飢え死にしそうだから助けてくれ、と言ったおかげで。私らの所には配給な
んかもきちんとくれて、食べていくことができた。支署長から私の家族が配給
をもらっているなんて村の里長が知らずにはできないことなのに、村中の人は
おかしいと思った。悪いやつから(配給をもらって食べていると)。そうやって
私たちは暮らした。私も嫁も元気で、そして解放の年に帰ってきた。

初めて行かれた時は、どこに集まりましたか?
清州。うん。

清州に1,000名がみんな集まったんですか?
清州に集まった。

31) 供出業務を担当したことを示す

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

逃げるって?憲兵が銃を持って監視しているのに

078 

清州に1,000名が集まって訓練なんかを受けられたんですか?
いや。すぐに連れて行かれた。

清州からどこに行かれました?
大阪に。釜山からだ。

釜山へ行って、大阪まで行かれたんですね?
そう。大阪。兵庫県。大阪から兵庫県まで遠い。まる5里はある。

はじめに日本に到着されたのはどこですか?
兵庫県。

行くのに2、3日はかかったでしょう?
いや、それほど多くはかからなかった。

>>> 

関釜連絡船の一隻だった景福丸。

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

兵庫県

079 

兵庫県から大阪へ行く時、汽車に乗られましたか?
いや。釜山で船に乗ればよい。連絡船32)に乗って一泊すればよい。そこで一泊

してからその次の日朝鮮の、いま金正日がいるところは何と言うところだった

か。そう平壌。平壌からも1,000名が来た。その人たちの体つきは決まって小柄
だ。昔は。そいつらがまたけしからん。汽車が遅れていたので、彼らが先に乗
るか私たちが先に乗るかで争いになって、彼らが先に乗った。そいつらは強情
だった。先に行って空襲に遭った。先に行ったのは間違いだった。

先に乗って行ったんですか?
そう。私らは無事だった。よくいうように悪いことは続かない。釜山へ行った
が、私の村の人で先に行った人がいる。その人は私より年下の若者で、釜山で
出会った。なぜ分かったかというと、朝鮮から報国隊が来るというので、道の
要所で注意してみていると故郷で知っている人が来たとのことだ。そして私に
会って「アイゴ!」、「ここにいれば行きやすいから、帰らないでここにいろ」

という。私が、「どうなるのか分からないからここにいる」というと、同郷の人
は「どうせ来たんだから、日本がどうなっているのか、少し見てこよう」という

ので目的地まで行った。兵庫県まで来てみると、勝手が違う。故郷の家では私
は立派だ、いい人だといわれ、悪い人といわれたことはなかった。ここではズ
ルくなければ生きていけない。日本ではそうしないといけなかった。いつも人
の目をうかがっていなければならなかった。
初めて来て何を教わったかというと、「あいうえおかけこ」33)と日本語を習っ
た。学校で子どもたちを教える教室のような所で。私は一番後ろに座ってたば

32) ここでは関釜連絡船を指す。日本国有鉄道(国鉄)が本州の下関と釜山間を運行した鉄

道連絡船(鉄道を結ぶ船の意。1905年開設)。福岡市の博多港と釜山間を運行した博
釜連絡船(1943年開設)と、麗水を行き来した関麗連絡船(1905年開設)もある。関
釜連絡船は1940年10月現在240㎞、約7時間30分かかり、博釜連絡船は1943年7月現
在215㎞、約8時間10分(1943.07)かかった。1945年6月米軍の空襲がひどくなって、
事実上運行停止となった。

33) 日本の仮名文字

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

逃げるって?憲兵が銃を持って監視しているのに

080 

こを吸った。昔はたばこを短いキセルで吸った。刻みたばこを入れた白い袋が
あって、それを持って行って吸った。吸っていると先生が来て、たばこを吸っ
ているといって、横っ面をひっぱたいてキセルをとりあげた。それで私が「な

んで人をたたくんだ」といった。先生は70歳くらいで、私は30過ぎにすぎな
い。朝鮮で「小学校の生徒を10年もした」というから、朝鮮語はよく分かって
いる。私は「お前は朝鮮語が分かるだろう。日本人は自分の母親の前でもたば

こを吸うくらいだから、ほっておけばいいじゃないか」といったんだ。「日本で
も朝鮮でも教室ではそうしてはいけない。朝鮮でも教室内ではたばこは吸わな

いじゃないか」。「じゃ、お前にいうけど、お前らは先生といえるのか。私らは
小学校の先生と生徒なのか。中学校の学生なのか。私らはおとなになってから
来た。お前は先生としてふるまっているかもしれないが、朝鮮人はみんなそっ
ぽを向いている」。私が騒ぎ立てると、何もいわずにキセルを返して出て行っ
た。次からは教えてくれない。それでおわりだ。教えるのをやめたんだ。

日本での暮らしは、ずるくなければ生きていけない。だめなんだ。日本人が2人と

われわれの5人の班だ。班長は日本人で朝鮮人3人、日本人2人で仕事をする。私
はその班長にいわれたとおりにした。法や常識から外れることが多いのに、そい
つの子分になった。それなのに、ああ!朝鮮人2人は班長のいうことをいうことを
きかなかった。いうことをきかず何もしなかったが、私はきちんとしたんだ。
ある日、私ら3人は事務所に呼ばれ、叱られた。何を言っているのかわからない
ので、隣の人に何を言っているのか尋ねた。班長がいうことをきかないのを事
務室に呼んで叱っているという。私はいわれとおりきちんとやっているのに、
なぜ叱るのか。その日本人は、班長を一発殴れという。「殴ってもかまわない
ですか?」と聞くと、「かまわん、かまわん」という。班長は70歳ぐらいで、私
の親父ぐらいの歳だ。若いやつはひとりもいない。年寄りばかりだ。そして「コ
ッチコイ」という。日本語で来いという意味だ。行って、かけていた眼鏡をはず

して、頬をぶん殴った。反対側の頬も両方とも殴った。「おい、私はお前がい
うとおりにしているのに、どうして立たせて叱りつけるのか」。すると事務室で

演説して叱りつけた奴は、気配を察したのか、いなくなってしまった。
叱りつけた奴はいなくなったが、班長は私に「閔丙珠は怠けてはいない。閔さ
んはよくやっていると思う」というから、「それじゃなぜみんな一緒くたにし

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

兵庫県

081 

て、叱りつけたんだ?」といった。すると事務室へ呼ばれた。こんな机を前にし
て向かい合い、ソロバンを突き出して、何度もソロバンという。私がわからな
いかと思って。訳がわからないので「ソロバン、その前話ヤッテミ」と日本語
でいうと、そろばんを机の上に置いた。ためらって何も言わない。日本語を話
せる朝鮮人に、「あの人は何でそんなことするんだ。してはいけないとよく言
い聞かせてやってくれ」と通訳してもらった。彼は何も言わず押しのけて、私
に殴られた人を呼び出し、「なぜ一等国民が二等国民と喧嘩するのか」「ひど
い目に遭うぞ」といってくれた。そんな暮らしをしていると、沖縄の女たちがた

くさん避難してきて、みんな食堂で働いた。

飯場のような所で働きましたか?
食堂で飯を出してくれた。30か25歳くらいの女たちが。必死だから浮ついた気
持ちなどまったくない。どんな奴でも引っ捕まえろという時代だ。死んでしまう
から。どうしてって、私たちはまかり間違えば、みんな死んでしまうという暮ら

しだ。数千人が飯を食うんだが、飯をどのようにして出すかというと、幼児の
こぶしほどの握り飯をくれる。握り飯ふたつとねぎ汁。他にはなにもない。ね
ぎ汁を炊いて椀に半分ほどと握り飯ふたつだけ。働き盛りの男がそんなもので

足りるか? そんなもの口に入れたらおしまい。真っ先に食べ終わったら、そこ
にいる必要はない。
木材を山のように積んでおく場所がある。その時は正月、陰暦の正月だったが日
本は朝鮮より暖かい。日本人は、朝鮮服を着る私たちはそんなことしないが、彼

らはパンツとランニングシャツだけですごす。もう気候は暖かく、たぶん陰暦の

3月にはなっていた。そんな季節だったから田舎者を捕まえたのではないか。外
国に来て、何も知らないから木材の上で寝ていたんだ。工場では働けと合図の
笛をピーッ!とならす。それでさっと起き上がって行こうとすると、その女たちが
飯を分けてくれた。女3人だ。日本語で「おじさん、おじさん」と私を呼ぶ。どう

したんだというと、手招きで来いという。行くと皿にのせた握り飯ふたつくれ、食

べろという。それを食べると、また別の女が皿にのせてくれる。それでまた食べ
た。3食も食べ、もうお腹がいっぱいだ。そしたらまた一人の女が1食持ってきて

くれた。その時、一緒に行った村の人を思い出した。私が「紙はあるか?」と聞く

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

逃げるって?憲兵が銃を持って監視しているのに

082 

と「ある」といって持ってきてくれた。それで包むようにいうと、また一皿持って

きてくれた。ふたり分を新聞紙に包んで、同郷の人に持って行った。知っている

人にあげるとどれほどうれしいか。父母に会うよりうれしい? そこでは、腹が減

って豆カスを買って食べた。食べると腹具合がわるくなって、夜中ゲタの音がカ
タカタと絶えず鳴るようで、夜明けまで眠れない。他の人たちも、それを食べて

腹を下した。そんな生活を送ったんだ。アイゴ。

おじいさんがいた工場の名前は何ですか?
久保田工場だよ。

おじいさんはそこでどんな仕事をしていましたか。

うん。いろいろやった。鉄、鉄を崩したり、つついたりした。そこで朝鮮人が死

んだ。天井に設置された起重機を日本人が運転するんだが、そこに函がぶら下
がっていて、その函に私らが鉄、崩した鉄のクズを入れる。起重機はそれを乗
せて向こう側へ運んで行く。工場が大きいからだ。炭を乗せると同じように運
んで行く。私は日本人ひとりと朝鮮人ふたりで鉄を集めて積み込んであちらに
運んだ。日本人ひとりと私と班長は歩き、朝鮮人は函に乗って行った。鉄クズ

>>> 

現在、インターネットにあ

るクボタのHPのトップペ
ージ。

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

兵庫県

083 

の上に乗って行くんだ。運転が上手であればいいんだが。その時は乱暴な運転
で、あちこちふらふらした。工場内には鉄柱材が、いっぱい積まれている。そ
れにぶち当たる。ふたり挟まれた。その下は水だ。そこに入ると誰も引き上げ
られない。

その人の名前は憶えていますか?
そう、チョン姓だったが、ああ!シド面。シド面の人だ。

同じ村の人ですか?
いいや。少し離れている。15里くらい。トガムという所だ。トガム何といったか
忘れてしまった。その人はそこで死んだ。家は知らない。トガムのシド面の人

ということだけは憶えている。詳しいことは分からない。他の人たちも朝鮮人

が死んだって、気にする人はひとりもいない。私も朝鮮にいた時の気持ちでは
いけないと決心した。どうすることもできないだろ。自分の命さえ維持するの
が難しいのに、どうして人を助けることができる?

古くなった鉄を函にいれる仕事をなさったんですか?
いや、それもしたし、いろいろした。その一つは何かというと、夜に火をくべる
時の火と機械をつくる型だ。軍需品工場で型を土でつくってそれに鉄を流し込
むと型のなかで機械になる。そこへ行って火を焚いて十分に熱を加えなければ
ならない。それから鉄板だ。鉄板を手押し車で曳いて、人が担げないから曳い
ていく。ヒサゴがそこにあれば、それを引き寄せて取り出し消すんだ。火は夜
明けまで焚く。誰かが夜どうし火を焚いて、11時になると消す。11時になると
壁が赤くなって、とてもその壁には近寄れない。

壁が赤く熱せられて熱いですって?

そうだ。11時になればそうなる。その時はそこで寝て、朝食前に灰を掻き出す。寮長
が寮にやってきて朝飯食べてまた行くような時には、飯を十分に食べる。その時は
一食余分に食べる。寮で食べて工場でまた食べる。だから食べることには何の心配

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

逃げるって?憲兵が銃を持って監視しているのに

084 

もない。他の人たちは毎日豆カスみたいなものでも買って食べ、腹をくだして慌て

ふためく。私はそんなことにはならなかった。魚を買ったり、マッコリを買った。

マッコリを買われたんですか?
そうしたから、健康管理もできてよかった。また、女たちの関連で食べる。他
の人たちは班長にたじたじだったが、私は班長から配給を聞き出しては食べ
た。配給がある時には、広告板に「何だ」、「今日は何々がでる」と。朝鮮人に
はそれが分からない。日本語を少し知っている人が、今日は何々が出ると教え
るけど、朝鮮人はそれをもらうすべを知らない。だから食べられない。おかし
いだろ。私は班長に会って、配給があるかどうかを日本語で「ハイキュウがあ
る?」と聞いて、あればもらいにいく。一つ残らずみんな持って行けというの
で、みんなもらってくる。もらった物のなかには何であるのか分からないのも
多い。これは食べるものかと聞いて、「食べ物」だとわかると、そいつと私は座
って食べる。その時のお金で200ウォン(当時の金額で20円程度)、100ウォ
ンだったかを出した。彼らが計算するため値段は安かったが、私に必要でない
ものは役に立たないからそれでよかった。彼が食べ物だというものを彼と食べ
た。私が食べられないものはお金で買い、それを朝鮮人の僑胞がいる所に持っ
て行った。

朝鮮人たちが住んでいる村に行かれたのですか?

うん。朝鮮人が住んでいる所は多い。日本へ行くからと釜山から僑胞をたくさ

ん連れて行った。みんな慶尚道の人たちだ。そこで何をするのかというと、馬
を使った荷馬車引きだ。仕事は多かった。たびたび空襲があるから、引っ越し
する人も多い。わが朝鮮の僑胞も生活はまずまずだった。その人たちは私らを
見ると、かわいそうだといって食べ物も少しくれる。他の人たちは行って食べ
物をもらうすべを知らない。豆カスみたいな安い物でも食べて腹を下して苦し
む。酒なんかも買う方法を知らない。私は豆カスみたいなのは買わない。その
ようにして暮らした。朝鮮に日本語を知っているいとこがいたが、ある日、私の
おばさんが手紙をくれた。「いとこがそちらに行ったので訪ねなさい」と。それ
で手紙を出すと「兄さん来て下さい」という。私より1歳年下だ。「兄さんが来

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

兵庫県

085 

て下さい。私は行けません」だと。ああ!日本語が分かるのに来られないって。
それで私がそっちへ訪ねていった。訪ねていくととても大きい工場だ。日本で
一番大きな工場だ。

その工場の名前は何ですか?
工場の名前は何と言ったか忘れた。軍需品を作っていた。

その軍需品工場はおじいさんがおられた所とから遠かったですか?
そうだ。70里くらいはあった。

いとこに会いに行くとき車に乗って行かれましたか?
車に乗っていって会った。「我慢できないから兄さんどこかに移動させてく
れ」という。「なぜ我慢できないのか」、「死体の後カタズキ34)(片付け)が大変
で我慢できない」と。大きな工場だから始終人が死ぬ。死んだ人を片付けるの
はとても汚い。ひっきりなしに死んだという。「おまえは別の所へ移れば、朝
鮮へ帰るのが難しくなる。だからどんなにつらくてもここで我慢して、朝鮮に
帰って両親に会わなければならない。別の所に移動してまかり間違えば朝鮮に
帰れない」。私がそう言うと、「どうすれば私がいるところに行けるか」と聞く
ので、「よし」といって、私がいる所に連れてきて一晩泊めた。そこには私しか
食べる分がない。だから私が日本の友達だと紹介し、せっかく来たから飯ひと
椀よけいにくれと頼んだ。くれなければ私が黙っていないのでくれた。私が食
べろというと腹が減っているのかすぐに食べた。そうして食べさせた。そこか

ら帰ろうとすれば、釜山や下関に行くことはできるが、こっちに来ると家に帰

れなくなる。いくらつらくてもそこで我慢しておれば、帰りやすくなると思えと
言った。それでつらくてもじっと我慢した。すると日本のやつらが手を挙げた
んだ。降参した。だから、朝鮮人は全部送り返さなければならない。旅費をも

らい、食料をもらって、家に無事帰った。家に帰ってきてどれだけ褒められた

34) 片付けのこと

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

逃げるって?憲兵が銃を持って監視しているのに

086 

か。私に「兄さんがいなければ死ぬところだった」と言うんだ。

解放になって何月に帰られましたか?
8月だ。

久保田工場で船を用意してくれましたか?
そうだ。

いとこと一緒に帰られたんですか?
いや、別々だ。ここから連れて行った人がいるだろ。朝鮮から連れて行った人
は全部解放になると送り返した。旅費をやって船に乗って帰れと。連絡船には
乗れない。連絡船に乗ろうとすると数ヶ月かかる。人が多いから。闇船35)に乗

らなければならない。闇船に乗って帰ってきたが大変でしんどかった。8時間

乗れば帰れるところが、24時間かかった。

3倍もかかったんですね?
そうだ。釜山に行ってくれると思っていたが、麗水に連れて行かれた。

麗水から家までどうして来られたんですか?
家に帰るときは車を貸し切ってくれた。もう治安隊がいた。朝鮮治安隊ができ
ていたからそうしてくれた。

そこで働かれたとき月給はいくらもらわれましたか?
月給はない。4円。そんなもの何の足しにもならない。

月給がないのにどうして肉やマッコリを買われたんですか?
別のことをして稼いだ。私は朝鮮から行ったんだが、私より1歳下の親戚のいと

35) 闇は違法の意味

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

兵庫県

087 

こが死んだ。金持ちだったので彼が履いていた靴をくれた。二番目の叔母が、
これを持っていれば日本に行ったときに役に立つから持って行って履けと、そ
ういうのでもらった。それを持って日本へ行った。履いていると底が裂けた。

他の朝鮮人も私が履いて歩いているのを、そして底が裂けたのを見た。考えて
みるとこれではよくない。それでゴミ箱をあさり回っていると靴墨みたいなも
のがあり、針は私が家から持ってきたのがある。大きな紙袋の糸をほどき、ゴ

ミ箱をあさり回っては傘の布のようなもの、靴墨のようなもの、そんなものを
あさってきては、それを縫い付ける。上手に縫い付けて墨をさっと塗ると新し

い靴のようだ。ちょっとした腕前なので、他の人がそれを見て「アイゴ、どこで
直したんだ」と聞く。どこに修繕屋なんかいるものか?「修繕屋にもどこにも頼
んでいない」といって履いていると、私のも直してくれという。それで朝鮮人
たちの靴を直してやって、お金1,000ウォン36)ずつ、もらった。1,000ウォンとい
ってもせいぜいマッコリ1杯分しかならない。

それでそんな商売をされたんですね?
そうだ。朝鮮人どうしでしたし、それに日本人も靴をもって来てくれた。私に直

してくれと。それでいくらほしいと言ったかというと、日本人は金をいくらくれ
というと、高いからやめると聞いていた。私はそれが嫌だったので、豆1升だけ
くれと言った。豆1升なら10円。当時の朝鮮のヤミで30円ほどになる。それをく

れと、それくらい幾らにもならないだろ。豆1升をくれというと、よっしゃとい
って器をもって来てくれた。大したお金じゃないか。靴をちょっと縫って豆1升
をもらうなんて。だから、そんなこともしたし、ほかにもいろいろやった。行っ
てただじっとしておれないので。

じゃ、帰られる時はお金を少しためて帰られました?
もって来た。ほかの人たちはみんな交換して帰ったが、私はそのまま持ってき

た。妻がそうしたらどうなるか知っていたから。私は朝鮮のお金で2000円[ウ
ォン?]持ち帰った。200円で当時は畑が11斗落〔斗落は耕地面積の単位〕買え

36) 当時のお金で10円程度の金額。

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

逃げるって?憲兵が銃を持って監視しているのに

088 

る。それで妻が、私がお金を200円しか持たずに帰ってきたといった。先にお

金を送ってやったんだ。

送金されたんですか?

うん。そうしてはいろいろな商売をした。米商売もした。それが癖になったか
ら。お粥を売っているところがあった。白粥を売っているところで、親戚の同郷

の人と暮らしているとき、お粥を食べるといっていつも大騒ぎした。一杯くれ

と。腹が減ってしかたないというので買ってやった。一杯で15円にしかならな

い。私は別の所をちょっと見てくるからそこで食べておれといって、別の所へ
いってみると日本人が靴を出して売っている。「ナオシ」もできずどうしようも
ない古靴を。「コレ、ナンボデスカ」と聞くと、一足の値段だ。その時、お金を
いくら持っていたか。ちょうど200円持っていた。200円で靴5足を買った。5足
を持って朝鮮の家に帰ると、アイゴ、それをどこで手に入れたのかと。そんな
ものどこで手に入れたのかと聞くんだ。生まれて初めて見たからだ。それを売
ると、200円で買ったのに、200円残った。

2倍の商売をなさったのですね?
200。50円ほど残った。それでまたその家に行った。行ってみると「ランニング
シャツ」を売っていた。それを分けてくれと、それ一着いくらだと聞くと15円だ

という。それがよく売れるのかどうか分からず、ひと包みくれと言った。ひと包

みだと1着15円だから7500円37)だ。それを持って帰って1着30円もらった。1着

15円で買って。朝鮮人はそれをみると、先を争って売ってくれという。日本へ

行って金を稼ぐのが容易になった。金を稼ぐのが好きになった。1着30円で売

って金を儲けた。日本では同郷のかわいそうな人だといってよくご飯を食べさ
せてくれた。だから私は腹も減らず元気にすごした。ある時、火をたいて寝て
いる時に空襲があった。あのB29っていうのか。大きいのが爆弾をたくさん落
として、工場の外にそれが落ちた。ひょっとしたら私も死ぬところだった。出て
みるとものすごく大きな穴があき、そのふちが大きく盛り上がっていた。

37) 75円程度。金額の誤述と判断される。

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

兵庫県

089 

爆弾が落ちたんですね?
爆弾が落ちた。それから死ぬ目に遭った。もう解放になって家に帰るというあ

る日の夕方、日本人らが注意を呼びかけた。「9時になると台風がきて風がひ
どく大雨になる」とのことだった。私は2階にいたのだが、8時半頃だったか? 

風が吹き始めた。そこは畳部屋だったが、分厚い畳がふわふわ飛び上がり、戸
がガラガラと落ちてたまったもんじゃない。外を見ると水がこれくらいまでき
ている。ここにいてはだめだと思って下に降りた。降りて人の声がする方へ走

っていった。アイゴ!私の同郷の人がみんなそこにいた。初めから分かってい
たんだ。私は未練がましくそこに居たら死ぬところだった。帰ってみるとその2
階建ての家がすっぽり水につかっていた。アイゴ!その後、雨がひどく降って、

私たちは堤防の土手に、とりわけ高い土手に行った。古い2階建ての家はすっ
かり水につかり、子犬、豚、缶なんかみんな流されていた。ぷかぷか浮いて。
まかり間違えば死ぬ所だった。そうして命が助かった。そんなひどい苦労をた

くさんした。

面談・監督:権美賢調査官     1次録聴文作成:沈スンア     

編集、推敲、注釈:鄭恵瓊課長、李秉熙、権美賢調査官

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

逃げるって?憲兵が銃を持って監視しているのに

090 

2005年10月19日、忠清南道泰安郡近興面の口述者自宅の居室で面談者と副面談者、面
職員、おばあさんなどの立ち会いの下で口述面談を実施した。崔炳淵おじいさんの自
宅は、裏側に海が見える漁村にあって、夫人とふたりだけで仲睦まじく暮らしていた。
おじいさん、おばあさんとも、とてもさっぱりした性格であり、今まで訪問した中で最
も清潔に家の中が整頓されていた。口述は秋の日差しが温かく居室に降り注ぐ午後の
物静かな時間に落ち着いて進められたが、時折、外から電話があり、多少口述を妨げ
ることもあった。口述者が事実確認にとても積極的であり、誠実に対応してくれ、聴取
作業の大きな助けとなった。時々、事実の記憶をたどろうと、しばらく沈黙する場面が
あった。ただ惜しまれる点は、高齢のために発音が不正確であり、きちんと意味を捉
えられない場合があったことである。

面談後記◆

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

兵庫県

091 

崔炳淵 (チェ・ビョンヨン)  男、84歳  

1923. 3. 23.  忠清南道瑞山郡近興面新津島里で出生
1941. 10. 

兵庫県の川崎重工業の造船所38)に動員され、旋盤
工とされる(24歳頃)

1946. 3.  

解放後帰国

引率は高等係刑事がした

徴用に行かれる前はどこで暮らしておられましたか?

ここで暮らしていた。ここが故郷だ。

当時の住所はどうなっていますか?
瑞山郡近興面新津島里。今も番地はまったく同じです。

当時の家族関係はどうなっていましたか?
両親がおり、兄弟は私を含めて5人、7人兄弟姉妹だった。

38) 兵庫県神戸市にある川崎重工業株式会社の造船工場。1896年株式会社川崎造船所設

立、1939年川崎重工業株式会社となるが、2002年川崎重工業から独立した。日帝時代は
戦艦などを製造し、戦争に協力する会社だった。

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

逃げるって?憲兵が銃を持って監視しているのに

092 

おじいさんの上にお兄さんはおられましたか?
はい、兄、姉もいる。

お兄さんは何人おられましたか?
4人いましたが、一人は亡くなり、その時は3人でした。

徴用に行かれたときは何歳でしたか?
数えで24歳だったと思う。

何年度か憶えておられますか?
憶えていない。

何月だったか憶えていますか?
陽暦では憶えていないが陰暦でなら。陰暦で秋夕を祝った。22日頃ではなかっ
たかと思う。それなら秋ですね。

秋の稲刈りの頃ですか?
その頃でした。

当時はどんな仕事をされましたか?
ここですることって、水産業のほかにはない。

船に乗って出て魚を獲られたんですか?
そうです。

学校には行かれましたか?
学校といえば、初等学校ではなく、実業中学校がありました。農村実習学校。1
年間だけ瑞山にいるときに。

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

兵庫県

093 

日本語はおできになったでしょう?
日本語ですか?全部分かったと思う。

何人くらい徴用に行きましたか?
瑞山郡で私たちと一緒に行ったのは161人だ。

161人が一緒に行きましたか?
はい、一緒に行きました。

徴用令状を受け取って行かれたんですか?
そうです。面で。

徴用令状は誰が持ってきたんですか?
職員が、労務係員が持ってきました。

労務係員の名前はおぼえていますか?
持ってきた人はよく憶えていないが、引率で郡庁まで行った人は、ええと昨日
まで憶えていたのに。その息子が塩を売っていたんだが。李○○だ。

李○○という人は面の職員でしたか?
面の職員だ。

面の職員が引率してどこへ行きましたか?
瑞山郡庁。

瑞山郡庁に161人がみんな行ったんですか?
違います。161人はそこに集まった人です。

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

逃げるって?憲兵が銃を持って監視しているのに

094 

161人というのはなぜ憶えておられるんですか?
それは、李○○という人が、かなり私に。当時私が通っていた中等学校がちょ

うど面事務所の下にあったんです。

学校が面事務所の下にありましたか?
ええ。いや、学校が上にあって面事務所が下にあった。その人が何とか教えて

くれて、ずいぶん助かりました。郡に行って集まり、そこで鉛筆をくれた。隊

長として行く人は、現地(日本)へ行っても労働はしないで事務をする。多く
の人を連れて行く以外には何もしない。一度やってみろ、推薦してやるといっ
て、推薦書を自分が出してやると鉛筆をくれた。それで行くと、李○○、いま
思い出した。行くと試験官は内務課長だった。

内務課長ですか?
そう、試験官。そこへ4時を前後してひとり、ふたりと集まって来た。李○○氏
の推薦で来たというと、私に「これまで何をしたのか」と日本語で聞いた。

これまで何をしたのかと聞いたんですか?
ええ。何をしたのかとすべて日本語で聞いた。それで話をすると「よし、行け」
という。分かったというわけだ。そして明け方頃に行くと、私たち161人は2つ
の小隊に分けられた。1小隊、2小隊に分けて「お前たちふたりは、私と一緒に
引率していく」という。1小隊はヤン〔梁〕といい、それがヤナガワ39)部隊だと。
ヤナガワ部隊。

ヤン○○という人は日本名を使っていたんですね。
その時はみんなそうだ。

39) 柳川〔梁川〕と推定。

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

兵庫県

095 

おじいさんの日本名は何ですか?
私は高山だよ、ヘイエン40)〔炳淵〕。

ヤン○○という人は何という面から来た人ですか?
安眠島から。

ヤン○○は1小隊、おじいさんは2小隊を任されましたか?
はい。私が81人を引率し、彼は80人を引率した。そう記憶している。

引率隊長はその内務課長がしましたか?
内務課長と黒沢という日本人。瑞山警察署高等係の刑事です。

高等係の刑事ですか?
はい、その時は。

引率してどのように行かれたのですか?
釜山へ行きました。車やバスなど、あれやこれやと乗って、まず洪城まで行
きました。洪城で列車に乗って天安に行き、それから大田に行きました。大
田で労務係の引率者がまたひとり来ました。そして列車に乗って釜山へ行っ
たんです。

釜山に到着して何をされましたか?
着いたときは日が暮れて暗くなっていました。日本から人が来ていました。

日本から人が来ていたんですね?
はい。でも私たちが令状を受け取ったのは、徴用として、です。

40) 炳淵の日本語読み。

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

逃げるって?憲兵が銃を持って監視しているのに

096 

じゃ紙に書かれたものを受け取られたんですね?

そうだ。

どんな色だったか憶えていますか?
白い紙に赤い線が。でも郡に行くと応徴士41)となっていました。応徴士と。そ
れで引率して釜山に行くからと期待していました。そこで引継ぎをした。

高等係刑事が帰り、引継ぎした人たちが連れて行くのですか?
そうです。その人たちに引継ぎして。

引率者たちはどこへ行くのか話してくれたんですか?

どの部署でどこから来たのかわかりません。その時、李○○が「十中八九日本へ行
く」から「そこで要領よくやれ」という話までしてくれました。私たちは小隊長だか
ら話の内容が分かりました。そして腕章をもらって、81人すべての隊員にそれを配
った。ヤン○○は同じものを80個配った。それからの行動は遮断されました。

その時から監視をするんですか?
はい。監視して、用をたすときも日本の奴がついてくる。どこに行くにも。

日本の軍人がいましたか?

いや、軍人なのかどうか分からない。

日本人がずっと付いていましたか?
もちろんです。日本人は同じ宿に泊まり、次の日の朝8時に連絡船に乗った。

41) 労務動員の人員を確保するため、1944年下半期から施行された労務動員の方法のひと

つ。徴兵に応じる応召者と同じく、労務動員の人員徴発でも強制性と統制性を強化す
るため応徴士制度を積極的に実施した。応徴士制度によって地域別割当がさらに強化
され、送出人員数も増加した。

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

兵庫県

097 

連絡船は大きかったですか?
関釜連絡船42)だから大きかった。

連絡船の名前はおぼえていますか?
朝鮮の連絡船だが名前は憶えていません。

連絡船の中に入ってみて、どのくらいの大きさの船でしたか?
中はとても大きかった。2階、3階になっていました。

連絡船には瑞山から行った161人だけが乗ったんですか?
いや、一般人もたくさん乗りました。われわれ161人は上の階に決められてい

ました。その日の夕方、日本人に呼ばれました。ウノギ労務課長と黒沢隊長と
チョ○○の3人が、小隊長の2人を呼んだんです。

黒沢というのは内務課長という人ですか?
労務です。ウノギ。植民地時代だから身分は天と地の差です。はじめて対面した

ときから指導権を握って、わざと私に与えなかった。「私は81人を引率している

から全員の腕章をくれた。引率者なので日本人が来いといえば行くしかない。い
ったん任された以上、勝手なことはできない。何があろうと自分でしなければな

らない」そう決心して行った。しばらくして呼ばれた、黒沢が呼んだんです。「私

たちが責任を持って送ってやるから、ついてこい」といったようです。

黒沢という人が小隊長たちを呼んだんですね?
そうです。日本人がついてきて、内務課長が言うには「私たちの任務は終わったか

ら、お前たちは手段と方法をつくして行動すること、それだけを言っておく。だか
ら行動はお前たちにまかす」といって、菓子を買って1包ずつ分けてくれた。逃亡

するなら勝手にしろということです。つまり、要領よく自由にやれということだ。私

42) 関釜連絡船〔この解説は、前掲注32と同じ〕

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

逃げるって?憲兵が銃を持って監視しているのに

098 

たちの考えではこれは軍隊式だ。いずれにせよ、逃げるのなら逃げろ。私はそう思
った。ヤン○○氏が、お腹が痛くて死にそうだと一晩中大騒ぎした。でもどうする

こともできない。突然車に乗せられ、連絡船に連れて行かれたから、何ができます

か? 便所にも勝手に行けないのに。腹が痛くて死にそうでも死ねばそれまでで、日
本の奴らが放してくれますか? そのようにして行ったのです。

日本のどこに行かれましたか?
日本に行くと神戸市灘区スマテラ町43)だった。スマテラ町。都市に行けばなん
とか区庁とかいう式で東区とか西区とかがある。そこは灘区です。灘区にスマ
テラという寺があって、寺の名前をとって地名にしたんです。そこに行くとみ
んな新築だ。私たちを収容する建物は。行ってみると私たちだけではない。す
でに来ていた人もいる。

すでに入っていた朝鮮人がいたんですか?
はい。みんな遮断されて。

遮断されたって?
そこの隊長の姓は分かります。人見だった。

人見という人が隊長でしたか?
はい。日本人です。そこで寝て次の日からひと月の間訓練をしました。

ひと月間訓練をしたんですか?
はい。訓練を受けながら工場の現場見学もし、さらにひと月後に各部署に配置
されました。

現場見学の訓練だけをしましたか?そのほかの訓練も一緒にしましたか?
急ぐからほかの訓練も一緒にしたんです。「団体生活をするときはこうしなければ

43) 船寺町と推定。〔須磨寺ならば、須磨区〕

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

兵庫県

099 

ならない。部署に配置されれば、熱心に働かなければならない」。こんな訓練を。

工場まで行くとき船はまっすぐ神戸まで行ったんですか?
ちがいます。下関で降りて列車に乗って。

列車が準備されていたようですね?
そうです。降りるとすぐに。

乗せられて神戸に行かれたんですね?
はい。そうしてそこへ行きました。

行かれた所は何をする所でしたか?
工場は艦船を作る工場です。ナガサキ44)〔川崎〕艦船工場という。神戸ナガサ

44) 川崎の間違い

>>> 

明治時代の川崎造船所の姿。

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

逃げるって?憲兵が銃を持って監視しているのに

100 

キ〔川崎〕艦船工場です。

そこで小隊長をされたんですか?

どういたしましてですよ。その人たちが口先だけで誘導しようとしたのかど
うかわからないけど、言葉が分かるということだけは認められた。前と同じで

す。少ししゃべってみて、日本語がわかる人は名札に赤い線が表示をされたん
です。

名札があったようですね?
名札を付けて通いました。よく分かる人は二重の赤線。少しだけの人は一本
線。できない人は何もない。そのようなしくみで配置され、そのなかで、さらに
分隊長をつくったんです。私が1分隊長。

分隊はいくつありましたか?
分隊長は28人だったから28。だから私たちだけではなかったんです。私たちが
行くと、咸鏡道の元山の人たちがそこにいました。

おじいさんより後に来た人たちもいましたか?
その後に工場に来た人はよくわからない。外出もできなかったから。

外出もできなかったんですか?

もちろん、できなかった。分隊長だけが、小隊長、中隊長の引率で市内に出か
けることができた。あちこち出かけて3人連れで9日に大阪にも行った。そうし
て外出するけど、それほどお金があるわけじゃないでしょ。

1分隊は何名でしたか?
その時は18人です。

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

兵庫県

101 

18人が同じ部屋で寝るんですか?
違います。寝床はとてもよかった。畳1枚45)に掛け布団、敷き布団、毛布2枚。

食事はどうされましたか?
食べ物は大豆飯、食べるものは。

大豆飯は充分に食べられましたか?
混ぜ飯です。麦を入れ、粟、雑穀、豆はたぶん味噌麹をつくって、大豆は大豆
のままゆでてこれらとまぜる。だから米は少しも見えず、豆だけなんだ。豆を
茹でてご飯と混ぜたものだ。食堂に行ってみると、そのようにしていた。

食堂と宿舎は近かったですか?
いいや、遠かった。ご飯をつくる工場が別にあった。

宿舎はそこから少し離れていたんですね?
かなり離れていた。

工場はどこにありますか?
工場はその向かいです。

工場と海は近かったですか?
海にくっついていました。だからそこで船をつくり水に浮かべました。

宿舎は工場の中にあったんですか?
工場の外です。工場に行くには列を作って行かなければならない。

45) 板の間に敷く日本の床材

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

逃げるって?憲兵が銃を持って監視しているのに

102 

工場で監視していたからですか?
監視したって行きたければ行くし、行きたくなければ行かないし。毎日監視す
る人はおらず、分隊長がしたんです。

朝は何時から工場で働いたんですか?
8時に行って5時まで。

5時に終わるとすると夕方に働きに行く人もいましたか?
いません。

5時に終われば宿舎に帰るんですか?
宿舎にいる。ただ、眠るんです。配食があれば、私たち分隊長がもらって分け
てやります。

昼食はどうされましたか?
昼食は弁当。その時はベントといったよ。それを食堂で出すんだが、それが元
で日本の警察署までみんな引っ張られました。

どんなことがあったんですか?
4合5勺46)なのに、あいつらがするのをみると、朝食は160g、夕食は130g。昼

食はなかった。どうしてそれだけなのかということです。4合5勺の飯を炊いて

どうして200~300gしか出ないのか。それを抗議したんです。

あまりにも少ないという話をされたんですね?
はい。もっとくれなきゃならないのではないか。4合5勺ですよ。4合5勺の配分
だとなっているんです。その時、分隊員の小隊相談室がありました。そこで1食

46) 合は容積の単位で穀物、粉、液体などの容積を量るときに使い、1合は1升の10分の1で

約180mlに該当する。勺は合の10分の1で約18mlである。

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

兵庫県

103 

分があまりにも少ないのではないか? 飯が入ってくる数字と私たちが食べる
数字が。粥を炊いて食べに行けば、私たちにくれるか、確かめようと。中隊長
は永登浦に20年いたらしいです。

中隊長は朝鮮人でしたか?
いや、日本人です。みんな日本人です。そいつが立ち聞きしたんです。そいつが

「こいつらただではおかない」と、突然召集をかけたんです。みんな引っ張られま

した。「なんてことだ。訳をいえ。ここに死ぬために来たのに、生きようとしている

のではないのか」と。内鮮一体を口にする奴が、仲間を犬のように殴ったんだ。

引っ張って行ったのですか?
いいや。ただ行こうと、行けない理由はないはずです。「私たちは強盗や泥棒
ではない。逃げも隠れもしない。生きようとするとお前らが勝手に思ってい
る。私たちは妥協できればいい。どうして私たちを引っ張って行くんだ?」

妥協できればいい、どうして私たちを引っ張って行くんだ、という話をさ
れたんですね?
分かりますか、そうして警察署に行ったんです。行ってみるとシホシミ、シホ
シュニン、司法主任が夜勤をしていました。どうしてここに来たのかと。「飯
を公正にくれないんです。4合5勺といったからにはそれを守らなければならな
い。飯があまりに少ないんで、私たち28人が集まって会議をし、明日は事務室
に行って確かめようと。そうしたらそれを口実に私たちを引っ張ってきた。留
置しても、しなくてもいい。あなたの思い通りになるかならないか、みておれ」

と。〔動員されていた朝鮮人が〕全部で4,500人だと後で分かりました。

工場にいる人はみんな朝鮮人でしたか?
そうです。朝鮮人たちがみんな警察署に来たんです。「私たちは地方から出て

くるとき、この人たちを信じてついて行った。この人たち一緒に行けといわれ

てついてきた。私たちはこの人たちと一緒に居られるようにしてくれ」。

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

逃げるって?憲兵が銃を持って監視しているのに

104 

4,500人がそう話をしてくれたんですか?

はい。4,000人かもしれない。話では4,000人以上になると聞いたが、実際の数
字はわからない。4,000人以上になるという話だけは、聞いた。とにかく全部で
4,000人が集まってきた。その人たちは私たちが引っ張られて行ったとことを、ど
こかで聞いてきたようだ。だから止めようにも止められない。それで捜査主任、
司法主任という人がここから出るようにと決着をつけてくれた。「今日は私が当
直だから一晩泊まって遊んで行きなさい」といってくれました。それで私たちは

「手錠をはめたままで遊ぶなんてとんでもない。なんであなたと遊ばなければな

らないのか? 罪のない人間を捕まえて留置しようとしているのではないか」と

いった。すると「あの人たちには帰ってもらい、話をしよう」という。それですぐ
に「そんなことできない。どうせ私たちは死ぬんだ。あなたは内鮮一体、内鮮一
体と言っているが何をしてくれたのか? あなたたちは私たちに何をしてくれ
た。お腹がすかないようにしてくれ、量を増やしてくれ。それを求める者に手錠
をかけたから、5,000人が抗議しているんだ。だからできない」と事情をうまく話

した。するとしかたがないから出て行け、文句をいわずともかく早く宿舎に帰れ
という。私たちは明日9時には工場に行くので、一緒に歩いて帰ってきたんです。

そしたらみんな何も言わずにさっといなくなったんです。驚きましたよ。

朝鮮人労働者が何もいわずにさっと行ってしまって驚かれたんですね?
はい。驚かずにはいられません。大声を張り上げて入ってきたのは。それは
警察署が問題です。1杯だけくれればいいのです。いちばんしてはいけないの
は、毎日注射を打つことだ。

誰に注射を打つんですか?
私たちに、ですよ。

どこで、ですか?

宿舎で。

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

兵庫県

105 

何の注射を打つんですか?
そうですね。毎日注射を打ちます。それで私は看護員に率直に言ったんです。
ある日私の友人が小包で棗を送ってくれました。友人の家から友人に。その友
人が私の部隊にいたから私に少しくれた。私は少し聞きたいことがあった。棗
をポケットに入れて看護員に「これ何か知ってるか」というと、わからないとい

う。「これはお前らの言葉で、ナツメで、朝鮮語では棗だ。食べてみろ」。こん

な実があるのかという。「ところでひとつ聞きたいことがある」というと、聞き
たいならいってみろというから、「何の注射だ?」と聞いた。4,000人が一緒に
いれば、変なことをされることもあります。だから「性欲を減らす注射〔ママ〕
なんです。分隊長はなるべく避けてください」。

看護員がそう教えてくれたんですか?

「誰かにこの話をすれば、私がひどい目に遭います」というんです。それで「そ

んなことはしない。私だけが知りたかっただけだから、そんな心配はしなくて
いい」といってやった。

朝起きて出かける時に注射を打つのですか?
出かける時にみんな打たれます。

おじいさんは避けられたんでしょう?
そうはいっても、それも難しいです。4,000人が打たないとなれば、そんなこと
耐えられないです。それで、警察署に行った次の日に大隊長、中隊長をスパッ

と罷免したそうです。

工場で罷免したんですか?
そうです。そして他の人が来て、飯が少し増えました。

飯が増えたんですか?
4合5勺にはならないけど、4合はくれたようだ。

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

逃げるって?憲兵が銃を持って監視しているのに

106 

みんながお腹をすかしているとき大きなことをされたんですね?
腹が減るのが一番つらい。農村から来た人たちは3食を食べても。世間からす
れば、私は幸福に見える。でもほんとはたまらない。朝の食事だと匙3、4杯で
なくなってしまう。だからその人たちが、ののしる。食事のせいで。

28人の分隊長が力を合わせて成し遂げたのだから、朝鮮人たちはいうこ

とをよく聞いたんですね?
もちろん、よくついてきてくれた。

親しくされた人はおられますか?
名前をカネヤマ〔金山〕という元山の人で、その人に一発殴られるとすぐぶっ
倒れます。私たちが日本で履いていた軍靴がすりへって履けなくなる。でもそ
の人がみるととても良くなるんです。

その元山の人ですか?
はい。何だかんだといっても、言葉の分からない人にはきつい仕事です。コー
クスの運搬をした。私たちが作ると、後ろからきて運んで本社に送るけど、話
が通じますか。通じないですよ、そうでしょ。

仕事ができない人はその元山の人に殴られたんですか?
違う。日本人の奴らに。殴られた人に聞いたんです。その人はほんと、徹頭徹
尾の〔最後まで貫く〕人です。私たちの工場では。

誰が、ですか?
元山の人。我々どうしで口争いするときは便所に行けと言うんだ。「お前たち
は汚い奴らに連れてこられ、恥ずかしいことをしながら生きているのに、我々

どうしで喧嘩してどうするんだ」。私と古参者は1日に事務室へ少なくとも3度
くらい行かなければならない。だから身動きがとれない。日本人が朝鮮人を殴
ったなら日本の奴をここへ来させろというんだ。「習いもしないのにどうして

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

兵庫県

107 

言葉がわかるというんだ。言葉ができないのはばかだが、それがわからないお
前たちもばかだ。お前はかわいそうな奴を殴ったから、お前も殴ってやる」。
そう言って殴る。両方を一度ずつ殴ってから自分がすべきことをする。隊長の
いる事務室で抗議するんだ。「ヒョンへタン47)〔玄海灘〕を越え、はるばる日
本に来て、お前たちの戦争に貢献するための仕事をしている。飯をまともに食
わせてから働かせよ。この盗人ども。どうして殴るんだ。このやろう。殴るなん
て。次から殴ればお前も殴ってやる。私たちはどうせ生きるために来たのでは
ない。お前らの大東亜戦争とかで、死ぬために連れてこられたのだ」。そした

ら「これからはしない」といって夕食の食事の量が増えた。

夕食の飯が増えたんですね?
何をしていた時だったか、風呂敷を包み帰るときだから。解放になったんだ。
何も言わずに帰った。

解放になって、何も言わずに帰ったんですね?その後も食事は出ましたか?

日本人はみんな去って、誰が飯をくれる。どこで飯を食べる?

工場で働かれたときはどんなことをされましたか?
センバン48)です。旋盤。

何を削ったんですか?
何か分かりません。こうして削れと言われただけ。

それは軍艦のどこにあたりますか?
それが船のどの部分なのかまったく分からず、言われる通りにした。

47) 玄界灘
48) 旋盤

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

逃げるって?憲兵が銃を持って監視しているのに

108 

おじいさんは旋盤工だったんですね?
そうです。

ひとりで、旋盤で削っておられたんですか?
いいや、たくさんいた。日本人を連れて来たから。

日本人が多かったんですか?
日本人は年取った人。40~50代。

若い日本人はいなかったんですか?
いても幼いのは、昼飯の運び役だ。16、7歳ぐらいの者たちと旋盤を使う。ある

日本人が、田中という人だが、そいつが「お前たちはどう考えるか」と聞いたん
だ。お前たちは1年の期限で来たといって。

>>> 

川崎造船所での巡洋艦進水式。1913年

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

兵庫県

109 

1年の期限で来たといって、そう聞いてみたんですか?
そう、1年期限です。だから私に話をするんだ。「大東亜戦争がシマイになれば
(終われば)49) 、お前たちは自分の家に帰る。この戦争で日本が負けてもそうな
る。日本が勝てばお前たちは全部南方軍にされ、訓練工として行く。朝鮮とい

う国はない。だからよく考えて行動しろ」。こんなことをいう歳のいった日本人
もいた。その人は45歳くらいです。そんな人に会ってから、旋盤を使うのに力

が入らなかった。

1年期限だったのにどれくらい働かれたんですか?
1年にもならなかった。

44年の秋夕を過ぎて連れていかれ、次の年解放になって帰られたんですか?
そこから出ると乞食同然じゃないですか?それでも4合ほど食べていたのに1合

ももらえないのに、どこに行くことができますか?乞食になるでしょ。

工場への爆撃はなかったんですか?
ああ、神戸もひどくやられました。昼間は、爆撃はなく、夜だけ。

爆撃になればどうしますか?
夜寝ているときに東の方から米軍の飛行機が空襲してきたといったり、西側
から来たといったり。まったく訳がわかりません。どこから来るのか分からな
いんだ。そいつらがここから来るといえば、そこから来るし、そこから来ると
いえば、そこから来るんだ。どこから来るのかまったく分からない。そして1
編隊が来る、2編隊が来る、3編隊がくるといっても、何も分からない。行っ
てしまえば。でも不思議なことに、朝鮮人の宿舎には1発も落ちたことがなか
った。

49) シマイとは終わる、完了を意味する。

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

逃げるって?憲兵が銃を持って監視しているのに

110 

空襲になれば避難したでしょう?

もちろん、避難しました。避難しなければならないけど、どこへ?どこか避難で
きる所ありますか? 部屋から這い出てどこへ?

防空壕へ逃げるでしょう?
防空壕をどこに造りますか?工場に防空壕があるのに、ですよ? そこに行け
ば人がいっぱいで、何人入っているのか分かりません。日本人が先に入ってい
るので、私たちは入れない。

空襲の時に怪我をした人はいましたか?
怪我した人はいません。私たちの宿舎から40~50里離れたところで空襲が多
かった。空襲するときには5,6回来ました。でも私たちは誰も負傷しなかっ
た。それで戦争が終わって乞食になった。

月給はもらいましたか?
ひと月皆勤すれば110円だが、皆勤する人はいません。私でも60~70円程度だ

った。

それでももらえたんですね?
そうですよ。

分隊員たちは月給をもらいましたか?

もちろんです。

月給はどこに使われたんですか?
そのお金のほとんどを家に送る人もいた。その中で要領のいいやつは花札をし
たり、どこかへ出かけて食べ物を買って商売をした。買って、売るんです。お
腹が空いているから欲しいでしょ。私もみんなそれに使いました。私たち28人
は1週間に1度ずつ会食をしました。行くのは既住者の町です。済州島の人たち

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

兵庫県

111 

ばかり住んでいる。大阪に行けば朝鮮町50)というのがあります。そこに行って
牛肉なら牛肉、豚肉なら豚肉、鶏肉なら鶏肉を買い、お米を買う。それで会食

したんです。いま思うとそれも…。

解放になったことをどこで聞かれましたか?
解放になったことを最初は知りませんでした。8月20日頃、食べ物を探して
あちこち歩き回っていて分かったんです。聞いてみると「終戦ではなく敗戦
だ」。そんな話をしていました。だから、やつらはこっそり逃げたのか。

8月15日から逃げて誰もいなかったんですか?
いいえ。15日には日本人にもよく分からなかったようだ。17,18日ぐらいだと
記憶している。その日の夕方に突然たくさんの食事が出たんです。どうしたん
だろうと思ったが、日本人が知ったのはその時だろう。炊事できないから、たく
さん出して逃げて行ったんだ。

次の日はどうなさったんですか?
次の日は食べ物探しだ。何がありますか?誰もいません。事務室に行っても誰

もいません。何もない。工場には行くこともできない。だから戦争が終わって

乞食になった。お金をもらうために肉体労働したり、いろんなことをした。下関

50) 朝鮮町は渡日した朝鮮人たちの集団居住地で、共同体としての性格を強く持っていた。

1907年に大阪東成区東小橋町157番地にでき、次第に発展した。大阪のほか九州や神

戸などの地域にも形成された。朝鮮町には朝鮮人労働者が就業する作業場(工場や工
事場)を中心に密集した朝鮮人が町を形成し、朝鮮半島から渡日した朝鮮人たちは、
宿泊所と職業を求めて、同郷人を探した。朝鮮人たちが朝鮮町を形成して暮らすよう
になった理由は、第一に日本人居住地域では住宅が得られないこと、第二は朝鮮人の
大部分が日本語に堪能でなかったこと、第三に大部分が自由労働者であり、密集地域
で朝鮮人同士での就業斡旋をしたこと、第四に朝鮮人たちの収入では日本人居住地域
で生活できなかったことによる。町の形成は低賃金と強い民族差別のなかで生計を維
持していくための方便であった。朝鮮町は学校と消費組合を運営し、地域によっては
病院を設立するなど、朝鮮人の共同体として積極的役割を果たした。

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

逃げるって?憲兵が銃を持って監視しているのに

112 

あたりで物もらいをしたり。

分隊28人が一緒に下関へ行ったんですか?

どうして一緒に行けますか?みんな自分の勝手です。人にどうこういうことは

できない。そのようにして下関で密航船に乗った。

密航船に乗るとき、お金はどうされましたか?
お金は、ここに帰るのに200円かかったが、その200円をもらうために、さらに
5,6ヵ月も働いた。

それで年を越されたんですね?
年を越して2月だったか、3月だったかに帰った。陽暦の3月だったと思う。
お互い境遇が同じ人たちが、稼ごうとするから、お互いひと月でもはやく稼
いで故郷へ帰ろうとするから、満足に稼げない。話もせずに自分のことだけ
考えた。でも50~60銭ではどうしようもない。食べて寝なければならない
から。

密航船はどんな船でしたか?
貨物船のようなものです。

朝鮮へ帰ろうとする人が多く乗ったんですね?
そうです。私が乗ったときは150人以上だった。

鉄の船でしたか?
いいえ。木の船です。

それに乗ってどれくらいで帰られたんですか?

日数は1日ともう少しかかった。しかし時間は長かった。

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

兵庫県

113 

どこに到着されたんですか?
どこなのかわからない。たぶん慶尚道のどこかなんだが、釜山ではない。その

人たちも密航だから。

そこから家までどのようにして帰られたんですか?
列車に乗る場所を探し出して、列車に乗って天安から帰りました。

とても喜ばれたでしょうね?
もちろんです。電話できましたか? 電話で通話できればいいけど、面のどこか
に電話があってそれを借りられますか? だから死んだと思っていた。手紙も書
いたけど、走り回っていたから手紙を書く時間もない。お金を貯めて家に帰る

つもりなのに、家のことは思い出せなかった。私はお金を200円、300円稼いだ
から、やっとこれで家に帰ることができる、200~300円なら充分だ。

おばあさんとの結婚はいつされたんですか?
結婚してから行った。
お子さんたちもおられましたか?
いや、いなかった。

夫が帰らないからおばあさんがとても心配されたでしょう?
内心で心配したでしょう。ひとり部屋に行って泣き、便所へ行って泣いたと思

う。父母の面倒を見ながら、あからさまに泣けますか? その後、私が日本で飯

を3、4杯食べさせた人に、30年ぶりか、40~50年ぶりに会いました。

その方はどこに住んでおられますか?
泰安の平川里に住んでいて礼山に引っ越してきた。その人はとてもよろこん
で、私を見ると後についてきて、何でもよくしてくれました。私が申し訳なく
て、背を向けると別のところへ行った。

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

逃げるって?憲兵が銃を持って監視しているのに

114 

日本にいた時よくしてくれて、ありがたくてそうしたようですね?

私が飯を3、4回食べさせました。10年ほど前から消息がわからない。その人は
孟氏です。

面談・監督:許光茂調査3チーム長     1次録聴文作成:チョ・ミンジョン     

編集、推敲、注釈:鄭恵瓊課長、李秉熙、権美賢調査官

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image
/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image
/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

神奈川県

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

2006年6月27日、忠清北道清州市興徳区開新洞の口述者の自宅で実施した口述面談
である。口述者は高齢であるにも拘わらず、ミニバンを運転して自宅に案内するほど
かくしゃくとしていた。自宅であるアパートにはおばあさんとふたりで生活しておら
れた。物静かで落ち着いて、動員された事実に対して説明され、記憶力もいい方だっ
た。口述聴取を終えた後、面談者たちが大田に移動するというと、自ら車を運転し、近
道を案内してくれた。

面談後記◆

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

神奈川県

119 

朴來鉉 (パク・レヒョン)  男、80歳  

1927. 1. 14. 

忠清北道槐山郡槐山面西部里で出生

1943. 4. 頃

神奈川県の日本鋼管株式会社鶴見製鉄所51)に動員
される(17歳〔1927年生ならば16歳〕)

1945. 4.  頃

解放前に帰国

死ねといわれれば死ぬマネまでしなけ
ればならない

動員された当時はどこにお住まいでしたか?
私たちの家族の暮らし向きはちょっと苦しかった。当時、上の姉が槐山郡の延
豊面杏村里に住んでいたが、その姉のところへ行って国民学校に通った。

国民学校に通われたんですね?
はい、そこを出ました。

51) 日本鋼管株式会社鶴見工場。1912年、日本鋼管株式会社設立。[川崎工場に加え

て]1940年、鶴見製鉄所、鶴見造船所が発足。2003年、JFEスチール東日本製鉄所と改
称。日本鋼管には4000人以上が動員された。

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

逃げるって?憲兵が銃を持って監視しているのに

120 

日本語はよくできたでしょうね?
そうです。

文字はよく書けたと思いますか?

もちろん、書くことはできた。

徴用に行く時、槐山のお姉さんの家に住んでおられたのですか?
はい、上の姉のところに居候して、2年間で初等学校を出ました。

当時の家族関係はどうなっていましたか?
家族関係としては母が居ましたが、生活が苦しくて、私が姉の家に居候して暮
らすようになったんです。

お父さんは早く亡くなられたようですね?
はい。私が国民学校3年の時に亡くなった。

お姉さんのほかの家族は?
その当時ですか。一緒に住んでいた上の姉の家族も多かった。少なくとも10人
兄弟姉妹がいた。下の姉も子どもが多く、下の姉は当時、曽平という所に住ん
でいた。

3人兄弟姉妹でしたか?
私ですか?そうです。

国民学校を終えられてどんな仕事をされましたか?
学校は1942年度に国民学校を卒業しました。延豊公立国民学校です。そこに
鉱山の事務室がありました。日本人が経営する鉄鉱山です。その事務室で小使

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

神奈川県

121 

い52)として7、8ヶ月勤務しました。小使いとして事務室でお使いをしました。
その時、18歳〔数え年か〕で国民学校を卒業して勤務していたが、ちょうど事
務所の前に警察官の駐在所がありました。駐在所でその巡警、当時は警察官
です。三井という朝鮮人で、とても悪質な警官がひとりいました。その人があ
る日、来いという。同期に卒業した金ジン◯がいました。その時はカナヤ(金
谷?)といった。日本の創氏名で。カナヤジンカク。その人とふたりで日本へ行
けといわれた。

警察が日本へ行けという話をしたんですか?
はい。その当時は行けといわれれば行かなければならない。死ねといわれれ
ば、死ぬマネまでしなければならない。

徴用状も見せなかったんですか?
そうだ。ソウルへ行けばいいと。ソウルのどこへ行くのかと聞くと、そこに行け

といいます。東大門運動場の向こう側に公園があって、そこに小さなソウル運

動場がありました。その運動場です。

そこに集まれと言ったんですか?
ええ、そこに行けと言った。

ソウルへ行ってから日本に行かれたんですか?
それでソウルへ行って一泊しました。その当時は黄金町といったでしょ?今の
乙支路の入り口で水下町と当時は言っていた。その水下町の旅館で一晩泊ま

り、朝食を食べてから集まれといわれた場所に行きました。

水下町旅館には何人くらい集まっていましたか?
水下町には私とふたりで泊まりました。

52) 小使い。官庁や会社、学校、店などで雑用をさせるために雇った人。

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

逃げるって?憲兵が銃を持って監視しているのに

122 

次の日、東大門運動場の向こう側に集まられたんですか?
そうです。

何人くらい集まったんですか?
たくさん集まった。日本の陸軍中尉。いま思うと退役将校だ。とても痩せた年
寄りで、長い刀をぶら下げていた。残りは若い人たちで指導員だと言ってい
た。その人たちが机をずらっと並べて座り、審査というのか、面接をしたと思

ったら「合格、合格!」といったんです。

おじいさんが見たところそこに集まった人は何人くらいだったようですか?
そこに集まった人ですか?合格した人は300人くらいです。たぶん全国からや
ってきた。

審査後、合格判定され、どうしたのですか?
そこで合格になると、待っておれという。待っていると、全員の人数把握をし
て引率して歩いて。いま思うと鐘路のYMCA、そこで食事をさせました。昼食
を。握り飯か何かの食事をさせた。食事をしてからそこで1中隊、2中隊、3中隊

というように編制し、徒歩でソウル駅まで引率していった。

ソウル駅まで移動するとき垂れ幕をして歓送式のようなものをしてくれま

したか?
しなかったです。

移動中に逃亡した人はいましたか?

とても神経をとがらせていて、中間地点で人員点検をしました。総隊長の下に
1中隊長、2中隊長、3中隊長といって編制したが、私は何中隊だったのか記憶

がありません。遠い昔のことだから。「全部で今日は何名、事故なし、現在何
名」。すべて軍隊式でやってソウル駅から汽車に乗ったんです。団体で。

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

神奈川県

123 

中隊長は朝鮮人でしたか?
中隊長ですか?そこで賢い奴を指名したんだ。

選んだんですか?

うん。中隊長というか小隊長というか、その上に総隊長がいた。3中隊を管轄

する総隊長で、それ以外は中隊長といっていた。1中隊、2中隊、3中隊というよ

うに編制して、ソウルで汽車に乗って麗水で降りました。釜山へは行かず麗州

へ。全羅南道の麗州、いや麗州ではなく、麗水。

汽車で行かれたのですか?
はい。麗州ではなく麗水へ。

それは何年のことでしたか?

1943年3月下旬から4月初旬です。陽暦で。

まだ寒さが残っている頃ですね?
ええ、少しは。

麗水へ行ってどうしたんですか?
麗水ではみんな一緒に旅館に入れないから、群山〔ママ〕に行って旅館で1泊

して一晩寝ました。次の日にみんな集まって関釜(関麗)53)連絡船に乗ったんで

す。麗水から下関へいく関釜(関麗)連絡船に乗って……。

行くところについて事前情報はありました?

そんなものはない。どこへ行くのかは知っていました。横浜へ行くというんです。

53) 麗水から下関に行く船は下関の関と麗水の麗を取り、関麗連絡船と呼んだ。

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

逃げるって?憲兵が銃を持って監視しているのに

124 

横浜へ行くとだけいったんですか?
はい、そうです。

下関まで何時間かかりましたか?
関釜(関麗)連絡船は普通8時間かかる。それくらいはかかるけど、たぶんその

日の夜に行ったからよく分からないです。

300人が一緒にその船に乗ったんですか?
そうです。

その船におじいさんの一行だけでなく徴用に行くほかの人もいましたか?
ほかの人は見ませんでした。3等の部屋だから畳54)が敷かれていて、そんなと

ころに300人ほどがごっちゃに乗っているから、他の乗客のことなんて思いも

54) 畳は日本の床材

>>> 

1929年当時の関麗連絡船。運賃は一人当たり3円55銭。

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

神奈川県

125 

しない。私たちだけでもごっちゃになって騒いでいるから。

槐山からはおじいさんと同級生のふたりだけが行ったんですか?
ふたりだけでした。

他の人たちはどこから来ましたか?

あちこちから。北の方からも。咸鏡道、平安道、全羅道、慶尚道。みんな集まった。

下関に到着したのは昼間でしたか?
それはよく憶えていません。

到着して何をしましたか?

ともかく下関まで引率して降りると、人員点検をする。逃亡する人がいるかと

思って。「総員何名。事故は現在何名!」そういうふうに番号を言えという。そ

して総書記は陸軍中尉で、退役将軍。その人が報告を受けてから出発する。そ
こから汽車に乗ったんだ。昔はそれをトカイセン(東海線)55)といった。東海線を

通って何時間かかったのか。とにかく横浜駅に到着した。

そこでも人員点検をしましたか?
また、しました。降りてすぐに駅でしました。

人員点検するとき人員がだんだん減らなかったですか?
そんなことは考えなかった。

逃亡した人はいなかったようですね?
いなかったです。その時までは。ともかく逃亡するかどうか、しきりに神経を使

って行く先々で人員点検をしたんです。

55) 東海道線のこと。東京から大阪を結ぶ鉄道路線。約590㎞。

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

逃げるって?憲兵が銃を持って監視しているのに

126 

引率した総隊長は陸軍退役将校でしたか?

日本人。そこの総責任者だ。ヒモト教官だといった。ヒモト。

ヒモト教官は日本語で話したんでしょ?
日本語で話しました。

朝鮮から来た人は日本語が分かりましたか?

アイゴ!分かるんだよ。当時はみな初等学校を出たから分かります。日本政治の
時(日本の植民地支配の時)に来た人たちだから、日本語はよく分かります。

おじいさんが徴用されたとき何歳でしたか?

16歳。私は少し遅れて初等学校に入ったから17歳だったかも。

一緒に行った人たちの歳はどうでしたか?
みんなその程度です。私より1歳程度、年上か年下が少しずつで、均等にまざ

っていました。

ソウルから一緒に行った300人がみんな横浜に行ったんですか?
そうです。横浜で降りて、支線に乗り換えたんです。

その時、日本は初めてだったんですか?
もちろんです。あっ!初めてではない。なぜかというと私は日本と縁がありま

した。なぜなら国民学校を卒業する年に、国民学校で代表をひとり選びました

が、槐山郡で代表に選ばれた。当時、日本でジュンレイサンパイというのがあ

りました。セイチサンパイ56)。そのあと半月ほど日本の名勝古蹟を旅行したか
ら、日本は見慣れていました。

56) 巡礼、聖地参拝の日本語の発音

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

神奈川県

127 

その時、日本を見て回ったんですね。

これという所は全部回りました。だから日本に来たのは2度目なんです。

初めて来た人よりは緊張感は少なかったでしょう?
少なかった。

横浜から支線に乗ってどこへ行きましたか?
支線に乗って降りたところがハッチョナワという所です。八の字と丁の字。日
本語でハッチョナワ(八丁畷)57)といっていました。そこで降りました。

八丁畷が駅ですか?
それが駅の名前です。そこで降りましたが、最終駅だからそこでまた人員点検
をしたんです。人員点検しましたが、ひとりの落伍もなかった。そこが最終駅
だからもうすぐだといいながら。そこから歩いて宿舎まで行ったんです。

宿舎はどのように配置されましたか?
到着してみると、部屋は急ごしらえの家、バラック58)だったんです。そこで部屋
を割り当てられました。10名余、15名か20名くらいがひと部屋に入れられまし
た。そうして入ると、軍隊式に外に立てかけてあった畳を敷いて、リンゴ箱ほ

どの木の箱をさっと置いて、そこに敷き布団と掛け布団をたたんで、三つずつ

間をあけて置いたんです。計画的にそうしたようです。そこに入ると気分はよ
かった。三つずつ間を開けてくれたから。そこで一晩寝て、次の日から始まっ
たんです。

到着して次の日から何をしましたか?
次の日からひと月、東京方面に行って、多摩川だったかな? そこに大きな多摩

57) 川崎市にある。正確な発音はハッチョウナワテ。
58) 粗末な一時的な建物

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

逃げるって?憲兵が銃を持って監視しているのに

128 

川という川があります。東京の手前の多摩川は有名です。その河原に行って基礎
訓練をするんです。渓流で。基礎訓練というのは「キョスケ」、日本語で気をつ
け。キョスケ、ヤスメ(休め)、キョレイ(敬礼)と、こんなことばかりやらされ、徒歩
訓練させられた。そんなことを数時間繰り返した。それをほぼひと月間やった。

また時々、室内教育がありました。その教育というのが「ヒッショノシンネン(必

勝の信念)」、必勝とかヤマトダマシイ59)(大和魂)とかいう日本の精神訓練をした
んです。そしてまた学科、そう学科をそこでひと月近くしました。

服装はどうでしたか?
服装はそこで一着ずつくれた。国防色の服を。

そこに到着して服を支給されたんですか?
ソウルからそれを着ていったと思います。たぶん出発する前にもらった。軍
隊式になっていたから、行くときにたぶんそれをもらった。国防色の服に戦闘
帽60)。昔は戦闘帽をかぶって…。その当時日本人はぐるぐる巻き上げた脚絆を
つけて、国防色の運動靴みたいなのを履いた。

宿舎と多摩川は距離が近かったようですね?
いいや。少し遠いです。電車に乗って通いました。

訓練を受けて宿舎にもどったんですか?
そうです。

宿舎の周りに広い練兵場がなかったようですね?
ありませんでした。はい。

59) 日本のナショナリズム思想の用語で、日本民族固有の精神、日本人としての意識を示すもの。
60) 1940年11月に勅令「国民服令」が公布され従来の洋服や他の平常服を着用するときは

国民服を着るよう決められた。国民帽を戦闘帽ともいった。

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

神奈川県

129 

訓練が終わったあとはどんな仕事をされましたか?
訓練がすべて終わると、職場に配置しなければならない。配置は大部分が鶴見
製鉄所だった。鶴見製鉄所は当時、製鉄所と造船、いわば軍需工場のようなも
のです。製鉄所と造船だが、私たちは別途に命を受け、そこから離れた第6製
板工場に配置されることになった。

製鉄所の名前が鶴見ですか?
会社の名前は、日本鋼管株式会社鶴見製鉄所です。

おじいさんは日本鋼管に行かれたんですが、そこに多くの人が連れてこら
れていましたか?
はい。金景錫氏61)を知っている。私の考えではその人が隊長ではなかったか? 
その時の顔を憶えているような気がする。[金景錫は川崎製鋼所へと動員され
た。]

61) 金景錫は1926年慶尚南道昌寧で5人兄弟の次男として生まれた。17歳の1943年、日帝に

よって川崎製鋼所に強制動員された。罷業を主導した嫌疑で種々の拷問を受け、1年8ヵ
月ぶりに帰国した。1990年に江原道で遺族会を結成、会長となった。1991年、日本鋼管
を訴え、1999年に高等裁判所で和解し、410万円の解決金を得た。また、1991年には東

京地方裁判所に江原道の強制連行者被害補償訴訟を提訴した。さらに、日本の軍需工場
不二越に連行され、被害を受けた犠牲者7名とともに、1992年日本の不二越を相手に訴
訟を提起し、3,000万円以上の和解金を勝ち取った。金会長は1991年に私財2億ウォンを
出し、日本各地に散らばっている徴用死亡者の遺骨を返還した。強制動員被害者補償お

よび権利回復のため一生を捧げ、2006年5月26日逝去。〔誤記は訂正〕

>>> 

戦闘帽。「国民服令」を出
すと同時に発表した面前

と側面の形。

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

逃げるって?憲兵が銃を持って監視しているのに

130 

金景錫氏はよくご存知ですか?
ああ!新聞を見て、知っている。その当時出た新聞は全部読んだから。その人
が私たちの隊長のひとりではないか、そんな思いで……。

一度会って話を聞けばよかったのに?
ああ!会うのはそう簡単なことではありません。私はここに住んでいてあの人
は春川に住んでいるから。それでなくとも一度は会いたかった。その人に。そ
の人の話を聞いていると日本語が混ざっています。私と同じ歳で同じ年度に日
本鋼管に行っている。だからこの人が日本で戦後補償運動をしているから、私

もそうすれば望みがあると思い、申告したんです。

製板工場について少し話してください。
はい、文字で書くと板。鉄板。

鉄板を作る工場ですね?製板と書きますか?
そうです。木偏の板です。それは板の字を使います……。まず宿舎に連れて行
かれ、宿舎がないとだめでしょう?宿舎が写真にも出ていますが、とても大き
なブリキでできていて、崩れかけでさび付いたそんな宿舎で、名前を第7白扇
寮といった。

その宿舎は最初に住んだバラックとは別のところにありますか?
はい。そこに行かない人は最初に住んだ所のままです。そこは製鉄所組で、私
はそことは違う所に行きました。私が行ったのは学生たちと一緒で、扇、日本
語でアオグ、白扇寮、そんな意味だ。第7白扇寮。そこに行って暮らすようにな
った。製鉄所と私たちの工場、第6,第7製板工場とは離れていた。

一緒に行った300人が全部そこに配置されたんですか?
300人中約100人、100人余?

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

神奈川県

131 

100人くらいが第6製板工場に配置されたんですね?
そうです。

白扇寮での1日の日課についてお話ください。
1日の日課は、8時間勤務しました。8時間勤務で、部所には、圧延部62)があり、
何々部があり、製板部があって、そこに入った。それぞれ職種が異なってい
た。最初はコールド部63)という所に行きました。コールド部というのは、鉄板を
除去するのを、機械に入れて平たくしながら押し出す機械。機械の名前がコー
ルドです。コールドに2人が配置され、私も配置されました。そこにはトミモド

・マスオというのとふたりが配置された。

62) 回転する圧延機のロールの間に加熱した金属を入れて棒状や板状にする仕事をする部所。
63) コールド部と推定される。冷延コイルを機械で所定の大きさに裁断し「冷延鋼板」(コ

ールドシート)を造る。

>>> 

鶴見線浅野駅から見た日本鋼管鶴見製鉄所。

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

逃げるって?憲兵が銃を持って監視しているのに

132 

朝鮮名は何ですか?
徐ジン○。同じ部に配属され、働き始めたんです。

一緒に来た金ジン○という人はどこへ行かれたんですか?
金ジン○は圧延部へ。日本語でアチュエン。今の浦項製鉄にも圧延部というの
があります。

鉄板を薄くする作業をされたんですね?
はい。最初の所に1年近くいて、金ジン○がいる圧延部へ私が移りました。な
ぜ移ったかって?圧延部は力がいる仕事だから、月給が少し多かったんです。
それで、「どうせここまで来たんだから」と思って、移してくれと頼んで移して

もらいました。圧延部へ。そこで金ジン○と一緒に働いた。

月給はきちんとくれましたか?

くれました。

働く場所によって金額少しずつ違うようですね?

もちろんです。コールド部にいた時は、仕事はそうきつくなかったから少なか
ったが、圧延部へ移ると少し多くなった。

いくらもらったのか憶えていますか?
圧延部へ行ってもらったのは全部で120円? そこは製鉄所で、きつい仕事を
する所だから、そうだったようです。でもその120円からいろいろ控除があっ
て、貯金で引き、いろいろ引くから、手元に残るのは60円程度だった。

月給から家に送金もされましたか?
送金なんて。その時、家の方が送金しても気に入らないようだし、分別もなか

ったから家には送金しなかった。金ジン○という人は、家が貧しく一人っ子だ
からきちんと送っていたようです。でも私は家に送金しなかった。

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

神奈川県

133 

1日8時間勤務して120円をもらったんですか?
ひと月分です。それも差がありました。なぜかというと、圧延部には組がありまし
た。フジダクミ(藤田組?)、クワハラクミ(桑原組)とか。8時間勤務して3交代
のフル稼働……。なぜかといえば機械が止まって冷めてはいけないからです。

溶鉱炉を止めてはいけないからですか?
はい。だから朝6時に出発して午後2時までが1班、2時から夜10時までが2班、
そして夜10時から次の日の6時までが3班という3交代です。

食事はどのようにされましたか?
仕事に行くときには弁当をひとつずつくれました。食堂は少し離れた所、50メ
ートルほど歩けば食堂があります。食堂へ行けば食べることができ、弁当をく
れます。次の日工場に行って働く時に食べるようにと。3交代だから。

食事はどのようなものが出ましたか?
食事はおそまつです。玄米のようなもの、雑穀などです。弁当箱は、その時は
戦争中だからちゃんとしたものではなく、木でできていました。薄っぺらな木
でつくられ、おかずを少し入れたものを持って行き、8時間勤務するとき食べ

るんです。他の朝鮮人もそうですが、日本人もすべてそうしていた。

ご飯は腹一杯食べられましたか?
ひもじいというほどではなかった。仕事に耐えられる程度はくれました。

おかずは何が出ましたか?
おかずはお粗末です。ジャガイモが多かった。ジャガイモの煮つけなど。それ
からカボチャも多かった。カボチャを刻んだもの、そんなものばかりです。

3交代の時は弁当を工場で食べられたんですね?
はい、そうです。

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

逃げるって?憲兵が銃を持って監視しているのに

134 

3交代はどれくらいで変わりましたか?

10日に1度ずつ変わりました。10日すれば1班でしていたのが2班になり、その

次は3班になる。そのようにしてひと月を過ごすんです。

おじいさんが作られた鉄板はどこで使うんですか?
それは分かりません。分からないです。私は製板工場で働いたけど、鶴見製鉄
所で働いた人の話では、そこは浦項製鉄のように溶鉱炉から溶けた鉄が出るん
だが、そういう仕事をしたという話だ。私たちとは距離的に遠く離れていた。

そこへ見に行ったことはありますか?
ありません。そこまでは見に行けない。その近くに行ったとき、何か行事があ
って大きな講堂に行くとき話は聞けます。

休日はありましたか?

1週間に1度ずつ、日曜日は休みました。なぜかといえば日曜日は、圧延部では

大きなローラーが、上下のローラーが回っているが、それを全部起重機で分解

して別のものと取り替えなければならない。1週間に1度。そうしないと使えな

いから。それにその下に油がたまっているからその油を除去する。だから1週間
に1度ずつ自然と休みになる。

他の部門もそうして休んだんですか?
他の部門のことはよく分かりません。

休みの日は外に出ることができましたか?
出ました。監視はありません。

逃亡する人がいたらどうするんですか?
それでも監視はしない。でも、おもしろい話がある。初めてそこに到着して、
宿舎に行って訓練を受けているとき、夕方、寝ているときのことです。そこか

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

神奈川県

135 

ら逃げたやつがいました。ほんと笑える話だが、そいつらが私たちの部屋にそ
っとやってきたんです。やってきて、「私は逃亡してどこ、どこにいるが、ここ
よりは良い」。ここは製鉄所で危険だというんだ。死んだ人も数知れないほど
だから私がいるところに来い、といって誘惑するんだ。そこへ行けばキョウワ
カイ、当時キョウワカイと言っていた。協和会64)手帳。今でいえば民団手帳。

手帳をすぐくれると言う。それさえあれば安心だから来いと。だからあちこち
で逃亡するのが何人かいたが、私は逃亡しなかった。

ほかの所より自由な方だったんですね?
はい、自由でした。日曜日は休みだから、劇場にも行ったり。

劇場では何を見ましたか?
何を見たかって?鶴見では劇場は何カ所もなく、しかも大きな劇場はなくとて

も小さいんです。だから公開映画を見ようとすれば横浜まで行くんです。横浜

駅で降りて桜木町駅というところに行けば、公開映画をやっているところがあ

ります。ありますね?

関内へも行かれましたか?
関内65)は知りませんが、いま思うと桜木町駅が当時の終着駅でした。でも今は
そこから延長されたと聞いています。桜木町駅で降りて1㎞か1.5㎞ほど歩いて
行けば映画館があります。

64) 協和会は日本に居住する朝鮮人の抑圧・統制を目的とした組織である。府県の警察管

内ごとに支会が設置された。治安維持による日本国内の戦時体制の確立と、皇国臣民
化による朝鮮人労働者の動員をおこなった。協和会の具体的な活動は、神社参拝、和
服の着用、神棚の設置、国防献金などであった。日本に居住する朝鮮人に対する統制
組織には1921年に結成された相愛会と1924年に結成された内鮮協和会(大阪地域)、
1934年に結成された大阪府内鮮融和事業調査会などがあった。これらの組織は日本当
局によって結成・運営された。1939年に中央協和会が設立され、全国的な組織体に拡
大された。閣議決定によって1944年11月に協和会は興生会に変わった。

65) 神奈川県横浜市中区の地域。

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

逃げるって?憲兵が銃を持って監視しているのに

136 

同僚たちと一緒に出かけられたんですか?
そうです。

一緒に行った同僚の名前を憶えている方はいらっしゃいますか?
たくさんいます。

この写真はどこで撮られたんですか?

宿舎です。

>>> 

鶴見製鉄所に強制動員されたとき団体で撮った写真。(口述者提供)

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

神奈川県

137 

到着直後に撮られたんですか?
違います。到着して何ヶ月かして撮ったものです。

写真の同僚の名前を言うことができますか?
できますよ。ここに原本がありますから。私と国民学校に一緒に行った人で
す。金ジン○です。この人が。

この写真は横浜で撮られたんですか?
はい。宿舎が割り当てられ勤務するときに。

外出されて市内の写真館で撮られたんですか?
外出しなくても近所に写真館はあります。

写真を見ながら思い出される方の名前をおっしゃってくださいますか?

これが私です。これです。それからこの人が金ジン○のカナイ〔カナヤ〕ジン
カク君。どのへんにいるのかな?西川はどのへん座っているのかな?写真がと
ても小さくて。

横浜の桜木町に出かけられたときの気分はどうでした?
ほかの何より特別でした。私はもともと田舎、朝鮮では僻地にいたじゃないで
すか。田舎も田舎、井の中の蛙が海に出会ったようなものです。ああ、見るも
のすべてがとても。当時、他の人たちは苦労していたのに私は平穏でした。映
画を見るのがとても勉強になったこともありました。そう、ともかく休みの日は
見に行くのが楽しみでした。

解放されるときまでそこにおられたんですか?
解放が近くなって、私に入営通知書が来たんです。軍隊に行けと。

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

逃げるって?憲兵が銃を持って監視しているのに

138 

軍隊に行けですって?

うん。通知書が来ればすぐ、朝鮮に送られたんです。軍隊だから行かないわけに

はいきません。「どこ、どこの朝鮮軍何師団へ行け」といった通知書です。とも
かく入営通知がたびたびきてみんな軍隊に行ってしまい、人がいなくなったんで
す。その時は日本が滅びる頃だった。みんな行ってしまって、残ったのは10人ほ

ど、20人くらいか?多くても20数名にしかならないから、会社は成り立ちません。
しまいにはお前たちもみなやめて行けといって、率先して追い出したんです。

解放前ですか?
前です。1945年4月。

解放の数ヶ月前ですね?
そうです。追い出されたんです。

急に追い出されると行くところもないじゃないですか?
それで朝鮮へ帰った。帰るときも麗水からだった。

製鉄所に空襲はありましたか?
いや、その時はなかったが、私が帰る頃にはひんぱんに空襲があった。

おじいさんが来た時はどうでしたか?
その時は空襲のようなものはなかった。

工場で爆撃されたことはありませんか?
私がいたときにはなかったが、こちらに帰る数ヶ月前からはひんぱんにあっ
た。当時はB29というのがあり、原子爆弾を落としたやつ、そのB29が遠くから
飛んでくるのをみると、きらきら光るのが高い上空に飛んでいて、地上から高
射砲をパンパン撃っても、3分の1くらい上がったところでボンボン破裂して、
まったくの無駄打ちです。空襲が始まる頃、1945年3月9日に横浜を出発しま

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

神奈川県

139 

した。こちらに帰る時だったから憶えている。その次の日、東京大空襲66)があ
って、火の海になったんです。とても運がよかったんです。1日前に出発したか
ら。東京はすっかり灰になったんです。

金ジン◯氏も一緒に帰ったんですか?
金ジン◯は私と一緒にいたけど、ある日仕事を終えて、ふつう仕事が
終わると風呂に入って服を着替えて退社するんだが、彼らが急に私の所
にやってきて「おい、金ジン◯というお前の友人が風呂場で血を吐い
た」と言うんだ。いま考えると、当時は肺病といったが、肺結核だ。喀
血したんです。一緒に住んでいるから、そこで喀血するとほっておけな
いでしょう。別の療養所に送りました。東京からすこしいったところに
清瀬67)というところがありますが、そこです。市になりましたか?地図
でみるとそうなっています。清瀬の肺結核療養院、そこに入院させたん
です。私は休みの日の何度かは、主に映画を見にいったのですが、その
時から映画は見に行かなかった。彼の所に行かなければならなかったか
ら。故郷からふたりで来た彼が、療養所で療養生活をしていたから。行
く度にやせこけていくんです。戦争で日本が滅びる時だから食べるもの
がない。肺結核というのは十分に食べなければならないのに、少ししか
食べさせてくれない。だから行くたびにガリガリに痩せて、ついには
いくらももたずに死んでしまった。死んだから葬式をどうしたかという
と、彼が死んだのと同じころ電気部の朴ジョン◯という人が死んだ。彼
が死んだから合同でふたり合わせて葬式をしたんです。お寺で。その寺
の名前はわからないけど、市内の寺に行って葬式をして最後は遺骨を朝
鮮に送ってくれました。解放になって私が金ジン◯の故郷に行って両
親を訪ねるのが道理なので、一度訪ねました。行ってみると朝の畑仕事
に行ったのか、誰もいません。彼は一人っ子です。年老いた両親に一
人っ子。故郷に広がっていた噂を聞くと、彼が死んだため、彼の母親気

66) 米軍が行った1945年3月10日の東京大空襲を指す。民間人の被害が大きかったことで有名。
67) 東京多摩地域の北東部にある市

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

逃げるって?憲兵が銃を持って監視しているのに

140 

がふれたのです。気がふれ、市の日、市の日になれば、田舎の市の日に
出かけて、うろつきまわる。それで噂がひろまったと。気がふれてしま
って。今もどうしているのか、家族はいないようだ。今は分からないけ
ど、何とか噂を頼りに捜し助けてやれないか?そんな思いがして今もと
ても良心がいたむ。しきりにそんな思いをしている。

その時会えずに戻られたんですか?
家まで行ったが会えず…。会っても彼の母が、気がふれていたから、まともに
話はできなかったはずで、会えずにもどった。

ほかの兄弟の方でもおられればよかったですね?
そんな話は詳しくしなかったから。ひょっとして行けば、里長に調べてもらえ
ば、探してもらえば、何か糸口がつかめるのではないか、ときどきそう思いま
す。しきりに良心がとがめて。

金ジン◯という方も故郷は槐山郡ですね?
槐山郡延豊面積石里のはずだ。積石里は不確かだが、私の本家のすぐとなりだ
から積石里になるはずだ。

解放前に帰ってこられましたが、親友が他郷で死んでそのまま帰られたん
ですね?
親しい友が死んで、初めて行ってふたりで働いた彼、トミモト。さっき話した
徐ジン◯、今も彼に一度会いたい、とても会いたい。会いたいのに生きている
のか死んだのかわからない。慶南の河東出身ということだけ憶えている。とて

も会いたいのに生きているのか死んだのか。徐ジン◯、トミモト・タスオだ。

徐ジン◯さんといっしょに帰ってきたのですか?
一緒に。トミモト・タツオは河東で、麗水から近いから、そこで別れ、金ジン〇
は死んで、それで私一人で来たよ。

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

神奈川県

141 

日本鋼管はとてもひどく、朝鮮人をひどく虐待したといわれていますが、

おじいさんはそうした目に遭われなかったんですね?
なぜそうなのかというと、製鉄所ではなかったからです。私は第6製板工場で、
製板工場は大丈夫だった。

製鉄所が問題だったんですね。
そうです。製鉄所で働いた人たちには問題があったようです。

「日本鋼管は命の交換」68) といわれたんですね?

そういう言葉がありましたが、私はそこから離れた第6製板工場ではそういうこ

とはありませんでした。

1945年4月に朝鮮に帰られてから上のお姉さんの家におられましたか?
いや、その時は下の姉が曽坪に住んでいました。その家に行きました。母は曽
坪にいましたが、再婚したんです。だからそこに行き、姉のもとに長くいまし
た。母もいましたし。

帰られてお姉さんはとても驚かれたでしょ?

もちろんです。喜んだし。それでそこに居ました。お義兄さんは、清州の北二

面光厳里という所に日本人の小さな鉱山があって、そこにいました。それでそ

こに通って鉱山の仕事を少しやりました。そうするうちに8月15日の解放になっ
て、急に太極旗を持ってきて、そこで解放を迎えました。

68) 日本語では「交換」と「鋼管」は同じ発音。

面談・監督:許光茂第3チーム長     1次録聴文作成:韓キルサン     

編集、推敲、注釈:鄭惠瓊課長、李秉熙、権美賢調査官

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image
/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

岩手県

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

2006年6月29日、忠南泰安郡泰安邑東門里の口述者の自宅で口述面談を実施した。泰
安邑の山裾に大林アパートが建っており、その裏手の連立住宅にまわると小さな丘が
あった。その端に被害者の自宅があった。かなり古くからの山村であるが、開発の手が
伸びている村という感じであった。
口述者の自宅の入口には犬小屋と2匹の犬がいて外部の人の出入りが簡単にはできな
いようになっていた。自宅には自由に飛び回る猫が3,4匹いて、家の裏手には牛小屋

と韓牛がいた。面談者が訪問した時にはおじいさんは牛に餌をやっている最中であっ
た。口述者の家は一般的な韓屋農家であり、門で家と外部を完全に遮断する構造であ
った。門を入ると、土の庭があり、居間と部屋などが一目で見渡せた。
口述者は板の間に腰かけたまま口述を始め、面談者は椅子を庭において向かい合った

形で面談を始めた。お嫁さんとおばあさんが面談の場にいたが、よくわからないよう
であり、席を外した。時々猫たちがあちこちをいたずらし、ビデオカメラを触ったりし
て、口述の場を和らげた。

面談後記◆

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

岩手県

145 

明由鎮 (ミョンユジン)  男、83歳  

1924. 

忠南瑞山郡泰安面平川里出生

1943. 4. 28.

日本岩手県の日本製鉄株式会社釜石製鉄所69)に動

員される〔証言内容は、日鉄鉱業釜石鉱山への動
員〕(18歳)

1945. 11. ごろ、 解放後に帰国

頭にいまも爆撃の傷が

徴用に行かれる時どこに住んでおられましたか?
その時は平川。そこは泰安面(当時は瑞山郡)平川里。もともと本籍がそこだっ
たので、そこで峠を越えて華東学校へ。その学校があるのは華東です。山を超
えます。

69) 日本製鉄釜石製鉄所 岩手県釜石にある日本製鉄の製鉄所、1880年官営釜石製鉄所と

し発足。1887年民間に払い下げられ1917年株式会社になった。1924年三井鉱山傘下

になり、釜石製鉄に変った。1934年、官営八幡製鉄所や釜石製鉄などが合同し、日本

製鉄株式会社が設立された。1945年7月、米軍艦砲射撃で甚大な被害を受け、強制動

員された朝鮮人労働者25名も死亡した。戦後、分割されていたが、1970年に合併して

新日本製鉄株式会社となる。〔証言では、釜石鉱山への動員である。当時、日本製鉄の

鉱山部門は1939年に日鉄鉱業として分離し、釜石鉱山は日鉄鉱業の傘下にあった。釜

石鉱山では鉄鉱石と共に石灰石も採掘した。〕

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

逃げるって?憲兵が銃を持って監視しているのに

146 

その時、何をしていましたか?

これ全部、私の話、録音する? 今? 私はそこが本籍、生まれた所なので、私の

両親は早くに亡くなったので、引っ越した。そこ全部が私の家の一族だが「ご
飯をひとさじください」とまわっても、もらうこともできず、この邑に上って来
て、生きてきた。ここで人に雇ってもらって、7年ほどかな?そこから泰安邑東
門里へ。

その当時、家族関係はどうでしたか?
弟もいました。弟一人。その下の一人は死にました。
 
早世されたご両親と弟とばらばらに別れて、ここにきて住まれましたか?

うん、この邑に来て何年も雇われて、何でもして生きてきたが、18歳の時に日

本に行ったんだ。今、18歳と言えば中学生か、高校生か? 今はそんなだろ。他
人の仕事をしていたので、そんな仕事が嫌になって日本に行ったんだ。
 
誰かが、日本に仕事があると教えてくれたのではありませんか?
いや、いや、そんなこともない。その前で、日本人がガソリンスタンドとバス
停車場を経営していた。そこから瑞山へ行き来していた。一日に3往復。朝が
始発、その次が昼、夕方が最終バス、一日に3本しかない。その代表が日本人
でバスの停留場の人も日本人だった。それで見てみるとその日本人、バス停
留場の人が、私の目の前で、バスが到着すると、人々が白い布を巻いてバス
に乗るんです。それで私もバス停車場に行こうと決心し、支署へ行って話を

したら、未成年だから駄目だと言われました。それで降りたのだが、人々に

紛れ込んで、また乗りました。その時は、どこか外国に、日本に行くといった
か、とにかく、「どこかへ行く」と。その当時、乗って行くのには何の支障も
なかった。誰かが何かを言うこともなく、「年が少ない、多い」などと言われ
ることもなく。その年に、生まれて初めてこの土地から外に出た。釜山の港

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

岩手県

147 

に大きな連絡船70) が行き来していた。それを連絡船とも知らず、乗ったら、
連絡船だったんだ。
 

バスに乗るときに引率する人はいたのですか?
その時は、責任者も分からず、とにかく乗ったんだ。責任者からも何の話もな

く、みな同じ扱いだった。そのまま乗って行った。〔行き先が〕釜山なのか、ど
こなのかわからずに乗った。後にそこが釜山だったという事が分かった。釜山

から連絡船に乗った。連絡船の大きさは3階だったかな? 大きかった。で、行

くのは日本だと。こうして海を越えていくのを見ると、日本ということだ。日本

のどこかというと中間に見えるところがある。対馬の島71)だよ。そこを眺めて人
々はそういった。そして日本に入った。日本のどこかと言えば、下関だといった
か? どこだったか、大きな電柱があった。大きな木の断片が近くにぷかぷか浮
いていた。それがなぜ浮いているかと言えば、その船と衝突しないようにそこ

70) 関釜連絡船
71) 日本の九州北方、玄界灘にある長崎県の島、対馬最大の対馬島以外に100余の島があ

り、このすべての島を指して一般的に対馬という。

>>> 

当時の関釜連絡船と関麗連絡

船がつながる航路と桟橋を記

した地図

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

逃げるって?憲兵が銃を持って監視しているのに

148 

においてあるのだろうと。そんなことを言いあった。そこで降りた。そこは日本
語で、博多72)というところだった。日本に足を踏み入れ、車に乗ってすぐ行った
んだ。

船から降りると、また車が待っていたのですか?
いや、そこで船から降りて、車に乗った、汽車です。行先はどこかと言えば、岩
手県73)というところですよ。
 
釜山で一緒に船に乗った人たちはみんな岩手県に行ったのですか?
岩手県に行くというので、その人たちも皆行ったと思う。一緒に。あ、大勢で
す。バス〔汽車〕で行ったので。とにかく、今はバス一台に何人乗れる?
 
40~50人乗ったのでしょう?

うん、そのくらい。その時。詰めて行きました。日本の博多というところで降り

て、そこから車〔汽車〕で分かれた、一緒行った人は何人かいることはいた。

一緒に行った人で名前をおぼえていますか?
名前は知っているよ。金ソン〇イ、あ、この家の上に住んでいた、またよく知

っているあの慶尚道の人、慶尚北道の宋ジェ〇、そして一緒にいた人で金イン
〇、そして残りは昔のことで名前を忘れてしまった。

はじめ、どのようにしてこの3人と一緒に乗るようになったのですか?
いや、その時はここから行く時には、ここの人だけだったけど、そこへ行ったと
きにどうやって会ったか忘れたが、そこに行って知った人たち、一緒に行った
から。

72) 九州北部に建設された博多の港湾都市。今は福岡市の今は福岡市の博多港の一部にな

っている1943年7月に新設された博釜連絡船の出発港

73) 岩手県、日本の北東部にある県で県の中で二番目にひろい。県庁所在地は盛岡。

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

岩手県

149 

岩手県のどこにいったのですか?
そこの名前は岩手県。鉄鉱、鉄の出るところで、鉄鉱といったのではないか
な? 坑の中から石を掘り出し、石を溶かすと鉄が出る。だから鉄鉱所よ。多
分? そこの人たちはそこで勤務して、私は未成年だからというので初めは石灰
山、多分日本語ではセッカイヤマ(石灰山)と言ったが、韓国語ではソクフェサ

ン(石灰山)。そこでトロッコに入れる作業をするんだ。そこに石を乗せる、電

気に照らされていて明るいから。われわれが知っているのがどこかというと12
番坑で、12番坑で掘り出された石が下まで降ろされてきた。そしてその石をト
ロッコで受けて運ぶ仕事をした。

宋ジェ〇、金イン〇は製鉄所で勤務し、おじいさんは石灰山で勤務してい
たのですか?
そう。石灰山で勤務していたが、元気な若者は鉄道を選び、そこに移りまし
た。鉄道会社〔部門〕に替わりました。同じ会社なので。そこで掘る石は木の
ようにみえる。坑口から掘った鉄鉱石は溶かして鉄を取り出す。鉄が角木の
ように長い奴もあって、何でも取り出しました。私の石灰石の作業は大変で

した。尺数で言えば何百尺を掘って、それを爆発させる、山がポン!と言っ
てみごとにくずれ落ちる。その作業をしていた元気な人は、鉄道会社に選ば
れてそこに替わった。そして私が19歳から20歳の時かな? 戦争でアメリカと

>>> 

大正時代の釜石製鉄所の情景

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

逃げるって?憲兵が銃を持って監視しているのに

150 

戦ったのよ。戦争が終わって、あれやこれやしたが、その時のことを覚えて
いるので思い出したまま話すけど、そこに韓国の人が大体700名くらいいた

と聞いています。

製鉄所、石灰山、鉄道はみんな一つになっていましたか?
鉱山、鉄鉱山で、あ、そこで一緒にいた人は大体600名ほどと聞いています。
その時。
 
宿舎は一部屋に何人ぐらい寝ましたか?
鉄道では一部屋に4人です。2列に寝ると1列に4名寝たら8名です。部屋が大き

くて小さいものとは違って。

石灰山ではどうでしたか?
みな同じでした。
 
宿舎のような所で寝るのですか?

うん、みな同じ会社だから。

 
宿舎にいる人が700名から800名であれば、会社全体が700名から800名と
いう意味ですか?
あ、その人たちは別に。そこが700名から800名、それは鉄鉱山。そこの人たち

は別に住む所があって、そこに住んでいた。

おじいさんが住んでいたところは何名くらいいましたか?
そこは何百人ではなく、20名ほどだったかな?そこは石灰山を掘る仕事の人だ
ったから。
 
おじいさんはお元気だったから、鉄道に移ることになったのですか?
私を連れて行ったんだ

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

岩手県

151 

そこでは何の仕事をしましたか?

トロッコに乗って行ったり来たり。

 
おじいさんは運転をしたのですか?
いや、運転ではない。そこは山裾に沿って川があって、曲がりくねった道を、空
車で行く時は、機関車を一つ付け、貨物車を12個引っぱって上がった。機関車
を2つつけたやつは、22個を付け、降りるときには、傾斜がこんなで。傾斜で

くねくねとしている、そこは。我々は釜石と言うところに鉄を持って行った。停

留所がひとつ、ふたつ、何といったかな?停留所が3個か4個ありました。
 
停留所の名前をもう一度いってくださいますか?
釜石駅というところが終わりだった。
 
会社の名前も釜石でしたか?
釜石ではなく、会社の名前はその時、言葉だけでは鉄鉱山というのだけ聞いて
いたが、よく知らない。今はそこで〔釜石〕東線74)という汽車、洞泉駅という東
線の停留所があって、そこの名前としては唄貝75)というところがあって、お、そ

して大松が、鉄が出る鉱山76)

そこまで運転をされたのですか?

うん、そこの山から掘った石を、私たちの貨車に乗せた。それが貨物車よ。車
に乗せて運ぶんだ。あの釜石へ。

 

74) 釜石鉄道の線。釜石東線が正確な名称。〔1940年、釜石鉄道は日鉄鉱業が経営した。

1944年、日鉄鉱業線に並行して釜石(製鉄所)と大橋(鉱山)の間に、貨物線の釜石東線が
開業〕。

75) 正確な発音はうたかい
76) 当時、釜石鉄道の駅は以下である。釜石製鉄駅、小佐野駅、松倉駅、人畑駅、洞泉駅、

大松駅、唄貝駅、大橋駅。

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

逃げるって?憲兵が銃を持って監視しているのに

152 

運搬する仕事をしたのですか?
そう、その仕事をしたんだ。

鉄道の仕事をするところは鉱山と比較してどうでしたか?
あ、仕事は大変ではなかったけれど、危険だった。今は電気車だけど、前は蒸
気、湯気でブレーキをつかんで、動かしていたから。

蒸気で、ブレーキ動かすのは大変だったでしょう?

うん、汽車はそうしたんだ。今はみな電気でしょ? その時はそうだった。日本

でもそうだった。今はみな電気でしょう。だから間違うと危険で事故が多い。
前に一度10番坑といって、10から8番坑だが、山が崩れて人がたくさん風に
あおられて危なかった。この石灰山で発破77)を仕掛け、爆発させるのよ。死ぬ
よ。石に当たって死ぬよ。鉄道の仕事をしている時、汽車がこけると煙突が転
がる。コロッと転がって倒れて危険だ。倒れないようにするため車両を連結し
ていくのだが、夜は見えないので灯をつけて歩き回り、前に行き、後ろに行き

して歩かなければならない。でないと一度はずれると死ぬよ。それほど危ない

けど、その時は若かったから、特に怖いと思わなかった。

鉄道で働いたときは一日に何時間仕事をしましたか?
あ、そこでは時間に合わせて一日に2回出て、3回もあった。そこでは順番にす

るので時間はそれほどかからない。ところが坑の仕事はどうかというと、ことば
では8時間、一日が24時間ではないんだ。3×8=24、その8時間づつよ。

3交代。

3交代なら夜班、明け方班、昼班、というようにまわりながらするのですか?

いや、坑の仕事は時間的にそのようにしたが、我々は車で行くので朝早く出
て、一日に3回出て、その次は夜の時間に合わせて人が出て、そして休んで、夜

77) 導火線装置をして爆発するように作ったダイナマイト。ここでは発破の意味。

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

岩手県

153 

にする時もあり、昼にするときもあり、それが一週間であれば、何回ずつかに
分けて仕事した。

順番にいくのですか?

うん、順番にする。これは土方78)ではないから。

仕事をして月給をもらいましたか?

うん、それは規定されたとおりにもらって使った。またここから引くものは何か
といえば「勘定」79)だといっていくらかとる。

勘定すると言って日にちを計算しましたか?

うん、日が抜けているとか、何かしたとか書いてある。だから長い間勤めた人
は今の言葉でいうと退職金があるってそれをもらおうとする。でも今、その会

社にその時の退職金があるからといって、それを求めますか。

退職金は受けられなかったのですか?
いや、そんなものをもらう時間がなかったよ。

月給は貰われたのですか?

うん、もらって使った。

残りは家に送られましたか?
家がなかったので、送らなかった。

弟たちに送らなかったのですか?
弟も、その時日本に出ていたが戻ってきた。どこにいたのかわからない。私は

78) もともとは土木工事に従事する労働者の意
79) 代金の意味があるが、ここでは「給料からの控除」の意である。

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

逃げるって?憲兵が銃を持って監視しているのに

154 

別のところにいて「一か月の俸給だ」といって一か月の俸給をもらったら、そ
れを使った。送るところもなく、そうやって使っていた。日本はアメリカと戦争
をしていたが、われわれは日本で別のことをした。日本は米軍の軍人たちも捕
虜とし、我々と同じ仕事をさせた。

おじいさんがおられたところに捕虜たちが来て仕事をしましたか?
石灰山。

捕虜たちはどんな仕事をしましたか?
我々がしていた仕事。うん、石をとって来て乗せて砕いて。けれどもそれをす

るのは米軍の捕虜も韓国人も同じだ。あの米軍の捕虜たちに仕事をさせる。そ
れはお金のためではなく、怠けさせないで働かせるためだ。だから日本人の親
方80)は責任があるので、仕事をさせる方法を考えた。「一つの組に三人なら三
人がこの車に何回乗せて運べ、そのあとはお前の自由だ」。そうやって承諾さ
せたんですよ。

割り当てをするのですか?

うん、そうしたんだが、鉄路に入ってそこで乗せて、次の所でまた一人が入っ

て、その前に乗せた人は、前に車があるために出ることができない。時間がか
かり、それを乗せる間にけんかもしたよ。「お前のために我々が行けない、な
ぜこんなに時間がかかるんだ、どけ」。そうやって、ああだ、こうだとけんかに
なった。

朝鮮人とけんかしたこともありますか?
朝鮮人とはしなかった。よく知っているし。米軍の兵隊は韓国人か日本人か分

80) 親方が現場の労務管理を担当し、その配下の坑夫を子方と呼んだ。親方は労務請負業者

の性格を持ち、親方も会社に雇用され、その労務の下で働いた。平時の労務提供では、
親方が子方を率いて会社に労務を提供し、賃金を一括して受けて子方に分配した。

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

岩手県

155 

かっていた。初めは分からなくても仕事をするとわかる。私はその時は年が若

くてタバコを勝手に吸えなかった。我々がタバコを吸えば、すぐに韓国人だと

いうのが分っているので、初めはともすればじっと見つめて「これをくれ」と言
った。彼らの苦痛がわかった。作業場に出るために歩くこともあった。たばこの
吸い殻があれば、すぐ誰かが拾って吸い、いつもの道を行った。そうして昭和

17年度(1942年)に会社に入ったが、昭和20年(1945年)かな?とにかく空襲で会

社が壊れて、お手上げ、日本が。一番最後が7月14日。その時、昭和20年の7月

14日81)ですよ。そこが空襲82)を受けて。

釜石が空襲をうけましたか?

うん、ああ、空襲を受けたときに、宿舎でこうして寝ていたけれども、部屋といっ

ても寝床を敷いた畳83)の部屋で、寝ていると「空襲!」と叫ぶ声が聞こえた。その
時、戦争が起きたら逃げるため、我々が寝ている宿舎の横に防空壕を掘った。防
空壕がどんなものかというと、人一人くらいになるように84)、土を長く掘って丈夫
になるように上にかぶせるのではなく、適当にかぶせた。そして木で穴の中に土
が落ちてこないようにして、上の方だけ何かでかぶせ、その上に土もかぶせた。
そして人が出入りするところが両方あって人は両端から出入りした。ご飯を作っ
てくれる女の人、日本の若い女性3人がいて「おかずを何かくれ」といった。年取
った女、ここのことばでいうと姑が担当していて「これを持ってきたので、おかず
にしなさい」という人もいた。防空壕の一番端から入ってくるので、狭くて中が
ギュッといっぱいで狭い穴に入らなくてはならない。そうして無理に押し込んで
いると、あ、前をみると、上で飛行機がぶんぶんいっている。はじめてだ、飛行
機が落ちるのではないか?空襲が終わって飛行機見物をしたらいいかな、飛行

81) 釜石製鉄所では、800人ほどの朝鮮人が労働者として強制動員され、1945年7月14日と

8月9日の米軍艦砲射撃で25人の朝鮮人が死亡した。〔釜石製鉄所への朝鮮人動員数は

1260人ほど〕

82) 実際は空襲ではなく、米軍の艦砲射撃である。〔機銃掃射・爆撃と共に艦砲射撃がなさ

れた〕

83) 板の間に敷く日本の床材
84) 人の背丈ほどの長さの壕

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

逃げるって?憲兵が銃を持って監視しているのに

156 

機が見られたらいい、と心の中で思っていた。ここは防空壕で人が一杯で、人が
出入りするところなのに飛行機が爆弾を落とした。

人々が出入りする真ん中に爆弾をおとしたのですか?
そうだ。真ん中に打ち込んだ。そうして爆弾が落ちてパン!と爆発すると土が

ぐるりと飛び散った。それで私の頭のここに今も跡がある。なぜここに跡があ
るかというと、木が引っかかった。木が上から落ち、ギュッと押さえられてつい

たのだ。だからその時、手で押さえながら伸びてしまった。別のところに日本
人がしっかりしたモーター室を建てていた。水を撒いたりするモーター室があ
った。友達がそこへ引っぱって行って寝かせた。その時のやつは、名前はなん
だったかな? そいつが私を親しく遊んだり、寝たりしていたやつだが、私が
爆撃で伸びていたので、私の手首をブランブランと振って引っ張っていった。
彼が引っ張って行って寝かせた。そこで、わたしが膝と手をついて這って、四
つん這いになって水をくれといったそうだ。けれど水があったらやるけれど
も、水もないところだといって、そのままうろうろしていた。私がモーター室に
入ると、死んだやつが生き返ったか?と、つまらないことをいって歩き回った。

ドンドンとやかましい音が聞こえ、その時、私は気が付いたらしい。我々がい

た宿舎が焼けてみんな崩れてしまった。飛行機はぐるぐる回って爆弾を落とし
た。爆弾で道が途切れた。チクショウ、橋も落ちた。

空襲は真夜中におこるのですか?
爆弾を落とすときは昼だ。ここでいえば午後5時ごろになるかな?
 
仕事が終わる頃に落としたのですか?

うん、その頃。爆弾を落として。ちょうど騒いでいるときで。市内に出る気もなく。
日本の女たちは自分の家族でその爆発の破片にあたって死んだ人を引っ張って入

口の前において、扇でこのようにしていた。その時が陽暦の7月14日だった。

 
7月14日というのはどうして覚えているのですか?
それは間違いない。私がどうして覚えているかというと、7月13日はそこで遊ぶ

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

岩手県

157 

時間に賭け事をするので、7月13日に出て遊んで賭け事をした者同士で、7月

14日にどこかで会ってまた遊ぼうという約束をしたから。7月14日はその次の日
だから。日本人が戦争をする最後だったようだ。そして降伏したのだ。それが
あって、7月14日が私の頭の中に入っている。

空襲があってからは、仕事はできなかったのですか?
あ、仕事だって、何もしなかった。

仕事はしなかったのに食事はどうされましたか?
食事はその会社でくれた。食べさせてくれた。市内が前のようでなくなった。
港町で、市内が工場に囲まれ、いい場所だったが、だめになった。港町、釜石
駅と、とてもよかったところだったが、いっぺんにだめになった。そして日本が
降伏した。だからここでいえば郡庁邑事務所、そこで職員たちは泣いていまし
た。で、日本人は家族が空襲で死んでも、死体を自分の家の門の前において、

「アイゴ」と泣くこともしなかったよ。

朝鮮人もたくさん死にましたか?
防空壕に50名くらいの人が入っていたが、13人が死んだ。朝鮮人がたくさん死
んだ。朝鮮人、日本人区別なくその時に爆発が起きて、破片に当たって死んだ。

解放された後、どうされましたか?
解放されてからは仕事もできなくて、韓国人にも仕事をさせなかった。そのま

ま食べさせてもらった。でもいつかこの韓国人、朝鮮人は朝鮮に帰らなくては
ならなかったが、人があまりにも多くて、船に乗るのに時間がかかり、陰暦で
11月に出ました。陽暦では12月になるかな。

出てくるときはどこからでましたか?岩手県から船にのって直接帰りまし
たか?
いや、それは汽車に乗って船に乗るところへ、下関だったか?どこで船に乗っ

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

逃げるって?憲兵が銃を持って監視しているのに

158 

て出たかな。陸地では汽車で、私が経験したのを話しているので、順序が合わ
ないが、出てくるとき財布に二百何十円になるが、それだけでも当時は大きい
お金だった。そして一人当たり100円以上は換えてくれないし、おつりはくれな

くて。あるときは前の人にお金をもらった。知らない人だったが、お金を換え

て朝鮮に帰ろうと、お金100円をくれた。誰か知りたい。着ている服に消毒液な

どを撒かれ、誰が誰だかわからない、そんなこともあった。

出てくるとき、一緒に仕事をしていた友達とも一緒でしたか?
一緒に出たけど。そこで各自ばらばらになった。そこは下関かな?そこから船
に乗ろうとして、皆それぞれ分かれた。

船に乗るときお金を出しましたか?
そこでお金をもって出て換えようとしたけど、換えてくれる人がいなかったの
で。100円のお金は換えてくれて、残りは換えてくれなかった。でも私のお金は
200円になるんだけど、前に知らない人がお金をくれたので、誰なのか知りた
いのだが、知らないでそのまま・・。そしてそれを失ってしまった。

鉱山での月給はどれ程もらっていたのですか?
それは決まっていなかった。一か月に自分が好きなように自由に遊んだら、規
定された額から割り引かれて月給が出ない。「遊ばないで、サボらないでや
れ」ということだった。

鉱山と鉄道のどちらが、月給が高かったですか?
お金を儲けるのがそこだったから。鉄道がちょっと多かったか?よくわからな
いな。

おじいさんの日本名は何でしたか?
私の名前?日本語で書いていたのはあけいしゆちん(明石由鎮)、明石と言って
いた。それが私の姓。

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

岩手県

159 

明石(あけいし)ですか?

うん。明るいの、明の字だから。「あけいし、あけいし」とみんなが呼んだ。

面談・監督:許光茂調査3チーム長     1次録聴文作成:韓ギルサン     

編集、推敲、注釈:鄭惠瓊課長、李秉熙・権美賢調査官

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

逃げるって?憲兵が銃を持って監視しているのに

160 

2006年6月29日、忠南泰安郡泰安邑東門里の口述者の自宅で口述面談を実施した。泰
安邑の山裾に大林アパートが建っており、その裏手の連立住宅にまわると小さな丘が
あった。その端に被害者の自宅があった。かなり古くからの山村であるが、開発の手が
伸びている村という感じであった。
口述者の自宅の入口には犬小屋と2匹の犬がいて外部の人の出入りが簡単にはできな
いようになっていた。自宅には自由に飛び回る猫が3,4匹いて、家の裏手には牛小屋

と韓牛がいた。面談者が訪問した時にはおじいさんは牛に餌をやっている最中であっ
た。口述者の家は一般的な韓屋農家であり、門で家と外部を完全に遮断する構造であ
った。門を入ると、土の庭があり、居間と部屋などが一目で見渡せた。
口述者は板の間に腰かけたまま口述を始め、面談者は椅子を庭において向かい合った

形で面談を始めた。お嫁さんとおばあさんが面談の場にいたが、よくわからないよう
であり、席を外した。時々猫たちがあちこちをいたずらし、ビデオカメラを触ったりし
て、口述の場を和らげた。

面談後記◆

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

岩手県

161 

宋栄彬 (ソンヨンビン)  男、78歳  

1929. 9. 17 

忠南扶余郡忠化面支石里で出生  

1945. 1. 

日本岩手県所在、日本製鉄㈱〔日鉄鉱業〕釜石鉱
山85)に動員される(17歳〔満15歳〕)

1945. 11. 

解放後、帰国

私は年が若く、坑の中に入らなかった

日本に行かれた時にはどこに住んでおられましたか?

忠清南道扶余郡忠化面支石里。

ご両親と一緒に住んでおられたのですか?
そうです。兄弟もみないました。兄さんは北海道に行っていて、私は3番目です。

3兄弟ですか?
いえ、7男女。6男1女の三番目

85) 日本製鉄釜石製作所 岩手県釜石にある日本製鉄の製鉄所。〔当時、釜石鉱山は日鉄鉱

業釜石鉱山となり、製鉄所と鉱山は別の事業所となっていた。〕

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

逃げるって?憲兵が銃を持って監視しているのに

162 

お兄さんは北海道にいっておられたのですか?
はい、北海道に行っていました。

おじいさんがお兄さんより先に徴用されたのですか?
いえ、お兄さんが先。

一軒に二人連れていかれたのですか?
そうです。もともとは私が行くのでした。北海道へ。

初めに、ですか?
はい、私がいくことに。でもそこに、お兄さんが行った。お兄さんは農業学校に
行っていたのですよ。お兄さんは「お前は小さいから行けない、僕が行く」と
お兄さんが代理で行ったんです。初めはそんなでした。次に1年ほどたった時、
私が、家で寝ていたら起こされて連れていかれたのです。

おじいさんに徴用状が出ましたか?
そうです。

面から出たのですか?
そうです。面に募集所があってお兄さんが「お前が行くというが年も若いので
僕が行く」お兄さんが連れていかれたんです。次に私がまた募集所へ連れてい
かれたのです。それでお兄さんは北海道へ、私が岩手県に行きました。

募集する人が来て連れていきましたか?
そう、募集書記が連れていきました。

その時、徴用状を持ってきましたか?
いや、そのまま。その時は、徴用状がないまま、面に連れていかれました。扶
余へ行って、論山で車に乗せられてそのまま行きました。そして論山に行くと

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

岩手県

163 

日本の会社から担当職員が来ていました。日本人が。

お兄さんが先に北海道へ行かれたじゃないですか、お兄さんと手紙をや

りとりしたことは覚えておられますか?

そうです。わたしと手紙の連絡はありました。

その後におじいさんが徴用に行くことになったのですね?
その時は徴用状もなく、居間でカマスを編んでいて戸を開けてみたら、そのま
ま無条件に「お前出てこい」と言って、そのまま引っぱっていきました。

それでそのまま行かれたのですか?
そのまま行きました。

お兄さんが北海道へ行かれた時もそうでしたか?
その時もそうです。そのまま、おまえ来いといって連れていかれて、面に置か
れ、面からそのまま日本のトラックでそのまま。家族は皆同じ家に住んでいた
から、みな知っているよ。募集の書記が連れて行ったのを、みな知っている。

邑からたくさんいきましたか?
そうです。うちの邑から私が行ったときも3人行きました…。

一緒に行った人を覚えていますか?
名前はわかります。朴ジョン〇、崔サン〇の3人で行ったから。

3人とも岩手県に行ったのですか?

そうです。そうして朴ジョン〇は、炭車のポール持ち(pole,炭車の運転手)をし
ていたが足が折れ、ここへ来て論山で死んだ。いくらも経っていない。死んだ
んだ。

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

逃げるって?憲兵が銃を持って監視しているのに

164 

最初は面に集まって行きましたか?
扶余へ行って、扶余から論山に行って、論山から汽車に乗って。

扶余の郡庁に集まったのですか?
そうです。郡庁に。

どのくらいの人があつまったのですか?
たくさん集まりました。100名くらい。

論山に行くともっとたくさんの人が集まっていたのですか?
はい。論山に行くと、日本人がカバンをかけて来ていて「中学校を出た者は手
をあげろ」と。その時には中学校を出ていたら最高だ。「国民学校を出た者は
手をあげろ」と。そうして人を選んで、中学校を出た者を大隊長、隊員たちを
統率する大隊長に命じ、国民学校を出て日本語を話せる者を小隊長に命じた
のです。そうしてその者たちは、そこで役職に就いた。そうして大田へ行って、
汽車に乗り替えて釜山へ、釜山で連絡船に乗ったよ。その時から日本人は座

ってただ監督し、大隊長、中隊長、小隊長になった者に統率させ、日本に行っ
た。そこに行くのではなく、東京に本社があるといって、本社に行って服を全

部着せ替えさせてから、岩手県の鉄鉱会社に入った。そこで中隊長に選ばれた
者は総括する取り締まりとされた。取り締まりというのは行った者を管理する
者で、日本人がそれをさせた。

大隊長、中隊長、このような人に、ですか?
そう、そうさせた。その時、体が悪くて仕事ができなくて、寮(労働者合宿所)で
寝てご飯を食べて、腹がすいて話もできなかった。そこで論山で選ばれた大隊
長、その人たちに取り締まり86)にさせたが、その人たちが寝ていた者、病気だ

といって寝ているものを引っぱって行って、その寮の事務所へ連れて行って、

86) 取締。監督、取り締まる者。

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

岩手県

165 

殴った。そう、日本人が殴るのではなく、一緒に行った大隊長が取り締まりを
させられ。アイゴ、とんでもないことだ。

おじいさんは国民学校を卒業されたのですか?
国民学校も出ていない、農業をしていたから。

釜山から船に乗る前に一晩は寝たのですか?
釜山に行くと船が一つあった。そこですぐ乗せられて、そのまま日本に行っ
て、下関87)で降りて、汽車で東京まで。東京に行って本社へ。

消毒のようなものもしましたか?
消毒のようなものをたくさんしました。釜山でたくさんしました。その時は虱が
多かったので。それはDDT88)とか何とかで。それを振りかけて、そうして東京
に行って服だけ着替えさせて。白い洋服ですよ。作業服。

東京で服を着替えてから会社の中に入ったのですか?
外で立ったまま服を与えられて。

会社は大きかったですか?
大きいことは大きかった。鉄鉱会社だから。日鉄付属鉱業所(〔日鉄鉱業〕釜石
鉱業所)だ。鉄を坑から掘りだして、電車に乗せて出して。そのままクラッシャ
ー(粉砕機)といった。第一クラッシャー、第二クラッシャー。岩の塊のようなも
のを乗せて砕いて、そいつを全部粉にして釜石にある製鉄所に行く。

その製鉄所で仕事をされたのですか?
いや、その石を砕くところで。クラッシャー。

87) 下関 山口県の港町 関釜連絡船が到着する港
88) 殺虫剤の一種で現在は使用禁止されている

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

逃げるって?憲兵が銃を持って監視しているのに

166 

石を砕く工場もその近所にあったのですか?
いや、鉄鉱石をそこで砕いて、汽車に乗せて運び、釜石というところに製鉄所
はあって。石を掘り出すところは鉱山ですよ。鉱山。

山があって石を掘り出す人が他にもいたのですか?
そうです。でも私は石を砕く仕事ではなく、石を砕くクラッシャーに油を運ぶ
仕事をした。油の運搬。

鉱山の名前は何といいますか?
そこは岩手県だよ。岩手県日鉄付属鉱業所。でも家に手紙を送るときはその住
所「岩手県大橋(甲子村大橋)日鉄付属鉱業所」こういう住所になった。その時
はしょっちゅう、手紙をおくったから。

手紙をしょっちゅうやり取りしたのですね?
そうですよ。

>>> 

釜石鉱山周辺略図

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

岩手県

167 

おじいさんが行かれた時は何歳でしたか?

17歳〔数え年〕の時。若いので坑〔内〕の仕事はさせなかった。油を運ぶ仕事
をした。油差し89)。

宿舎はどこでしたか?
だから、各所にあった。「第2労務」、私たちは第2労務。未成年者は皆、第2
労務へ。第2寮があって、第1寮があって。飯場(現場労働者宿舎)だよ。

おじいさんは第2寮にいましたか?
はい、2寮にいて。

2寮には未成年者ばかりいたのですか?
そうです。未成年者ばかり。

寮に食堂が一緒にありましたか?
いや、朝鮮人に飯をくれる食堂は他にあって、日本の奴らがご飯を食べるとこ
ろは別にあった、そうだ。

寮は部屋がいくつありましたか?

12部屋あった。寮の中に12部屋。1部屋に約20名ずつ寝るでしょう、両側にこ
うして畳90)部屋があって、真ん中に通路があって、約20名ずつ寝た。

昼食も食堂で食べましたか?

そうです。昼食もそこで食べました。昼食はたいてい朝、仕事に出るとき、弁当を作

って、木の弁当箱。その木で作った弁当箱を持って一番最後の組にひっついて、そ

れを持って行って、朝仕事に出るときに食べる。弁当をもらってもご飯が少ないか

89) クラッシャーに差す油の運搬したことをいう
90) 日本の床材

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

逃げるって?憲兵が銃を持って監視しているのに

168 

ら、朝全部食べてしまい、昼もお腹がすくときが多かった。朝弁当を食べてしまっ

て、夕方の5時まで待つとお腹がすいて死にそうだったよ。ご飯はたいてい麦飯。

おかずは?
おかずは、そこはわかめがたくさんとれるといって、わかめの煮物とわかめ
汁。毎日それだ。わかめ汁とわかめの煮物。それが主で。

監督する人は仕事を間違えると殴ったりしましたか?
そう。いつも殴る。逃げて捕まったら大騒動だ。朝ならその工場の出口に広告
板があって、そこに「逃亡者」と大きく書いて、捕まえた者たちを5、6、10人、
そこにずらりとこうしてひざを折って座らせる。このように体を曲げて。仕事に
行く時に見ろと。そのように座らせて、皆が仕事に出て行った後に、その者た
ちを各寮の便所を全部掃除させて、また仕事に出るとき、その広告板の前に逃
亡者と書いて貼って、そこにひざを曲げさせて。そこは雪がたくさん降ってい
る畑に、そこに座らせておいて、また仕事に出るものは、見ろと。「お前たちも
逃げたらあのようになる」というのです。

逃亡するとつかまりましたか?
ほとんど皆、捕まりました。私の村から一緒に行った者も捕まりました。

おじいさんも、ですか?
いや、一緒に行った人、崔サン〇。

逃げて捕まえられましたか?
ふふぅ。朴ジョン〇はトロッコのポール持ちをしていて足が折れて切断した。

トロッコのポール持ちというのが何かというと、トロッコが坑の中から出てくる
と、ポールを持ってきては、トロッコが戻るときはポール持ちが持ち帰らなく

てはならないし、またそのポールをくっつけなくてはならない。真っ暗な夜中
に仕事をしていて電車にひかれてそうなった。

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

岩手県

169 

そうして怪我をしたら、病院へ行きますか?
病院はある。

会社の外にありますか?
いや、会社の中にあった。大きな会社だから

宿舎も皆、会社の中にありましたか?
そう、会社の中に皆ありましたよ。

朝、何時から仕事をしましたか?
その時で12時間仕事をした。2交代で。

出勤する時、朝会をしましたか?
朝会はしましたよ。

人員数を把握するのですか?
そうです。人員把握をし、各現場で仕事をする班長が引率して入りました。

班長は朝鮮人ですか?
朝鮮人もいたし、日本人もいましたよ。

ひとつの班に何人ずついましたか?
でも、その坑の中に入る人たちは、番号が違って、我々は油差しなので、最後
に行って油だけを差したらよかったので。

班は他になかったのですか?
そうです。

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

逃げるって?憲兵が銃を持って監視しているのに

170 

休みは別にありましたか?
いいえ、休みの日は別にありません。

仕事が終わったら、次に交代するまで休むという式になっていたのですか?
そうです。夜間勤務をすると昼休んで、昼に勤務すると夜に休んで、一週間ず
つ交代です。

休みの日は何をしましたか?
ただ、寝ていたよ。ハハ。

会社の外に見物に行きましたか?
そこは山の中なので見るものもなかったです。

外に出ることはできましたか?
できました。遠いところまでは行けませんでしたが、その中では行き来できま

>>> 

現在の釜石鉱山の選鉱場の情景

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

岩手県

171 

した。その時、米軍の捕虜たちも約700~800名がそこにいた。

収容所は他にありましたか?
他にありました。アメリカ人の捕虜収容所もあって、中国人の収容所もあると
いう事です。

米軍や中国軍人たちを見ましたか?

もちろん見ました。

話もしましたか?
話はできなかった。アメリカ人やイギリス人の捕虜収容所は2階建てのよい家
で、中国人の収容所は豚小屋のようにつくられていた。だからアメリカやイギ

リス人は全部工場、機械を直す工場、その鉄工場のようなところで仕事をし
た。技術労働をした。また中国人は犬のような扱いだった。われわれ朝鮮人よ
りも。その人たちは毎日死んで行くようだった。中国人は朝になれば、同僚た
ちの死体をかついでわれわれの寮の前を。アメリカ人の捕虜収容所は2階建て

でとてもよく建てられていた。アメリカ人が仕事に出るときは日本人の憲兵が
前後にぴったりと立って、こうして引率して、中国人は犬を捕まえるようにし
て。ふう、韓国人は中国人に比べたら、まだよかった。

ご飯の他に配給されるものはなかったですか?

配給は酒も出ることはあった。

日本酒ですか?
そう、日本酒です。タバコの配給もあった。

おじいさんは未成年だったのに出たのですか?
それでも出た。お、その時からタバコを吸ったの。その時にタバコをおぼえた。

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

逃げるって?憲兵が銃を持って監視しているのに

172 

その鉱業所におじいさんより先に来ていた人もいましたか?
あ、たくさんいた。

その人たちと話しをしましたか?
もちろん。どこから来たのかとか、そんな話。その時は全部創氏じゃないか?
その時は。われわれ同士はわれわれの姓で呼んだ。

話をしてみたら、全国各地からきているようでしたか?
そう、全部事情が同じで、とても人情もあってよかった。

年のころはどうでしたか?
年にあまり関係はなかった。私が論山に行ったとき、おじさんがそこに来てい
た。

論山に集まった時ですか?
集まった時…。一番上のおじさんが。

おじさんも一緒にいったのですか?
一緒に行った。

一緒に仕事をしましたか?
そう、だから年には関係がなかった。慣れていたから。

おじさんがおられてそんなに寂しくなかったですか?
ああ…、おじさんは年上なので、年の上の人は他の寮で寝て。

北海道に行かれたお兄さんと手紙はしましたか?
そうです。手紙は出しました。故郷の家にもしました。

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image

岩手県

173 

ご飯が少なくてお腹がすいたでしょうが、ほかにおやつのようなものはあ
りませんでしたか?
そうだな、餅のようなものを売るところはあったが、餅をかうお金がどこにある?

お金は日当でもらったのですか?
月給で。

いくらずつくれましたか?
その時は、大体…、多くて5円以下で3円か、4円だった。

一か月で、ですか?
はい、一か月で。

一か月にそれだけしかくれなかったのですか?
はい、それだけしかくれなかった。3円何十銭か、たぶんそんなもんだ。坑に入
る人はもう少しもらって、私はやさしい仕事をするので、月給が一番少なかっ
たです。

寮と食事は提供するので、他にお金が出ていくことはなかったですね?
そうです。

服も会社が支給してくれましたね?
そうです。

それにしても月給がとても少ないですね?
そう、なに、その時3円だったかもらったが…。

月給を家に送るとか、貯金をするとか、そんなことはなかったですか?
その時、たぶんいくらかずつ、共済しました。

/data/mec_ilje/site/download/viewer/1691880772910/index-html.html
background image